電気スチームコンベクションオーブン比較の販売・買い取りの事なら厨房機器と飲食店開業支援のテンポスドットコムへ

実店舗一覧

厨房機器を一括お見積り

飲食店開業マニュアル

新品商品を探す

中古商品を探す


小物商品15,000円以上送料無料


全国のバスターズ店舗でも商品は取り扱っております。お近くの店舗で中古厨房機器を探してみませんか?
詳しくはこちら


お客様の声
メンテナンスサービス
いらっしゃいませ ゲストさん

業務用厨房機器と調理道具テンポスドットコムホーム > 特集 > 厨房機器徹底比較 > 電気スチームコンベクションオーブン比較

人気の電気スチコンの性能徹底比較

電気スチームコンベクションオーブンのおすすめ4つから性能や特徴の違いを見比べて、御社の店内に適した機種をお選びください。

電気スチコン 性能比較

下の表は、横へスライドしてご覧ください。

メーカー

コメットカトウ

マルゼン

ラショナル

ニチワ電気

外観 キッチンテクノ コメットカトウ スチコン マルゼン スチコン ラショナル スチコン ニチワ電機 スチコン
型式 TK-CSI3-E5 SSC-05MSCNU Xsモデル ASCO-5230RL
おすすめの商品に
いいね!を押してください
当社販売価格 423,243円 604,054円 - 540,000円
メーカー希望価格 定価745,200円 定価1,023,840円 - 定価967,680円
詳細 / 購入 コメットカトウ
TK-CSI3-E5を
購入する >
マルゼン
SSC-05MSCNUを
購入する >
ラショナル
Xsモデルを
購入する >
ニチワ電気
ASCO-5230RLを
購入する >
製品評価 > > > >
外形寸法 幅700×奥行590×高さ865mm 幅630×奥行650×高さ645mm 幅655×奥行555×高さ567mm 幅745×奥行560×高さ680mm
庫内有効寸法 幅392×奥行498×高さ420mm 幅375×奥行419×高さ375mm - 幅333×奥行383×高さ370mm
重量 75kg 84kg 72kg 86kg
電源 三相200V 三相200V 三相200V 三相200V
消費電力/電流 5.5kW 4.3kW 5.3kW 4.1kW
コンセントプラグ 丸端子(プラグなし) 接地3P-20A 引掛プラグ付 接地3P-20A 引掛プラグ付 接地3P-20A 引掛プラグ付
給水接続口径 15A 15A×2(軟水口、原水口) R3/4" 15A
排水口径 25A 直径38mm 直径40mm 32A
自動洗浄機能 × × ×
ホテルパン収納可能枚数 2/3ホテルパン5枚仕様 2/3ホテルパン5枚仕様
※深さ20mmの場合
2/3ホテルパン6枚仕様 2/3ホテルパン5枚仕様
詳細 / 購入 コメットカトウ
TK-CSI3-E5を
購入する >
マルゼン
SSC-05MSCNUを
購入する >
ラショナル
Xsモデルを
購入する >
ニチワ電気
ASCO-5230RLを
購入する >
皆様のレビューをお待ちしております。

スチームコンベクション

■特徴

スチームコンベクションオーブンとは、オーブン庫内の熱風をファンで強制的に対流させるコンベクションオーブンに蒸気を発生させる装置を追加したオーブンを指します。
略してスチコンとも呼ばれます。

スチコンは熱風のみの『ホットエアー・モード』、蒸気のみを利用する『スチーム・モード』、熱風と水蒸気を利用する『コンビネーション・モード』で調理できるオーブンで、「焼く」「煮る」「炊く」「炒める」「揚げる」「茹でる」「蒸す」「温める」などほとんどの加熱調理が行えるため別名、万能調理器とも呼ばれます。

センサーとマイコンを装備しているため、例えば庫内温度センサーだけでなく、芯温センサーを使用することにより食材の中心部の温度を管理しながら加熱調理することができます。
またメニュー・プログラム機能により調理時間・温度・モードをあらかじめマイコンにインプットすることができ、ボタン一つで繰り返し同じ調理を再現できます。

スチコンは蒸気を発生させる方式の違いによりボイラー・タイプインジェクション・タイプに分類されます。

ボイラー・タイプ…蒸気を発生させるためにタンクに貯めた水を加熱するボイラーを装備するタイプで、蒸気を大量に発生させることができます。
インジェクション・タイプ…スチコン庫内の熱風を循環させるファンに水を吹き付けて、庫内に蒸気を循環させるタイプです。


インジェクション・タイプは蒸気の発生量がボイラー・タイプに比べて劣る一方で、ボイラーを装備する必要が無いため構造が簡単になりお値段が安いです。
しかし、インジェクション・タイプは最近の高性能化にともなって、小型のスチコンであればボイラー・タイプに劣らない蒸気の発生能力がある機種も発売されています。


【スチームコンベクションオーブンのメリット】

1台で何役もこなす万能調理器ですので、スチーマーやボイラーが不要になり省スペースになると同時に作業の動線を減らすことができます。

メニュー・プログラム機能によりボタン一つで繰り返し同じ調理を再現できる点で、スチコンはホテルなどの宿泊施設や学校給食、病院食など大量調理が必要な施設で活用される一方で、芯温センサーを用いた低温調理により、ラーメン屋さんで昨今話題の低温チャーシューの調理や、バルなどで煮込み料理にも使用され、小規模な店舗でも活用されます。


【スチームコンベクションオーブンのデメリット】

1台で何役もこなせるスチコンですからデメリットは無いといいたいところですが、あえてデメリットをあげますとお値段が高いことでしょう。
しかし、最近では小型化とインジェクションタイプの蒸気を発生させる性能の向上により低価格化が進んでいます。