業務用製氷機比較の販売・買い取りの事なら厨房機器と飲食店開業支援のテンポスドットコムへ

実店舗一覧

厨房機器を一括お見積り

保守契約

いらっしゃいませ ゲストさん

業務用厨房機器と調理道具テンポスドットコムホーム > 特集 > 厨房機器徹底比較 > 業務用製氷機比較

人気の製氷機の性能徹底比較

製氷機25kgタイプのおすすめ4つから性能や特徴の違いを見比べて、御社の店内に適した機種をお選びください。

製氷機 性能比較

下の表は、横へスライドしてご覧ください。

メーカー

パナソニック

福島工業

ホシザキ

大和冷機

外観 パナソニック 製氷機 福島工業 製氷機 ホシザキ 製氷機 大和冷機 製氷機
型式 SIM-S2500 FIC-A25KT IM-25M-1 DRI-25LME1
お客様評価
製品評価5点満点
対応評価3点満点
製品評価:5点
対応評価:3点
(回答者:3人)
製品評価:4.6点
対応評価:3点
(回答者:4人)
製品評価:-
対応評価:-
(回答者:0人)
製品評価:-
対応評価:-
(回答者:0人)
おすすめの商品に
いいね!を押してください
当社販売価格 124,826円 122,960円
メーカー希望価格 (定価) 420,120円 444,960円 405,000円 415,800円
詳細 / 購入 パナソニック
SIM-S2500を
購入する >
福島工業
FIC-A25KTを
購入する >
ホシザキ
IM-25M-1を
購入する >
大和冷機
DRI-25LME1を
購入する >
製品評価 > > > >
メーカー担当の
おすすめポイント
製氷能力と節水には自信があります。扉がアルミ製で丈夫!スコップを使う導線上でしまえる構造になっているので忙しいときにもストレスなくお使いいただけます!! 製品の背面にへこんだスペースを設け前面に補助排気口を追加することにより背面を壁に設置することもできます。
実は氷の穴の大きさを7段階に調節可能なのは弊社製品だけです!
表面のステンレスを独自コーティング技術で加工しており油汚れに強い、さびにくい。特許加工技術です! 人間工学に基づいた導線で使用できるスコップ、スコップ置きにより庫内の貯氷を邪魔しない設計になっております!
お客様のご意見 ★★★★☆ パナソニックブランドですが、サンヨーが開発した優秀な機械です。静かで、いい氷が速く出来上がります。 ★★★★★ キューブ型の透きとおってきれいな氷ができます。お店用に購入しました。15席ほどの小さな店ですので25kg用で十分です。本体はメタリックシルバーなので高級感もあり満足しています。
(60代/女性)
★★★★★ 同じ水道水なのに、冷蔵庫で作ったものと全く違い下ろし立てなのに臭いもせず即戦力になりました。おかげで女性スタッフの業務負担(男も)が少なくなりました。 お客様のご意見をお待ちしております。
メーカー担当からの回答 ありがとうございます、その他にも節水性能も向上しています。 ご使用いただきありがとうございます。当社の製氷機はセル方式を採用しているので、不純物の少ない透明度の高い氷ができます。今後ともよろしくお願いいたします。 メーカー担当者からの回答待ちです -
お客様のご意見 ★★★★☆ コンパクトなサイズなのに、製氷能力は抜群です。 ★★★★★ 25kgでも庫内容量が大きいとの書き込みをみて購入しました。結果として本当に庫内が大きく同じ25kgサイズと思えない量のストックができました。 もちろん新品なので静穏性も向上していて大満足の買い物でした
(30代/男性)
★★★★☆ 18年使ってた製氷機が潰れたので購入させていただきました!前のに比べて音も静かだし製氷能力が早いので大満足です!
(30代/男性)
お客様のご意見をお待ちしております。
メーカー担当からの回答 ありがとうございます、そのほかに使いやすさを含め作業性・衛生面でも優れた機器です。 ご満足いただきありがとうございます。バリエーションも多くご用意しておりますので、製氷量や設置場所などお客様のご要望に合わせた製氷機をお選びいただけます。 メーカー担当者からの回答待ちです -
お客様のご意見 ★★★☆☆ 前も同じものを使っていましたが、前のものよりも扉を閉じる時の音がかなり大きいです。クッションが変わったんですかね? ★★★★★ 旧機のH同タイプのものよりコンパクト、設置スペースも小さくなり歓迎!省エネ化も進んでおり経費節減も!!主に孫の部活とレジャー用ですが暑い夏でもバンバン氷が使えます。
(60代/男性)
★★★☆☆ ストッカーには氷が貯まりすぎ?と思わせるほどでスコップが収容しにくい。ドアの開閉角度が狭いので氷は取り出しにくい。 大和冷機のものは90度近くまで開いたので使いやすかった。この機種に慣れるしかない。
(40代/男性)
お客様のご意見をお待ちしております。
メーカー担当からの回答 使用頂いているうちにパッキン等がなじんで音が気にならなくなるかと思います。 当社製をお選びいただきありがとうございます。壁面の排気を見直し、省スペースで設置できるようになりました。フィルター清掃も簡単になり、ますます使い勝手が向上しております。 メーカー担当者からの回答待ちです -
外形寸法 幅395×奥行450×高さ800mm 幅398×奥行450×高さ800mm 幅395×奥行450×高さ770mm 幅395×奥行450×高さ770mm
製氷能力
(50/60Hz)/日
約29/31kg/日 約25/26kg/日 28/30 kg/日 × 約24/26kg/日
氷1sあたりの製氷コスト
(50Hz/60Hz)
× 5.6円/5.7円 4.6円/4.8円 5.1円/4.9円 4.4円/4.3円
貯氷量
(自然落下時)
× 約7kg 約8.5kg 約8.5kg 約8kg
1回の製氷量 18個/回 24個/回 18個/回 25個/回
製品重量 約44kg 45kg 34kg 38kg
1日あたりの消費水量
(単位はm³)
約0.04/0.05(室温20℃/水温15℃)
約0.04/0.04(室温30℃/水温25℃)
約0.05/0.06(室温20℃/水温15℃) 0.05/0.06(室温20℃/水温15℃)
0.04/0.05(室温30℃/水温25℃)
0.05/0.06(室温20℃/水温15℃)
0.04/0.05(室温30℃/水温25℃)
氷の形状 28X28X32mm 約28×28×32(mm) 28×28×32mm 28X28X28mm
各社アピールポイント 図 図
パナソニックに対しては、周囲温度30度・水温25℃での製氷1kgあたりのコストがSIM-S2500は6.13円に対しFIC-A25KTは5.59円と約9%安い。

ホシザキに対しては、年間ランニングコストがIM-25M-1は30,239円に対し、FIC-A25KTは27,515円と約9%安い。
図 図
電源 単相100V 50/60Hz 単相100V 50/60Hz 単相100V 50/60Hz 単相100V 50/60Hz
電源コンセント形状 横型接地形2極差込 15A 125V
コンセント形状画像
横型接地形2極差込 15A 125V
コンセント形状画像
横型 2極差込
コンセント形状画像
2極差込15A125V
コンセント形状画像
消費電力 230/255 W 150/170 W 160/180 W 160/175 W
給水方式 G1/2 (フレキシブルチューブ) 水道直結方式
フレキチューブ付 先端1/2メネジ
水道直結方式R1/2 G1/2 (フレキシブルチューブ)
排水方式 フレキシブルホース
先端内径25mm、外径29mm
製氷残氷毎回廃棄 排水ホース付
先端内径 直径25
製氷残水毎回廃棄R3/4 R3/4 (オネジ)
付属品 凝縮器フィルター×1
スコップ×1
フレキシブルホース
排水用ジャバラホース
凝縮器フィルター×1
スコップ×1
排水用ジャバラホース
凝縮器フィルター×1
スコップ×1
凝縮器フィルター×1
スコップ×1
フレキシブルホース
排水用ジャバラホース
スコップの位置 スコップの位置画像 スコップの位置画像 スコップの位置画像 スコップの位置画像
製氷方式 セル方式 ジェットスプレー式 セル方式 ジェットスプレー式 セル方式 ジェットスプレー式 セル方式 ジェットスプレー式
壁ピタ設置 × 背面のみ可能
左右は排気があるため不可
左右背面の3面を壁につけて設置可能
製品の背面にへこんだスペースを設け、前面に補助排気口を追加するこ とにより、背面を壁に設置することが可能
× 背面のみ可能
図
×
フィルターの取り外し方法 フロントパネルの内部から取り外し
(フィルターを本体外側に取付けはできない)
フロントパネルの内部から取り外し
(フィルターを本体外側に取付けはできない)
フィルター取付場所をフロントパネル内部/外部の選択が可能。 フロントパネルの内部から取り外し
(フィルターを本体外側に取付けはできない)
詳細 / 購入 パナソニック
SIM-S2500を
購入する >
福島工業
FIC-A25KTを
購入する >
ホシザキ
IM-25M-1を
購入する >
大和冷機
DRI-25LME1を
購入する >
皆様のレビューをお待ちしております。

製氷機の選び方

■氷の種類から選ぶ(キューブ・フレーク・チップとは?)

●キューブアイス ●チップアイス ●フレークアイス
キューブアイス チップアイス フレークアイス
透明で立方体のおいしい氷。
水割り用やロック、アイスコーヒー、お冷やなどのドリンク類に適しています。
氷を押し固めた扇形断面の氷片。
ドリンク類はもちろん、料理の演出を兼ねたアイスベッドや、幅広い場面で活用可能!
不定形の小さな粒状の氷。
狭いすき間にも入り込み、すばやく冷却。
鮮度保持用など、様々な冷却に使用!
キューブアイス 活用例 チップアイス 活用例 フレークアイス 活用例

■製氷機のタイプから選ぶ

アンダーカウンタータイプ

●アンダーカウンタータイプのメリット
コールドテーブルや作業台などと天板の高さを揃えることができるタイプです。
天板部分を作業スペースとして使えますので省スペース、かつ作業効率も良いです。
スタックオンタイプ


●スタックオンタイプのメリット
製氷ユニットとストッカーやクラッシャーなどの各種ユニットを積み重ねて組み合わせることができるタイプです。
使用量や用途に応じて製氷量・貯氷量アップに対応できます。

■製氷能力から選ぶ

  • ●製氷機の製氷能力
  • 製氷機の25kgタイプ、35kgタイプといった表記は、1日当たりの製氷能力を重量で示しています。

  • ●製氷機の貯氷能力
  • 1日あたりの製氷能力が25kgの製氷機の場合、貯氷量が13kg程度と半分くらいしかありません。貯氷量が13kgに達すると製氷機は運転停止の状態になります。
    その為、一度に大量の氷が必要になるような場合は製氷能力だけでなく、貯氷量もチェックしてください。

  • ●お店に最適な製氷機の製氷能力は?
  • まず製氷機のタイプを選ぶときの目安として、お店の客席数×1.5倍の数値のタイプを選ぶことをオススメします。例えば客席数20席のお店の場合、20席×1.5倍の35kgタイプが選ぶことになります。

    製氷機の選び方
    ※喫茶店・軽食堂・レストランなどでの一般的な目安です。(1席:1日約2kg消費と仮定、ドリンクで使用のみの場合)

  • ●製氷機を選定する際の注意点
  • 上記の目安は喫茶店や食堂、レストランなどの場合です。
    居酒屋さんのようにハイボールなど、氷を使うドリンクがたくさん売れるお店の場合はもう1サイズ大きいタイプをオススメします。
    逆にラーメン屋さんなどのようにお冷以外に氷を使うことのないお店は1サイズ小さいタイプでも十分でしょう。



    ■ワンポイント・アドバイス

    現在ご使用中の製氷機の製氷能力が不足しているお客さまの場合、貯氷量の上限に達すると運転停止する製氷機の特徴を逆手にとる方法をご紹介します。
    例えば、営業開始前に満タンになった製氷機の氷を清潔な袋に移してストッカーで保管しておくことにより、製氷能力不足を補うことが可能です。
    この方法は、年間で数日、特に暑い夏日にだけ氷が不足して氷を買いに行かれているお店さんには特に有効ですので、ぜひお試しください。