飲食店で口頭注文はもうしない?スマホから注文できるモバイルオーダーが選ばれる理由とは

外食トレンド

近年、あらゆる生活の場面でITが導入され、利便性が求められるようになりました飲食店でも、IT化が様々な場面で導入され、スマートフォンなどと連携したITサービスが増えてきています。
その中でもモバイルオーダーシステムは飲食店に導入されるITの中でも代表的なものとなっています。スマートフォンやタブレットに抵抗がある人も減ってきたこの世の中で、作業を効率化させるためのIT導入は、重要なものとなってきています。
最近では、大手飲食店だけでなく、中小規模店舗にも導入が進み、モバイルオーダーシステムの低コスト化も進んでいます。


ここでは、モバイルオーダーとは何かとそのメリットについて解説していきます。また、テンポスのモバイルオーダーについても併せてご紹介していきます。



モバイルオーダーとは

モバイルオーダーとは注文から決済までをスマホで行い、スムーズに商品を受け取ることができるシステムのことです。注文を口頭で聞き、その内容を書き、伝票を発行、お会計時にはその内容からレジに打ち込まれるという従来の流れを変えるシステムです。


ここで活用例の一部を紹介していきます。

活用例1.店内飲食

店内飲食でモバイルオーダーを活用することにより、人件費をコントロールできます。
例として、お客様が自分のスマホでオーダーを送信→プリンターに送信された注文を調理、料理の提供→セルフレジでお客様が会計という流れが一つ挙げられます。

活用例2.テイクアウト

モバイルオーダーであれば、テイクアウトの際、先に決済を完了させることができるため、店内でお客様を待たせることなく商品のお渡しが可能になります。さらにお会計時の接触機会も減らすことができます。
例として、お弁当の受け取り日時を選択→注文商品を選択→事前決済でお会計完了→持ち帰りで0分受け取りという流れが可能になります。

モバイルオーダーが選ばれるメリット

ここではモバイルオーダーが選ばれるメリットについて、飲食店側とお客様が両方の視点から解説していきます。

飲食店側のメリット

まずは飲食店側からのメリットについて解説していきます。

1.人手不足の解消

注文を口頭で聞き、それをハンディなどに打ち込み、伝票を発行するなどの注文における作業の負担を減らせるため、他の接客であったり、厨房内での調理の作業に充てることができます。それにより、作業効率のUPにつながり人手不足の解消、人件費の削減にも繋がります。

2.客単価UP

お客様が、スマートフォンで直接注文するため、オーダー機会の損失を減らすことができます。それにより一人当たりの客単価UPにも繋がります。

3.導入コスト

セルフ・テーブルオーダーシステムと比べると、導入コストが安いというのが一つのメリットです。店内を効率化させたい一方、コストも抑えながら人件費削減や客単価UPなどを考えている方にはモバイルオーダーシステムがオススメです。

お客様側のメリット

次にお客様側のメリットについても解説していきます。

1.自分のタイミングで注文できる

わざわざ店員を呼び、注文をするという煩わしさがなくなる為、自分のタイミングでストレスなく注文することができます。
また、テイクアウトなどでは、並ばずに注文が可能になる為、事前決済。持ち帰り0分で受け取りができます。

2.接触機会を減らせる

注文時の接触機会を減らせるため、衛生面での不安を解消することができます。また、自分のスマホで注文するため、お店で用意されたタブレットや端末に触ることなく注文することが可能です。

3.インバウンドのお客様にも対応

モバイルオーダーの対応言語により異なりますが、外国人のお客さんが自国の言語で注文できることは、日本に観光に来た時の際、お店選びのポイントの一つになるでしょう。

モバイルオーダー導入理由TOP3

数あるメリットの中でも、モバイルオーダーを導入する理由TOP3をここではご紹介します。

NO.3 モバイルオーダー導入で新しい生活様式への対応、効率改善、人件費削減

衛生・環境に対しての意識が高まる中で、非接触による注文、オーダーの効率化などは、飲食店で、さらに求められてきます。

モバイルオーダーシステムを導入し、新しく今までの業務を改善することにより、従業員の満足度・お客様の満足度両方の面から満足度をアップすることにより、作業効率もアップしていきます。

NO.2  ピーク時でも変わらないサービスを提供したい

居酒屋やレストランなどの飲食店では、19時~22時頃にかけて新規オーダーが集中します。

モバイルオーダーシステムを導入することで、お客様の注文のストレスをなくし、かつピーク時でも安定したサービスが可能になります。

ホールスタッフがオーダーを取る時間を削減できるため、調理・接客に集中することができます。結果的にお客様にお待たせしてしまう事態を防ぐことに繋がります。

NO.1 オーダー待ちによるストレス軽減・追加オーダーによる客単価UP

オーダー待ちのストレス解消、追加オーダーによる客単価UPなど、コストを抑えて解決させたいと思う方は多く、モバイルオーダー導入理由のTOPを占めています。

モバイルオーダー導入により、オーダー機会損失を防ぎ、導入コストを抑えてセルフオーダー化、店員を呼び、注文をするというストレスの軽減を実現できます。

テンポスが紹介するモバイルオーダー

「tenposAirモバイル」・「UNIPOSモバイル」

ここでは、2種類のモバイルオーダーについて解説していきます。

選ばれる4つの利点

1.アプリ追加不要

注文に必要なのは、QRコードとスマートフォン端末だけです。アプリなどのインストールは不要なため、従業員を呼ぶことなく。気軽に注文ができます。

2.選べる決済手段

注文した際の決済方法をクレジットカードにするのか、現金にするのかお客様自身で選択することができます。

3.運用シーンに併せてシステムをご提供

POSレジとの連携、POSレジとの非連携(屋外利用、店内利用可能)の2種類のタイプからお選び頂けます。

4.導入費用削減

従来のセルフオーダーシステムで必須だったオーダー用端末の導入が不要になり、その分の費用を抑えて導入ができます。

さらに詳しく

モバイルオーダーが運用できるシーン

・店内飲食
・テイクアウト
・商品販売
・ゴーストキッチン
・通信販売
・イベント時の決済
・宿泊施設でのルームサービス
・結婚式や2次会の宴会対応

まとめ

いかがでしょうか。モバイルオーダーは飲食店の多様なシーンで活躍するシステムです。テンポスではモバイルオーダーシステムやテーブルオーダーシステムなど飲食店のIT化を支えるサービスを多数ご用意しております。是非一度下記詳細ページをご覧ください!

モバイルオーダーシステム詳細

POSレジ・オーダーエントリーシステムはこちら

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 若者から注目を集める「ヌン活」とは?カフェ経営の新たなターゲット

  2. 創作ラーメンで成功するには?成功の秘訣4選!

  3. 京王線でカフェをオープンするならおすすめの駅5選!開業に必要な準備や資格も徹底解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP