飲食店でサブスクリプションを導入するには?導入のメリットと注意点

ニュース・トレンド

最近では、動画配信サービスや音楽配信サービスなど様々な業界でサブスクリプションビジネスが導入されています。

サブスクリプションビジネスは、新規顧客とリピーター顧客の獲得のどちらも行うことができる方法として注目を集めています。

そんなサブスクリプションビジネスが飲食業界でも注目されています。

今後さらに需要が増大すると言われているサブスクリプションビジネスのポイントやメリットを理解することで自分に合った方法で始めることができます。

サービスを導入する際に参考にしてみてください。

サブスクリプションとは?

サブスクリプションとは「定額制」のことで、製品やサービスを利用するごとに料金を支払うのではなく、一定期間分の料金を支払うことで製品やサービスを利用できるようになります。
そのため、顧客との継続した関係性を持つことができるのが特徴の1つです。
従来では、購入時に完結していた関係性を継続的に持続させることでさらなる収益の増加が望めます。

サブスクリプションの種類

サブスクリプションは、様々な業界で導入されています。
特に動画配信サービスや音楽配信サービスなどで導入されていることが多いです。
サブスクリプションを導入しているほとんどの動画配信サービスや音楽配信サービスでは、期間内の定額に応じて受けられるサービスが変わって来ます。

飲食業界におけるサブスクリプションでは、主に割引・会員制・使い放題の3つが多いです。

割引は、定額に応じて割引やトッピングなどを受けられます。
例えば、ラーメン屋です。月額〇〇円でトッピング無料などがあります。

会員制は、会員限定や招待限定などを受けられます。
例えば、バーです。月額〇〇円で招待した人もカクテル1杯無料などです。

使い放題は、期間内の定額に応じて食べ・飲み放題などを受けられます。
例えば、居酒屋です。月額○○円で毎日生ビール1杯無料などです。

サブスクリプションを導入する時のポイント

サブスクリプションを導入する際のポイントを紹介いたします。
事前にポイントを抑えることでより実際にサブスクリプションを導入する際に悩むことが少なくなります。

サービス内容の設定

サブスクリプションを導入する際、一番重要になってくるのがサービス内容の設定です。
サブスクリプションを始めたとしてもサービス内容の設定が顧客のニーズとかけ離れている場合、収益の増加は望めません。

定額制のサブスクリプションでは、価格やメニューなど受けられるサービスの内容を設定することが重要です。
顧客が適切であると思う価格と受けられるサービスにしなくてはなりません。
そのため、まずは顧客のニーズを把握する必要があります。

顧客のニーズに合ったサービス内容の設定を心がけましょう。

既存顧客の解約を防ぐ

サブスクリプションでは、既存顧客の解約を防ぐことも大切です。
ほとんどの顧客は何か月も同じ内容のサービスを受けられるだけでは飽きてしまいます。
そのためには、継続して契約してもらえるような仕組みを作らなくてはなりません。

継続して契約してもらえるよう飲食業界では、新メニューを食べられる、割引対象やトッピングを変えるなど受けられるサービスの内容を変化させることが多いです。

また、継続に応じて受けられるサービスを変えることも効果的です。1か月継続ごとに受けられるサービスを変化させることで顧客に飽きを感じさせず、解約を抑えることができるかもしれません。

サブスクリプションを契約したいと思われるかつ継続してサービスを受けたいと思われるように工夫しなくてはなりません。

サブスクリプションのメリット

サブスクリプションを導入することのメリットについて紹介します。
メリットは主に4つあります。

安定した売上を得られる

サブスクリプションを導入することで毎月の売上が安定することが大きなメリットです。
飲食業界は、新年会や忘年会などの行事や天候ななど様々なことに左右されるため、売上が安定しないことがあります。
ですが、サブスクリプションは定額制のため、顧客が解約しない限り毎月一定の売上を確保することができます。

また、サブスクリプションでは売上の見込みを予測しやすくなります。

そのため、食材ロスや人件費なども抑えることもできます。

リピーター顧客・新規顧客の獲得につながる

飲食店では、顧客の情報を集めるためにもリピーター顧客の獲得が重要です。サブスクリプションを利用する顧客は基本的に支払っている金額より損をしないように店舗を利用する回数が増えるため、自然とリピーター顧客を獲得することができます。

また、リピーター顧客に加え新規顧客の獲得もしやすいのがメリットです。
リピーター顧客が新しいお客様を連れてくることやリピーター顧客による口コミやSNSなどでの発信により店舗を認知してもらえる機会が増えます。

顧客情報の収集できる

昨今の情報社会では、顧客の情報を集めることは非常に重要なことになっていますサブスクリプションは、従来の一度きりの購入ではないため、安定して顧客の情報を収集することができます。
集めた顧客の注文履歴や年齢、性別などの情報から新たなメニュー開発に活かすことや効果的な販売促進を行うことができます。

サブスクリプションのデメリット

サブスクリプションを導入する際のデメリットについて紹介します。
デメリットは主に2つあります。

初期費用がかかる

サブスクリプションは、継続してサービスを利用してもらうことが重要なため、導入する前に時間をかけて計画と準備を行う必要があります。

また、サブスクリプションを導入したからといってすぐに顧客が利用しに来るとは限りません。
そのため、サブスクリプションの専用サイトへの投稿、広告やSNSなどでサブスクリプションを導入したことを周知していく必要があります。

サブスクリプションの利用者が増えるまでは初期費用がかかることを考えて導入の検討をしなくてはなりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
以上が、サブスクリプションを導入する際のポイントやメリット、デメリットなどのまとめでした。

今後さらに需要が増大すると言われているサブスクリプションビジネスを導入する際には、顧客のニーズの把握することが大切です。

サブスクリプションを導入する場合、初期費用が多くかかるものの売上の安定化、リピーター顧客に加え新規顧客の獲得、顧客情報の収集など多くのメリットもあります。

あなたのお店に合った方法でサブスクリプションを導入するか検討してみましょう。

テンポスフードプレイスでは飲食店様に向けて様々な役立つサービスを提供しております。
お気軽にご相談ください。

公式HPはこちら

タグ:

関連記事

最近の記事

  1. 飲食店のロゴに向いている色や形ってなんだろう?ロゴってそもそも必要?

  2. ストレス社会の救世主!ムードフード

  3. 地域によってこんなに違った!地域色豊かな日本のお正月料理 おせち編

ランキング

  1. 1

    ヴィーガン(ビーガン)って実際何?今さら聞けないベジタリアンとの違い

  2. 2

    加工肉ってどんな種類があるの?特徴についても解説!

  3. 3

    食品衛生責任者の取得方法を解説!飲食店開業に向けた重要な資格!

TOP