経験不足であってもカフェの開業はできる?成功させるコツを紹介!

出店・開業

カフェや喫茶店は、経験不足であっても開業することはできるのでしょうか。必要な資格や免許が存在するのか、実務経験がないと開業できないのか等、知っておきたいところです。

1980年頃から始まった日本におけるカフェブーム。スターバックスの台頭により、パンケーキを扱うカフェが増加しました。

さらに、ネコカフェを代表とする動物カフェといった、時代に合わせて次々と新しいカフェブームが起きました。その影響により、雑誌やテレビで毎日のように特集が組まれています。

今回は経験不足であってもカフェの開業はできるのか。成功させることを紹介していきます。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

経験不足であっても開業できるのか?

経験不足であっても、カフェの開業はできるのでしょうか。結論を言うと、経験不足であってもカフェや喫茶店を開業できます。カフェに限らず、他の業種で飲食店を開業する場合でも、開業できます。

しかし、カフェや喫茶店の営業許可を取得するためにはいくつかの資格や要件が必要です。

カフェや喫茶店はコーヒー等の喫茶がメインとなるため、居酒屋やレストランといった飲食店と比較して、フードメニューの種類を少なくできます。

カフェや喫茶店は、経験不足であっても開業のハードルが低い形態だといえます。

開業のハードルが低いといっても、こだわりのある本格的なカフェや喫茶店を開くうえで、勉強や経験が必要な場合もでてきます。

たとえば、コーヒーの香りにこだわったカフェにする場合、お客様に提供するうえで焙煎や抽出といった、豆の産地等に関する知識は豊富でなくてはいけません。

また、エスプレッソやラテアートをメニューに盛り込む場合は、アートの技術を磨く必要があります。

料理に力を特化したカフェにしたい場合は、調理や盛り付けの技術も求められますし、毎回同じ味を提供できることも料理を提供する必要があるのでしょう。

店内でのサービス提供のみではなく、スタッフを雇用したりする場合は、経営に関しての基礎知識も学んでおくことも経営者として必要です。

経験不足の人がカフェを開業する方法とは?

経験不足の人がカフェを開業する方法はあるのでしょうか。「経験不足ではとてもじゃないけど、開業するのは厳しい」と、これからカフェを開業する人の中にはこのような思いを持っている人が多くいるはずです。

ここでは経験不足の人がカフェを開業する方法をみていきます。段階を踏んでおけば経験不足であっても開業が可能です。以下の方法があげられます。

・フランチャイズとして加盟する
・カフェで修行してから開業する
・スクールに通ってから開業する

それぞれ詳しくみていきましょう。

フランチャイズとして加盟する

一つ目の方法は、フランチャイズとして加盟することです。フランチャイズとして加盟する方法も、ひとつの手段です。

フランチャイズとは、本部が有する商標や販売・経営知識等を加盟店に渡す代わりに、対価として加盟店が本部に支払うシステムです。

フランチャイズは、メニュー開発やオペレーションがあらかじめ決まっているため、加盟店は営業に集中できる特徴があります。また、開業前から開業後まで本部の支援があるため、経験不足であっても安心して開業できます。

フランチャイズの例として、ホットサンド専門店やエリアに根差した小規模チェーン。さらに、コメダ珈琲やPRONT等、大手がフランチャイズを活用していることがわかります。

加盟料や対価はフランチャイズによって異なるのです。フランチャイズとして加盟する場合は、費用はおよそいくらになるのか、開業後にいくらの金額を支払うのかをシミュレーションしておきましょう。

カフェで修行してから開業する

二つ目の方法は、カフェで修行してから開業することです。カフェで修行すると言うのは、開業をするうえでもっとも近道なのではないでしょうか。実務経験で学べる経験や知識はたくさんあります。

実際に現場で働いてみることで、カフェ業務全般を経験できるため開業後もスムーズに営業に取り掛かれます。また、必要な機材や備品といった賃料の相場等、リアルな情報も得られるため、経済的な面や金銭面を把握できるでしょう。

近年では、飲食業界は人手不足の影響により経験不足であっても入りやすい状況にあります。修行して働くのであれば、自分が開きたいカフェはどのような雰囲気なのかを想像して、それに合ったカフェで働きましょう。

スクールに通ってから開業する

三つ目の方法は、スクールに通ってから開業することです。カフェスクールでは、カフェの開業に向けて必要な金額や実務知識を学べます。

以前のカフェスクールでは、珈琲作りを実習で学んだり、座学でビジネスについて学んだりなど、あくまで就職するための役割としてスクールが設けられていました。

しかし、近年では知識のみではなく、現場経験も体験できるカフェスクールが多く存在します。スクールでの、主なカリキュラムとしてはカフェの運営に必要な知識の習得。さらに、インターン生としてカフェの現場での実習や事業計画を一緒に考えるといった開業を実現するための内容になっています。

カフェスクールによっては、高齢者向け専用のコースを設けている場合もあり、若年層から高齢者層まで開業実現に向けて最適な環境です。

カフェに必要な厨房機器・調理道具を見る

カフェの開業を成功させるには?

カフェの開業を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。カフェの開業を成功させるためにも、行き当たりばったりではなくあらかじめ事業計画を作成しておきましょう。

実際、どのような規模にして、どのような世代をターゲットにするのかコンセプトを固めておく必要があります。

開業までに準備すべきことや物件選びや営業許可の申請といったスケジュール管理。さらに、開業してから軌道に乗せるまでに要する期間や1日いくらの売上が必要なのかといった予測も立てておきましょう。

事業計画書は、開業時に融資申請をする際にも提出が必要な書類です。書類にまとめられるくらいあらかじめ計画を立てておくと、売上や利益の見通しが判断できるようになり、メニューの価格設定等も適切にできるでしょう。

また、経験不足であっても開業しやすいカフェというのは、小さな間取りのお店や移動式カフェがあげられます。開業のために必要となる初期費用を抑えることで余裕を持って開業できます。

まとめ

今回は経験不足であってもカフェの開業はできるのか。成功させることを紹介してきました。

経験不足であってもカフェの開業はできますが、お客様に喜ばれるカフェを作りたいのであれば、店舗での実務経験を積んでよりよいお店にできるように模索しましょう。

カフェ開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録