愛知県で飲食店を開業時に融資を受ける際のポイントは?開業の流れも含めて解説!

出店・開業

愛知県は、名古屋市や豊橋市など、大都市と地方都市がバランスよく存在する、人口約760万人の都市圏です。また、製造業や観光業が盛んなため、飲食店の需要も高く、開業するならば有望な地域といえるでしょう。

しかし、飲食店を開業するには、初期費用や運転資金など、多額の資金が必要となります。そのため、融資を受けることを検討する人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、愛知県で飲食店を開業時に融資を受ける際のポイントを、開業の流れも含めて解説します。飲食店の開業は、起業の中でも特に成功率が低いと言われています。そのため、融資を受ける際には、しっかりと準備をして、審査に通過できるようにしましょう。

本記事を読むことで、愛知県で飲食店を開業する際の融資のポイントを理解し、成功に近づくことができます。

目次

 愛知の開業率は全国6位

2015年度の厚生労働省の調査によると、飲食店を含む愛知県の開業率は6.1%と全国で6位です。
また廃業率は4.0%と、全国平均の3.8%と比較すると高い傾向を示しています。
高い開業率を示す背景として、参入しやすい業種で起業・開業する事例が多いことが考えられています。

・人口が多いため、潜在的な顧客が多い
・大都市に近いため、人材が集めやすい
・食材や設備が豊富に揃っている
・飲食店開業支援制度が充実している

愛知県は、飲食店開業に適した環境が整っているため、開業率が高いと考えられます。また、愛知県には、名古屋めしをはじめとする独自の食文化が豊富であり、地元食材を活かした料理が楽しめることも、開業率が高い理由の一つです。

まずは融資、補助金、助成金、それぞれの特徴を知りましょう!

融資、補助金、助成金は、いずれも事業資金を調達する手段として活用できますが、それぞれに特徴があります。

融資

融資は、金融機関から借り入れを行うことです。利子をつけて返済する必要があるため、返済計画をしっかりと立てることが大切です。融資のメリットとしては、資金調達が早いこと、事業の自由度が高いことなどが挙げられます。一方、デメリットとしては、利子がかかること、返済義務があることなどが挙げられます。

補助金

補助金は、国や地方公共団体などの公的機関から、事業の実施に必要な経費の一部を支給されるものです。返済の必要がないため、利子や返済の負担がありません。補助金のメリットとしては、資金調達が早いこと、利子や返済の負担がないことなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては、申請に手間がかかること、採択率が低いことなどが挙げられます。

助成金

助成金は、補助金と似ていますが、補助金よりも受給要件が緩やかであるのが特徴です。補助金と同様、返済の必要がないため、利子や返済の負担がありません。助成金のメリットとしては、資金調達が早いこと、利子や返済の負担がないことなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては、申請に手間がかかること、採択率が低いことなどが挙げられます。
それぞれの特徴をまとめると、以下のようになります。

資金調達の主体

融資:金融機関
補助金:国や地方公共団体など
助成金:国や地方公共団体など

返済の必要性

融資:必要
補助金:不要
助成金:不要

利子

融資:必要
補助金:不要
助成金:不要

申請の難易度

融資:やや高い
補助金:やや高い
助成金:比較的低い

資金の使い道

融資:自由
補助金:指定された用途に限る
助成金:指定された用途に限る

事業資金を調達する際には、それぞれの特徴を理解した上で、自社に最適な方法を選択することが大切です。

愛知県で利用可能な融資・補助金・助成金とは?

愛知県では、中小企業・小規模事業者の経営安定や事業拡大を支援するため、融資・補助金・助成金などの支援制度を整備しています。

融資制度

愛知県では、以下の融資制度が用意されています。

愛知県融資制度

・愛知県の中小企業・小規模事業者を対象とした融資制度です。
・融資金額は、最大1億円です。
・金利は、年1.25%から1.5%です。

日本政策金融公庫の融資制度

・国が中小企業・小規模事業者を対象に提供する融資制度です。
・融資金額は、最大1億円です。
・金利は、年0.9%から1.1%です。

信用保証協会の保証制度

・信用保証協会が中小企業・小規模事業者に対する融資の保証を行う制度です。
・保証率は、原則9割です。

補助金・助成金制度

愛知県では、以下の補助金・助成金制度が用意されています。

愛知県創業支援補助金

・愛知県内で創業する中小企業・小規模事業者を対象とした補助金制度です。
・補助金額は、最大100万円です。

愛知県経営革新支援補助金

・愛知県内で経営革新に取り組む中小企業・小規模事業者を対象とした補助金制度です。
・補助金額は、最大500万円です。

愛知県新事業創出補助金

・愛知県内で新事業の創出に取り組む中小企業・小規模事業者を対象とした補助金制度です。
・補助金額は、最大1,000万円です。

融資・補助金・助成金の利用方法

融資・補助金・助成金の利用を希望する場合は、それぞれの制度の要件を満たしているか確認した上で、金融機関や自治体に申請を行います。

融資の申請は、金融機関に直接行います。補助金・助成金の申請は、自治体のホームページから必要書類をダウンロードし、必要事項を記入の上、提出します。

融資・補助金・助成金は、中小企業・小規模事業者の経営安定や事業拡大に役立つ重要な制度です。愛知県で起業・創業・経営革新を検討している方は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

融資・補助金・助成金の選び方

融資・補助金・助成金を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

・融資の場合は、金利や返済条件を比較する
・補助金・助成金の場合は、補助金額や要件を比較する
・複数の制度を組み合わせて利用する

また、融資・補助金・助成金は、あくまでも経営の補助であり、成功を保証するものではありません。しっかりとした経営努力を続け、成功をつかみ取ることが大切です。
※こちらは2023年11月20日現在の情報です。最新の情報はこちらからご確認ください。

融資を受ける際に気を付けるべきポイントとは

愛知県で融資を受ける際に気を付けるべきポイントは、以下のとおりです。

事業計画をしっかりと作成する

融資の審査では、事業計画の完成度が重視されます。事業計画には、事業内容やターゲット顧客、競合分析、売上予測、費用計画などを具体的に記載しましょう。

自己資金を可能な限り準備する

融資の審査では、自己資金の多寡も重視されます。自己資金が多いほど、返済能力があると判断され、融資を受けやすくなります。

複数の金融機関から見積もりをとる

金利や返済条件は、金融機関によって異なります。複数の金融機関から見積もりを取り、最適なプランを選びましょう。

面談の際には、明確なビジョンと熱意を伝える

面談では、融資担当者に事業に対する明確なビジョンと熱意を伝えましょう。事業の成功に向けた意気込みや、具体的な経営戦略などをしっかりと説明しましょう。

融資はあくまでも借金である

融資はあくまでも借金であり、返済義務があります。返済計画をしっかりと立てて、無理のない範囲で借りるようにしましょう。

融資の審査には時間がかかる場合がある

融資の審査には、数週間から数か月かかる場合もあります。開業までのスケジュールは、余裕を持って組みましょう。

融資を受けても、成功が保証されるわけではない

融資を受けても、事業が成功するかどうかは、経営者の努力次第です。しっかりとした経営努力を続け、成功をつかみ取りましょう。

これらのポイントを押さえて、融資を受ける準備をしておきましょう。

愛知県で開業する際の費用の相場とは?

愛知県で飲食店を開業する際の費用の相場は、以下のとおりです。

初期費用

物件取得費:100万円〜500万円
内装工事費:200万円〜500万円
厨房機器費:200万円〜500万円
備品・什器費:100万円〜300万円
広告宣伝費:50万円〜100万円
その他:50万円〜100万円
合計:500万円〜2,000万円

運転資金

人件費:60万円〜100万円
食材費:50万円〜100万円
光熱費:20万円〜30万円
水道代:10万円〜20万円
通信費:10万円〜20万円
消耗品費:10万円〜20万円
その他:10万円〜20万円
合計:200万円〜300万円

初期費用と運転資金を合わせると、最低でも700万円〜5,000万円程度の資金が必要となります。

もちろん、店舗の規模や業態、立地などによって、費用は大きく異なります。
例えば、小規模な居酒屋を開業する場合は、初期費用が1,000万円程度、運転資金が200万円程度で開業できる可能性もあります。

一方で、大型のレストランやカフェを開業する場合は、初期費用が5,000万円以上、運転資金が1,000万円以上かかる場合もあります。

また、融資を受ける場合は、自己資金を100万円〜200万円程度準備しておくと、審査が有利になると言われています。
愛知県で飲食店を開業する際には、十分な資金計画を立てて、開業準備を進めましょう。

愛知県で開業する際の資金調達の方法

愛知県で飲食店を開業する際の資金調達の方法は、大きく分けて以下の3つです。

・自己資金
・融資
・補助金・助成金

自己資金

自己資金とは、自分の貯蓄や持ち家、親族からの借金など、自分で用意した資金のことです。自己資金が多いほど、融資を受けやすくなります。

融資

融資とは、金融機関からお金を借りることです。融資を受けるためには、事業計画の作成や自己資金の準備など、審査に通るための準備が必要です。

補助金・助成金

補助金・助成金とは、国や地方自治体から、事業を行うためのお金をもらうことです。補助金・助成金を受けるためには、要件を満たす必要があります。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、政府系金融機関であり、中小企業や小規模事業者を支援することを目的とした融資制度を用意しています。

日本政策金融公庫の融資制度には、以下のようなものがあります。

創業融資

創業融資は、創業や事業拡大に必要な資金を融資する制度です。自己資金が少ない場合でも、融資を受けやすいのが特徴です。

新事業開拓融資

新事業開拓融資は、新たな事業を始めるために必要な資金を融資する制度です。既存事業の収益が安定している場合に、融資を受けやすくなります。

経営力強化融資

経営力強化融資は、既存事業の経営力を強化するために必要な資金を融資する制度です。

日本政策金融公庫の融資制度は、金利が低く、返済期間が長いなどのメリットがあります。また、経営相談や経営指導などのサポートも受けられます。

愛知県で飲食店を開業する際には、日本政策金融公庫の融資制度を活用するのも一つの方法です。
なお、日本政策金融公庫の融資を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります。

原則として、

・個人事業主または法人を設立した人
・事業計画の提出
・自己資金の準備
・信用保証協会の保証

日本政策金融公庫の融資制度の利用を検討する場合は、事前に日本政策金融公庫に相談することをおすすめします。
※こちらは2023年11月20日現在の内容です。最新の情報など詳しくは日本政策金融公庫の公式HPなどで確認してください。

愛知県で開業する際の実際の開業までの流れを解説

事前準備

まず、事業計画の作成を行います。事業計画には、事業内容やターゲット顧客、競合分析、売上予測、費用計画などを具体的に記載しましょう。

また、資金調達の検討を行います。自己資金が十分にない場合は、融資や補助金・助成金などの利用を検討しましょう。

そして、許認可の取得を行います。飲食店を開業するためには、食品衛生法に基づく「食品営業許可」や、酒類を提供する場合は「酒類提供飲食店営業許可」などの許認可が必要です。

店舗の物件探し

物件の選定では、立地や規模、賃料などを考慮して、自社の事業に合った物件を探しましょう。
賃貸契約の締結では、賃料や保証金、敷金などの条件をしっかりと確認しましょう。

内装工事

内装工事では、内装業者と打ち合わせを行い、希望する内装のイメージを共有しましょう。
また、内装工事の内容や費用についてもしっかりと確認しましょう。

備品・什器の購入

備品・什器の選定では、必要なものを漏れなく揃えるようにしましょう。
また、購入する際には、品質や価格などを比較検討しましょう。

食材の仕入れ

仕入れ先の選定では、品質や価格、納期などを考慮して、自社の事業に合った仕入れ先を選びましょう。
また、仕入れの際には、数量や単価などをしっかりと確認しましょう。

人員の確保

従業員の募集では、職種や勤務時間、給与などを明確に記載した求人票を作成しましょう。
また、採用の際には、応募者のスキルや経験をしっかりと確認しましょう。

開店準備

メニューの作成では、自社の強みやターゲット顧客を意識して、魅力的なメニューを作成しましょう。
販促物の作成では、チラシやポスター、ウェブサイトなどを活用して、お店の存在を知ってもらうようにしましょう。

開店セールの実施では、お得な価格で提供することで、多くのお客さんを呼び込むようにしましょう。

開店

開店後は、お客さんのニーズを把握しながら、サービスの改善を図りましょう。
また、定期的にメニューの見直しを行い、常に新しい魅力を提案できるようにしましょう。

愛知県で飲食店を開業する際には、これらの流れを参考に、しっかりと準備を進めましょう。

愛知県で飲食店を開業するメリット・デメリット

メリット

人口が多い

人口は750万人以上で多くの人口を抱えています。潜在的な顧客が多く、売上が見込めるということです。

経済力が高い

全国的にみても経済力が高いとされています。顧客の消費意欲が高く、売上が見込めるということです。

観光地が多い

名古屋城、犬山城、豊田市美術館など、多くの観光地があります。観光客を客層にすることができます。

食文化が豊か

名古屋めしや味噌煮込みうどんなど、独自の食文化が豊かです。独自のメニューで勝負できます。

開業支援制度が充実

飲食店開業支援制度が充実しています。開業支援制度を利用することで、開業時の費用を抑えることができます。

以上のように、愛知県で飲食店を開業するメリットはたくさんあります。

デメリット

競争が激しい

人口が多いため、飲食店の数も多いです。そのため、競争が激しく、生き残ることが難しいです。差別化を図るよう努力が必要です。

人件費が高い

人件費が高いです。そのため、従業員を雇用するには、多くの費用がかかります。

災害リスクが高い

地震や台風などの災害リスクが高いです。そのため、飲食店が被災する可能性が高いです。非常時に備え日頃から準備しておくことが大事です。

人材不足

人材不足が深刻化しています。そのため、優秀な人材の確保が難しいです。賃金などで差別化を図る必要があります。

物価が高い

物価が高いです。そのため、食材や家賃などのコストが高く、利益が出るまでに時間がかかります。無駄の内容メニューなどの工夫が大事になります。

開業の際は、これらのデメリットをよく理解した上で、開業計画を立てるようにしてください。

愛知県で開業する際の開業資金を抑えるコツとは

愛知県で飲食店を開業する際の開業資金を抑えるコツは、以下のとおりです。

物件の立地や規模を検討する

物件の立地や規模は、開業資金に大きな影響を与えます。立地があまり良くない場合や、規模を小さくするなどすることで、開業資金を抑えることができます。

中古の物件や設備を活用する

新品の物件や設備は、中古に比べて高額です。中古の物件や設備を活用することで、開業資金を抑えることができます。

DIYで内装や設備を整える

内装や設備を業者に依頼すると、費用が高額になります。DIYで内装や設備を整えることで、開業資金を抑えることができます。

仕入れ先を工夫する

仕入れ先を工夫することで、食材や備品の費用を抑えることができます。複数の仕入れ先を比較検討したり、業務用卸売業者を活用したりしましょう。

スタッフの人数を抑える

スタッフの人数を抑えることで、人件費を抑えることができます。ホールスタッフをアルバイトでまかなったり、セルフサービスの店舗にしたりするなどの工夫が考えられます。

集客を工夫する

集客を工夫することで、売上を伸ばし、開業資金を回収しやすくなります。SNSやインターネットを活用したり、イベントやキャンペーンを開催したりしましょう。

中古やDIYについての説明

中古

中古の物件や設備を活用することで、開業資金を抑えることができます。中古物件の探し方は、不動産会社やインターネットで探す方法があります。中古設備の探し方は、オークションやフリマアプリ、リサイクルショップなどで探す方法があります。

テンポスでは多くの中古商品を取り揃えております。

テンポスドットコムはこちら

DIY

DIYで内装や設備を整えることで、開業資金を抑えることができます。内装のDIYでは、壁紙や床材、照明などを自分で取り付けたり、塗装したりする方法があります。設備のDIYでは、机や椅子、棚などを自分で作ったり、修理したりする方法があります。

ただし、中古やDIYには、以下の注意点があります。

・中古物件や設備には、故障や不具合のリスクがある
・DIYには、専門的な知識や技術が必要になる場合がある

中古やDIYを検討する際には、これらの注意点を踏まえて、慎重に判断しましょう。

まとめ

愛知県で飲食店を開業する際には、融資を受ける可能性も検討しましょう。融資を受けるためには、事業計画の作成や自己資金の準備など、審査に通るための準備が必要です。また、開業までの流れをしっかりと把握しておきましょう。

開業に際してご相談、ご質問お気軽にお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

最近の記事

  1. 飲食店経営者必見!看板工事基本から成功までのポイント!

  2. 新宿区で飲食店を開業する方法やメリット・デメリットを解説!

  3. 渋谷区で飲食店を開業する方法やメリット・デメリットを解説!

Twitterで最新記事を配信中

twitter
TOP