パン屋開業に必要な資格とは?取得方法やメリットを解説

出店・開業

パン屋を開業するには、食品衛生責任者資格と菓子製造業許可が必要です。また、パン製造に関する知識やスキルを証明する資格を取得しておくと、開業や就職・転職の際に有利になります。

本記事では、パン屋開業に必要な資格と取得方法、メリットについて解説します。パン屋開業を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

テンポスではこれから開業される方、開業後半年未満の方を対象に味の素の調味料セットを無料でプレゼントしております。応募者全員にプレゼントしておりますので、ぜひ申し込みいただき、メニュー開発に活用ください。

味の素調味料セットの応募はこちら

パン屋開業に必要な資格

パン屋開業に必要な資格は、大きく分けて「食品衛生責任者」と「菓子製造業許可」の2つです。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、飲食店や食品製造などの食品に関わる事業をする際に必要になる資格です。パン屋を開業する場合、必ず店舗に食品衛生責任者を置く必要があります。

食品衛生責任者は、各自治体が実施する講習を受講することで取得できます。講習の受講料は自治体によって異なりますが、1万円前後が相場です。
食品衛生責任者講習では、以下の内容を学びます。

  • 食品衛生法に基づく食品の製造・販売・提供に関する知識
  • 食品衛生管理に関する知識
  • 食品衛生管理に関する実務


食品衛生責任者を取得することで、パン屋を開業する際に必要な食品衛生に関する知識やスキルを身につけることができます。
テンポスでは飲食店向けに衛生用品レンタルや清掃サービスをご案内しております。衛生に関してお困りごとがありましたら、お気軽に問合せください。

衛生のご相談はこちら

菓子製造業許可

菓子製造業許可は、パンやクッキーといった菓子類の製造・販売を行う際に必要になる許可です。パン屋を開業する場合、パンの販売がメインであれば菓子製造業許可が必要です。

菓子製造業許可は、都道府県の保健所へ申請することで取得できます。申請に必要な書類や手数料は、保健所によって異なります。
菓子製造業許可申請では、以下の内容が審査されます。

  • 食品衛生管理に関する施設の構造設備
  • 食品衛生管理に関する従事者の知識・技能
  • 食品衛生管理に関する衛生管理計画

菓子製造業許可を取得することで、パン屋を開業する際に必要な設備や従業員の知識・技能、衛生管理計画などの準備を整えることができます。

パン屋開業に有利な資格

パン屋開業に必要な資格以外に、以下のようなパン製造に関する知識や技術を証明する資格を取得しておくと、開業や就職・転職の際に有利になります。

  • パン製造技能士
  • パンコーディネーター
  • パンシェルジュ

この3点について詳しく説明していきます。

パン製造技能士

パン製造技能士は、パン製造に関する専門的知識や技能を問う国家資格です。パン屋を開業する場合、パン製造技能士の資格があると、パン作りのスキルを客観的に証明することができます。

パン製造技能士の試験は、1級と2級の2種類があります。1級は、製パン業の指導者としての能力を、2級は、製パン業の従事者としての能力を問う試験です。

パン製造技能士の資格を取得することで、以下のメリットがあります。

  • パン作りのスキルを客観的に証明できる
  • パン屋開業や就職・転職の際に有利になる
  • パンの知識や技術を深めることができる

パンコーディネーター

パンコーディネーターは、パンの製造・販売・企画・マーケティングなど、パンに関する幅広い知識とスキルを身につける民間資格です。パン屋を開業する場合、パンコーディネーターの資格があると、パン屋の経営や商品開発に役立つ知識を身につけることができます。

パンコーディネーターの資格は、パン業界団体や企業が実施する講習を受講することで取得できます。

パンコーディネーターの資格を取得することで、以下のメリットがあります。

  • パンに関する幅広い知識やスキルを身につけることができる
  • パン屋開業や就職・転職の際に有利になる
  • パンの魅力をお客様に伝えるスキルを身につけることができる

パンシェルジュ

パンシェルジュは、パンの知識や嗜好、楽しみ方などを豊富に身につける民間資格です。パン屋を開業する場合、パンシェルジュの資格があると、パンの魅力をお客様に伝えるスキルを身につけることができます。

パンシェルジュの資格は、パン業界団体や企業が実施する講習を受講することで取得できます。

パンシェルジュの資格を取得することで、以下のメリットがあります。

  • パンに関する知識や嗜好を深めることができる
  • パンの魅力をお客様に伝えるスキルを身につけることができる

パン屋開業に有利な資格は、パン製造技能士、パンコーディネーター、パンシェルジュの3つです。これらの資格を取得することで、パン屋開業や就職・転職の際に有利になります。
また、パンの知識や技術を深めることができるため、パン屋経営やパン作りに役立てることができます。

パン屋開業で資格を取得するメリット

パン屋開業資格を取得するメリットは、以下のとおりです。

パン屋開業に必要な知識やスキルを身につけることができる

パン屋を開業するためには、食品衛生やパン製造に関する知識やスキルが必要です。パン屋開業資格を取得することで、これらの知識やスキルを体系的に学ぶことができます。

具体的には、食品衛生責任者資格を取得することで、食品衛生に関する基礎知識や、食品の製造・販売・提供を行う際に必要な衛生管理の知識を身につけることができます。パン製造技能士資格を取得することで、パン製造に関する専門的な知識や技術を身につけることができます。

パン屋開業や就職・転職の際に有利になる

パン屋開業資格を取得していると、パン屋開業や就職・転職の際に有利になります。

パン屋を開業する場合、パン屋開業資格を取得していると、パン作りのスキルを客観的に証明することができます。また、パン製造に関する知識やスキルを身に付けていることで、パン屋経営の際に役立てることができます。

就職・転職する場合、パン屋開業資格を取得していると、パン製造のスキルや知識をアピールすることができます。また、パン屋での就業経験があれば、パン製造の現場での実務経験をアピールすることができます。

パンの知識や技術を深めることができる

パン屋開業資格を取得することで、パンの知識や技術を深めることができます。

パン製造技能士資格やパンコーディネーター資格は、パンに関する幅広い知識やスキルを身につけることができます。パンシェルジュ資格は、パンの魅力をお客様に伝えるスキルを身につけることができます。

パンの知識や技術を深めることで、パン屋経営やパン作りに役立てることができます。また、パンの専門家として、パンに関する情報発信や講師活動などを行うこともできます。

【人気の記事】【最新版】いま、飲食店が使える補助金&助成金まとめ

※ぐるなびの飲食店向けサイト「ぐるなび通信」へジャンプします。

まとめ

パン屋開業に必要な資格は、食品衛生責任者と菓子製造業許可です。パン屋開業に有利な資格としては、パン製造技能士、パンコーディネーター、パンシェルジュなどが挙げられます。

パン屋開業を目指す方は、ぜひ必要な資格を取得して、パン屋経営やパン作りに役立ててください。

パン屋に必用な厨房機器調理機器を探す

タグ:

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録