大阪市で飲食店を開業する方法やメリット・デメリットを解説!

出店・開業

大阪市は「お好み焼き」や「たこ焼き」などの郷土料理や、活気溢れる街並みで知られ、親しみやすい人々も魅力です。商業・観光の中心地として日本文化の粋を楽しむことができます。

今回は、「大阪市で飲食店を始めてみたい」「大阪市で開業するメリット・デメリットを知りたい」「大阪市で開業するにあたって情報収集したい」、

そんな方のために、大阪市で開業するまでの基本情報、おすすめの販売形態、集客方法をまとめました。ぜひ参考にしてみてください!

大阪市の飲食店市場分析

大阪府の開業率は全国7位

2015年度の厚生労働省の調査によると、飲食店を含む大阪の開業率は5.9%と全国で7位です。また廃業率は3.6%となっています。
大阪府の開業率が比較的高い理由は、人口が多いため潜在的な顧客が多い、物価が安く開業しやすい環境が整っている、などが挙げられます。

大阪市の飲食店の特徴

大阪市には、有名な「お好み焼き」や「たこ焼き」を代表とする郷土料理を提供する飲食店が豊富です。
活気ある「新世界」や「道頓堀」などの繁華街には、多彩な屋台や創造的なフードが溢れ、リーズナブルでアットホームな雰囲気が特徴的です。

また、親しみやすい地元の方々との交流が楽しめ、食文化のバラエティ豊かさが魅力です。

大阪市で飲食店を開業するメリット

食文化の宝庫

大阪はお好み焼きやたこ焼きなど独自の郷土料理が豊富で、地元の食文化に触れながら独自性を打ち出せます。

観光地の集積

道頓堀や新世界など観光地が多く、観光客にアピールしやすい立地条件が揃っています。

活気のある繁華街

大阪の繁華街は賑やかで、活気ある雰囲気が店舗にとって顧客を引き込む要素となります。

人懐っこい地元の人々

大阪の住民はフレンドリーで親しみやすく、地元の人々との交流が期待できます。

飲食産業への支援

地域経済の一翼を担う飲食業に対する支援策が整備されており、開業をサポートする制度が存在します。

大阪市で飲食店を開業するデメリット

激しい競争

人気のある飲食店が多く、競争が激しいため、差別化が必要です。

厳格な規制

衛生基準や建築基準など、厳格な規制が存在し、それに準拠する必要があります。

高い賃料

一部エリアでは賃料が高く、経営コストの面で検討が必要です。

人手不足の課題

一部の業態ではスタッフの確保が課題となりやすいです。

季節依存性

観光客に依存する場合、季節や観光シーズンの変動に注意が必要です。

大阪市でのおすすめの開業スタイル

屋台スタイルの出店

屋台での出店は、大阪らしいアットホームな雰囲気を演出することが可能です。
費用が比較的抑えられるため、リスクヘッジになります。

新しいフードコンセプトの導入

地元の伝統料理に新しいアプローチを取り入れましょう。
創造的なメニューで注目を集められます。

観光地周辺でのテイクアウト専門店

観光地周辺でテイクアウト専門店を開くことで、観光客への手軽な食事提供が可能になります。
移動が多い観光地で需要が見込めます。

地元の食材や地産地消に特化

地元の農産物や漁業産品を使用することで地域社会への貢献が期待できます。
地元の食材にこだわった独自性が差別化の要素になります。

イベントやフェスへの参加

大阪市の様々なイベントやフェスティバルへ積極的に参加しましょう。
地域コミュニティとの連携が深まり、知名度向上が期待できます。

大阪市での飲食店開業における集客方法

SNSを活用した情報発信

InstagramやTwitterなどのSNSを積極的に利用して、美味しい料理や店内の雰囲気を発信します。
フォロワーとのコミュニケーションを通じてリアルなファンを増やせます。

クーポンや特典の提供

新規客を引き込むために、初回来店時の割引クーポンや特典を提供します。
顧客獲得とリピーター化を促進できます。

地域イベントへの参加

地域のイベントやフェスティバルへ参加、協賛します。
地元住民との交流が深まり、顔の見える集客が期待できます。

オンライン予約サービスの活用

ネット上での予約がしやすい環境を整え、利便性をアピールします。
予約が増えることで集客の効率が向上します。

飲食ブログや口コミサイトへの登録

飲食ブログや口コミサイトに店舗情報を登録し、口コミや評価を積極的に取り入れましょう。
良い口コミが広がり、信頼性の向上が期待できます。

大阪市で飲食店を開業するために必要な許認可と手続き

営業許可の取得

大阪市で飲食店を営むには、地元の自治体からの営業許可が必要です。これには営業所や店舗の所在地により、異なる規定があります。

食品衛生管理者の指定

飲食店では、食品衛生に関する法令に基づき、食品衛生管理者を指定する必要があります。適切な訓練を受け、指定を受けることが求められます。

建築基準法の確認

飲食店の建物や設備に関して、建築基準法の規定に従った設計や工事が必要です。これには建築確認や使用許可の手続きが含まれます。

税務手続き

税務に関する手続きも重要です。法人の場合は法人税や消費税の登録、個人事業主の場合は所得税の確定申告が必要です。

労働関連の届出

従業員を雇用する場合は、雇用保険や労働基準法に基づく届出が必要です。適切な雇用関連の手続きを行いましょう。

大阪市で飲食店を開業する成功の秘訣

地域の特性を理解する

大阪市は多様なエリアがあり、地域ごとに好みや需要が異なります。成功のためには、開業地域の特性や地元の顧客層を理解し、それに合わせた戦略を展開することが重要です。

地元の食文化にアピールする

大阪市の食文化は豊かで個性的です。地元の食材や伝統料理にこだわり、その独自性を強調することで、地元客や観光客からの支持を得やすくなります。

オンラインプレゼンスを構築する

インターネットを活用した情報発信やオンライン予約サービスの導入は、現代の飲食店経営において不可欠です。ウェブサイトやSNSを活用して、集客を強化しましょう。

顧客とのコミュニケーションを大切にする

顧客とのコミュニケーションを大切にし、フィードバックを受け入れる姿勢を示すことが重要です。リアルな顔の見えるサービスやイベントの開催など、顧客との結びつきを深めましょう。

効果的なマーケティング戦略を行う

地元メディアやイベントへの積極的な参加、クーポンや特典の提供など、効果的なマーケティング戦略を展開することで、競争激しい飲食業界で差別化を図り、成功への道を拓きます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

大阪市で飲食店を開業するメリットとして、地元の食文化にアピールしやすく、活気ある繁華街や観光地が魅力的であることが挙げられます。しかし、競争が激しく、厳格な規制や賃料が高いことが課題となります。
成功のためには地域特性を踏まえた戦略や効果的な集客手法の導入が必要です。

これらのメリットデメリットの理解を深め、開業に向けて準備をしていきましょう!

テンポスドットコムでは、飲食店の開業に関する情報を発信しています。
ぜひご覧ください!

※開業に関して少しでも興味がある方におすすめ!「メインコンセプト・だれに・どこで・いくらで・いつ・何を・なぜ・だれが・どのように」の9つの項目を簡単に整理できる「開業コンセプトシート」と「記入例」を「無料」でダウンロードできます。

この続きをみるには

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 【体験型】がキーワード!細分化するコンセプトカフェ

  2. 居酒屋を開業し繁盛店にしたい人必見!繁盛するお店にはどのような特徴がある?

  3. 東京メトロ副都心線で居酒屋をオープンするならおすすめの駅5選!開業に必要な準備や資格も徹底解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP