静岡市で飲食店を開業する方法やメリット・デメリットを解説!

出店・開業

静岡市周辺にはお茶や青果物、魚介類などの特産品が豊富にあります。また、東海道新幹線や在来線、高速道路などの交通インフラが整っており、アクセスが良いです。

この記事では、「静岡市で飲食店を始めてみたい」「静岡市で開業するメリット・デメリットを知りたい」「静岡市で開業するにあたって情報収集したい」、という方のための情報をまとめました。

静岡市ならではの食文化や地域性を理解し、独自のアプローチで飲食店経営を成功させるためのヒントが詰まっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

静岡市の飲食店市場分析

静岡県の開業率は全国24位

2015年度の厚生労働省の調査によると、飲食店を含む静岡県の開業率は4.6%と全国で24位です。また廃業率は3.9%で、全国で14位となっています。

静岡市の飲食店の特徴

静岡市は日本茶の産地として知られており、地域の特産品である静岡茶を活かしたメニューが多く見られます。また、静岡市周辺には温泉地域が多くあり、温泉旅館や観光地には温泉地域ならではの飲食店が点在しています。温泉を楽しんだ後に食事を楽しむことができる温泉地域の飲食店も特徴的です。

静岡市で飲食店を開業するメリット

豊富な観光資源

静岡市周辺には富士山や伊豆半島、清水港など、多彩な観光地があります。観光客が多く訪れる地域であるため、観光客向けの飲食店は需要が見込めます。

地元の特産品

静岡市周辺にはお茶や青果物、魚介類などの特産品が豊富にあります。地元の食材を活かしたメニューや料理を提供することで、地元客や観光客からの支持を得やすくなります。

アクセスの良さ

静岡市は交通インフラが整っており、東海道新幹線や在来線、高速道路などが通っています。そのため、広範囲からの顧客を取り込むことができます。

地域の人口増加

静岡市は都心部からの移住者や若い世代の定住者が増加しています。地元の人口増加により、新たな飲食店の需要が生まれる可能性があります。

静岡市で飲食店を開業するデメリット

競争の激化

静岡市は飲食店が多く、競争が激しい地域です。新規の飲食店が市場に参入する際には、既存の店舗との競争に対応する必要があります。

物件の高額化

静岡市の中心部や人気エリアでは、物件の家賃や購入価格が高額化している場合があります。開業資金や運営費用がかさむ可能性があります。

労働力の確保

静岡市では人手不足が深刻化しており、適切なスタッフを確保することが難しい場合があります。特に人気のある観光地や繁華街では、スタッフの確保が課題となることがあります。

季節依存性

観光客が多い静岡市の飲食店は、季節によって客足が大きく変動する場合があります。季節依存の強い業態であれば、オフシーズンの売上を確保するための工夫が必要です。

静岡市でのおすすめの開業スタイルやジャンル

和カフェ

静岡市は日本茶の産地として知られており、地域の特産品である静岡茶を活かしたメニューが多く見られます。静岡茶を使った和菓子や抹茶を使ったスイーツ、または静岡茶を飲みながら楽しむ和食やカフェが人気です。

海鮮料理店

静岡市は太平洋に面しており、新鮮な海産物が豊富です。地域の海の幸を活かした寿司や刺身、海鮮丼などの海鮮料理が多く提供されています。

地元の郷土料理を活かしたレストラン

静岡市には独自の郷土料理があります。例えば、静岡市中心部では焼きそばが有名であり、他にも鰻の蒲焼きやわらび餅などが地元で愛されています。

観光客向けの外国料理店

静岡市は多くの観光客が訪れる地域であり、外国料理にも需要があります。地元の観光地や繁華街にある外国料理店は観光客向けの集客に適しています。

健康志向のレストラン

健康志向が高まる中、静岡市でも健康的な食事を提供するレストランやカフェが人気です。地元の新鮮な野菜やオーガニック食材を活かしたメニューが特に注目されます。

静岡市での飲食店開業における集客方法

地域密着型のPR活動

地域のイベントや祭りなどに参加し、地域住民とのコミュニケーションを図ることで、地域密着型の集客を図ることができます。地域の新聞や地域情報誌に広告を出稿することも効果的です。

SNSを活用した情報発信

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSを活用し、美味しい料理や店内の雰囲気を発信することで、若い世代を中心に幅広い層にアプローチできます。

地元の観光協会や観光施設との提携

静岡市の観光協会や観光施設と提携し、観光客向けの特典やクーポンを提供することで、観光客の誘致を図ることができます。

地元のコミュニティとの協力

地元のイベントやフェスティバルに出店するなど、地域のコミュニティと協力してイベントを企画することで、集客効果を高めることができます。

クーポンや特典の提供

新規オープンやイベント開催時に、クーポンや特典を提供することで集客を促進することができます。特に地域のポータルサイトやクーポンサイトを活用することで、広く多くの人々にアプローチすることが可能です。

静岡市で飲食店を開業するために必要な許認可と手続き

飲食店営業許可

飲食店を営業するには、自治体からの営業許可が必要です。静岡市の食品衛生課などに申請書類を提出し、審査を受ける必要があります。

建築確認申請

飲食店を開業する場合、店舗の建物が必要に応じて建築基準法や消防法などの法令に適合していることを確認するための建築確認申請が必要です。

営業税の申告

飲食店を開業すると、営業税の申告が必要です。静岡市の税務署にて事業の種類や売上などに応じた税金の申告を行います。

税務手続きを行う

開業した事業所は、国や地方自治体に税金を納めるための税務手続きが必要です。法人税や消費税など、適切な税務申告と納税が求められます。

店舗の衛生管理

飲食店では、衛生管理が重要です。衛生管理に関する規制やガイドラインに従い、定期的な衛生検査や衛生管理の徹底が求められます。

静岡市で飲食店を開業する成功の秘訣

地域の特性を理解する

静岡市の地域の特性や文化、食文化を理解し、それに合ったメニューやサービスを提供することが重要です。地元の食材や料理を活かしたメニューを用意すると、地元客からの支持を得やすくなります。

品質とサービスの向上

高品質な料理とサービスを提供し、顧客満足度を向上させることが重要です。食材の品質にこだわり、料理の味や盛り付けに工夫を凝らすと、リピーター客を増やすことができます。

顧客ニーズに対応

静岡市の顧客層や需要に合わせて、メニューや価格設定、サービスの提供方法を柔軟に調整することが求められます。常に顧客のニーズを把握し、迅速に対応することが成功の鍵です。

地域との連携

地元のコミュニティや観光協会との連携を図り、地域のイベントやキャンペーンに積極的に参加することで、地域住民や観光客との関係を深めることができます。

マーケティング戦略の策定

ターゲット層や競合店の分析を行い、効果的なマーケティング戦略を策定することが重要です。SNSや地域の情報媒体を活用し、効果的な広告やプロモーション活動を展開することで、集客効果を高めることができます。

まとめ

静岡市で飲食店を開業するメリットとして、静岡茶や富士宮焼きそばなど、独自の食文化があること、東海道新幹線や在来線、高速道路などの交通インフラが整っており、アクセスが良いことなどが挙げられます。しかし、競争が激しいこと、賃料が高いことなどが課題となります。
成功のためには地域特性にマッチした戦略や効果的な集客方法の導入が必要です。

これらのメリットデメリットを把握し、飲食店開業を目指してみてください!

テンポスドットコムでは、飲食店の開業に関する情報を発信しています。
ぜひご覧ください!

※開業に関して少しでも興味がある方におすすめ!「メインコンセプト・だれに・どこで・いくらで・いつ・何を・なぜ・だれが・どのように」の9つの項目を簡単に整理できる「開業コンセプトシート」と「記入例」を「無料」でダウンロードできます。

この続きをみるには

タグ:

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 東京23区でケーキ屋開業におすすめのエリア5選!コンセプトやターゲット別にご紹介!

  2. 渋谷区で飲食店を開業時に融資を受ける際のポイントは?開業の流れも含めて解説!

  3. 【飲食店必見】Googleマップ掲載の集客効果ってどのくらい?【事例あり】

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP