儲かるカフェにするにはどうしたらよいのか?カフェを開業する方法とは?

開業・出店

カフェの開業は、特別な知識や経験が必ずしも必要というわけではないため、誰にでも挑戦できるチャンスはあります。

しかし、カフェは「儲からない」「経営が難しい」と言われており多くの不安があるため、開業するかどうかの判断に迷う要因となっています。

いくつか資格を取得しなくてはいけませんが、難しいものではありません。

カフェは、開業費用が他の飲食店と比較して安いため、ハードルを低く設定して始められます。

開業前に明確な計画が必要であり、カフェの経験やバリスタの資格等を所有していた方が他の店舗と比較したうえで優位性が持てるのも事実です。

今回は儲かるカフェにするにはどうしたらよいのか。カフェを開業する方法についても紹介していきます。儲かるカフェを目指している人はぜひ参考にしてみてください。

カフェは実際儲かるのか?

カフェで実際に儲けることはできるのでしょうか。結論から言うと、厳しいのが現状です。主な理由は2つあります。以下のことがあげられます。

・回転率が悪い
・客単価が低い

それぞれ詳しくみていきましょう。

回転率が悪い

一つ目は、回転率が悪いことです。ラーメン店等、飲食店であれば「早く席を空けよう」と考えます。しかし、カフェは逆で「長い時間いても問題ない」という考えです。

お客様によっては、コーヒー1杯のみで1〜2時間お店で過ごすということもあります。だからといって長くいるお客様を追い出すことはできません。そのようなことをしたら、お店の評判が悪くなりやがて閉店してしまうのでしょう。

客単価が低い

二つ目は、客単価が低いことです。飲食店業界を見渡してみると、カフェの客単価はかなり低いことがわかります。

居酒屋なら1団体で2,000〜5,000円を獲得できますが、カフェはコーヒー1杯300〜500円程度ととても安いのです。

ですので、お酒のように何杯も注文しなければ、客単価が低くなってしまいます。

そのため、経営を続けるには毎日安定した人数を呼び込む必要があるでしょう。

儲かるカフェを作るには?

儲かるカフェを作るにはどのような秘訣が必要なのでしょうか。ここでは儲かるカフェを作る秘訣を紹介していきます。以下の秘訣があげられます。

・コンセプトを明確にする
・「SNS映え」を狙う
・人気エリアを選ぶ
・テイクアウトも活用する

それぞれ詳しくみていきましょう。

コンセプトを明確にする

一つ目は、コンセプトを明確にすることです。開業する地域の競合の調査やなにをコンセプトにするのか、どういったサービスを提供するのかを開業時は、明確にしておきましょう。

コンセプト作りは、ビジョンや目標を明確にして将来の成功への道筋を描くため、時間をかけて作成しましょう。

メニューや価格設定。さらには、ターゲット顧客や競合分析を計画する必要があります。

「SNS映え」を狙う

二つ目は、「SNS映え」を狙うことです。儲かるカフェにするためには、宣伝は必要不可欠です。

特に、SNSは効果的な宣伝手段として大きな役割を果たしています。SNSを活用すれば、広告・宣伝費用をかけずに多くの人に伝達できます。さらに、カフェの知名度を高められるでしょう。

SNSは口コミや評判を広める「噂」のようなものです。きれいな写真や個性溢れる投稿を通じて、室内の雰囲気や映える料理を披露して顧客に興味を持ってもらいましょう。

SNSを活用することで、新規顧客を引き寄せ、リピーターを増やせます。

人気エリアを選ぶ

三つ目は、人気エリアを選ぶことです。カフェの集客力は人気エリアであるかどうかによって影響されます。

カフェはお店の前まで行って立ち寄るのが基本です。わざわざカフェまで足を運ぶ人もいますが、あくまで少数派に限ります。

人通りが少ない路地に開業したとしても、無名の自営店であれば集客は難しいでしょう。そのため、人気エリアに開業しましょう。

テイクアウトも活用する

四つ目は、テイクアウトも活用することです。カフェというのは、客単価が低いためどうしても回転率が悪くなってしまいます。

満席のカフェを見て去っていくお客様もいるため、テイクアウトを活用するとよいでしょう。

たとえ、満席でなくてもコーヒーの飲み歩きやお持ち帰りの需要はあるため、コーヒーの味に親しみが感じ取れればリピーターも増えます。

カフェに必要な厨房機器・調理道具を見る

カフェを開業する方法

カフェを開業するにはどのような方法があるのでしょうか。ここではカフェを開業する方法をいくつか紹介していきます。以下の方法があげられます。

・フランチャイズとして開業する
・カフェで実際に働いてから開業する
・学校に通って開業する

それぞれ詳しくみていきましょう。

フランチャイズとして開業する

一つ目は、フランチャイズとして開業することです。フランチャイズは、フランチャイズ本部となる親企業に、加盟店が対価を支払ってブランド名や看板を使う権利や経営知識を得て事業を行うビジネスシステムです。

フランチャイズによって、認知度や支援を受けながらビジネスを始められます。研修制度を用意している本部もあるので、開業初心者にとっておすすめの方法といえます。

しかし、フランチャイズは既存のブランドやシステムに依存しているため、独自性や自由度に制限があります。

また、初期投資や対価が発生するため、財政面やフランチャイズ契約の内容を踏まえ契約をするかどうか検討しましょう。

カフェで実際に働いてから開業する

二つ目は、カフェで実際に働いてから開業することです。これは、カフェで実務経験を積んで独立する方法です。

実際にカフェで働くことで、喫茶店の運営に関する実践的な知識や経験を身につけられるのでしょう。

また、カフェの雰囲気やお客様の要求を理解できるようになるため、儲けるチャンスが高まります。

しかし、一度カフェで働くことになるため、今すぐに開業できないという欠点があります。特に、流行りに沿ったカフェを開業したい場合、流行りがすぐに終わってしまうこともあるため、注意が必要です。

学校に通って開業する

三つ目は、学校に通って開業することです。カフェ経営の専門知識や経験を身につけるために、カフェに特化した学校に通う方法があります。

カフェに特化した教育機関では、経営戦略やカフェの運営。さらに、調理するうえで必要となる能力や知識を習得できます。

しかし、学校に通うことで能力や知識を習得できますが、学費や時間のコストが発生してしまうのでしょう。

また、実際の運営経験ができないため、学んだ理論を実践できるかどうかは開業してからではないとわかりません。

まとめ

今回は儲かるカフェにするにはどうしたらよいのか。カフェを開業する方法についても紹介してきました。

儲かるカフェにしたい場合は、コンセプトを明確にして新規顧客の獲得のために「SNS映え」を狙うといった方法を活用して開業に取り掛かりましょう。

カフェ開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録