カフェで儲けることはできるのか?カフェ経営を成功させる秘訣とは?

開業・出店

「いつかカフェを開いて、悠々自適に生活することが将来の夢」というように、コーヒーの専門店やカフェを開業することを「理想」とする人がいるのではないでしょうか。

夢を追いかけていても現実的に考え「開業は厳しいのでは?」「失敗したらどうしよう」と人は新しい挑戦に対して不安を抱えてしまうものです。

実際にカフェを開業するためにはどれくらいの知識や資金が必要なのでしょうか。

今回はカフェで儲けることはできるのか。カフェ経営を成功させる秘訣について紹介していきます。カフェで儲けたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

カフェ経営は儲かるのか?

実際にカフェ経営では儲かるのでしょうか。「カフェを開業して実際に儲かるの?」という質問に対して、おそらく大半の現役カフェ店主や元カフェ店主は、「儲からない」と答えるのではないでしょうか。

なぜなら、カフェの経営は客単価が低いうえに、回転率も非常に悪いからです。あるカフェ店主に話を聞くと、「収入は開業時で月収10万円。1年で月収10〜20万円程度、1年で月収30万円に到達できれば上出来」と答えています。

日本におけるカフェ・喫茶店業界はどのようになっているのでしょうか。

全国の喫茶店・カフェ店主1,180社の2017年の売上高合計は、前年度4.6%増の6,415億3,200万円となり、拡大傾向になっています。

(出典元:帝国データバンクの「喫茶店・カフェ経営業者 1180 社の経営実態調査(2018年版)」)

売上高の拡大を牽引する、スターバックスコーヒージャパンやドトールコーヒーの大手カフェチェーンが、売上高の42.6%を占めているのが現状です。自営店でのカフェ等はほとんど儲かっていないといえるでしょう。

日本では、コーヒーの消費は堅実であることから顧客が固定化しやすいため、業績を安定させることは難しくありません。

しかし、自営店や小規模法人のカフェ経営はマニュアル化された大手カフェチェーンとは異なり、人手不足の問題や場所の必要性に合ったサービスの提供。さらに、サービスの品質向上や均一化等、経営をコントロールする難易度は高くなってしまいます。

カフェを開業して利益を出すには、このような現状を理解したうえで、軌道に乗せるまでの資金繰りや売上確保を考えることが重要です。

自営店としてカフェを経営する際の売上は?

自営店としてカフェを経営する場合、売上はおよそいくらになるのでしょうか。カフェ経営で独立して自営店として開業する場合、いったいどれくらいの売上になるのか気になりますよね。


売上は店主の収入にかかわってくるため、お店によって異なるというのが現状です。そこで、例をあげて紹介していきます。

たとえば、お店の席数が30席、客単価1,200円、回転を5として計算してみます。この場合、座席数が30席の飲食店に1日に20人のお客さんが来店した場合、1回転としましょう。

客単価×席数×回転数=売上

売上を求める際は、上記の計算式を用います。

1,200円×30席×5回転=18万円

1日の売上は18万円です。1カ月に20日営業した場合、月商360万円です。この月商から店主の毎月の収入を計算する際は、人件費を含む経費を差し引く必要があります。月商360万円の店舗の経費目安(売上高の90%を経費にした場合)324万円を引いて約36万円が利益です。


ただし、カフェ経営に限らず、年収が増加したからといって「店主の年収がそのまま右肩上がり」ではないことを理解しておかなくてはいけません。


売上というのは先程の計算式でも記載したとおり「客単価」や「席数」。そして、「回転数」で決定されています。儲けるために、単価を上げることもできなくはありませんが、多くのお店では顧客が増えることによって売上も伸びていきます。

当然、顧客は多くなればなるほど、スタッフの人員確保が必要になり人件費もかかってしまうのです。

人件費は経費の中でも多くを占めているため、収入が増えたとしても店主の年収がそれに影響して増えにくいというのは人件費が影響しているからです。


ただし、工夫によっては経費を抑え可能な限り店主の収益を増加させることもできます。そのため、開業前は運営方法の知識等を学習しておく必要があるでしょう。

カフェに必要な厨房機器・調理道具を見る

カフェ経営を成功させるには?

カフェ経営を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。成功させるために以下のことに注意して開業に取り掛かりましょう。

・以前からあるカフェの真似をしない
・経験や技術に慢心しない

それぞれ詳しくみていきましょう。

以前からあるカフェの真似をしない

一つ目は、以前からあるカフェの真似をしないことです。たとえば、長い間経営している老舗のカフェというのは、長く続けられる魅力や秘訣を持っているのでしょう。

しかし、これから開業しようとしているカフェを老舗カフェのやり方をそのまま真似しても上手くいく可能性は低いといえます。

ある一定の認知度があり、多くの顧客を獲得している老舗カフェでは、価格が高めのメニューであっても受け入れられたりします。さらに、多少混雑しており待ち時間が長くなったとしても許されたりすることがあるのです。

固定客や熱心な愛好者がついているお店では通用するサービスが、開業まもないお店で通用しないことや混雑時のメニュー提供の遅さ等が影響して、リピーターを失ってしまう恐れがあります。

真似できる箇所は上手く真似をして、結果的には来店するお客様の気持ちを考えてサービス提供をできるようなお店づくりをする必要があります。

経験や技術に慢心しない

二つ目は、経験や技術に慢心しないことです。長い間飲食店で働いていたからカフェ開業は問題ない」「調理の経験が長いため、美味しいメニューがたくさん作れる」といった自信を持つのはとてもよいことです。

接客や調理の技術に経験があるに越したことはありません。しかし、接客や調理の経験だけの場合、売上や利益を確保することが難しい可能性があります。

メニューの価格決定や仕入を確認しながら店主として利益を出せるように集客を行うなど、カフェ店主として知識を多く学ぶ心構えを持つことも非常に大切です。

まとめ

今回はカフェで儲けることはできるのか。カフェ経営を成功させる秘訣について紹介していきます。

カフェの売上は大手カフェチェーンが大半をしめている一方で、チェーン店にはない独自のお店を開業して儲けている人もいます。

カフェ経営を諦めるのではなく、自分にしかできないカフェを開いてお客様に喜んでもらえるような接客や料理提供をしましょう。

カフェ開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録