食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ)の販売・買い取りの事なら厨房機器と飲食店開業支援のテンポスドットコムへ

新品商品を探す

中古商品を探す


小物商品15,000円以上送料無料



全国のバスターズ店舗でも商品は取り扱っております。お近くの店舗で中古厨房機器を探してみませんか?
詳しくはこちら


お客様の声
メンテナンスサービス
いらっしゃいませ ゲストさん

業務用厨房機器と調理道具テンポスドットコムホーム > 特集 > 厨房機器徹底比較 > 食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ)

人気の食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ)の性能徹底比較

食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ)のおすすめ4つから性能や特徴の違いを見比べて、御社の店内に適した機種をお選びください。

食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ) 性能比較

下の表は、横へスライドしてご覧ください。

メーカー

テンポスバスターズ

ホシザキ

マルゼン

パナソニック

外観 テンポスバスターズ 食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ) ホシザキ 食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ) マルゼン 食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ) パナソニック 食器洗浄機 100V(アンダーカウンタータイプ)
型式 TBDW-400U1 JWE-400TUB MDKLT8E DW-UD44U
おすすめの商品に
いいね!を押してください
当社販売価格 408,900円 -円 493,020円 425,233円
メーカー希望価格 定価1,080,000円 定価-円 定価986,040円 定価1,100,520円
詳細 / 購入 テンポスバスターズ
TBDW-400U1を
購入する >
ホシザキ
JWE-400TUBを
購入する >
マルゼン
MDKLT8Eを
購入する >
パナソニック
DW-UD44Uを
購入する >
製品評価 > > > >
外形寸法 幅600×奥行600×高さ800mm 幅600×奥行600×高さ800mm(~820) 幅600×奥行600×高さ800mm 幅600×奥行600×高さ850mm
ラック寸法 幅500×奥行500mm 幅500×奥行500mm 幅500×奥行500mm -
ラック処理数 40ラック/時 40ラック/時 短:60ラック/時
中:40ラック/時
長:20ラック/時
42ラック/時
処理能力
(メーカー目安)
茶碗:1000個/時
中皿:800枚/時
丼:640個/時
グラス:1440個/時
大皿(直径230mm):640枚/時
カップ:800個/時
タンブラー:1440個/時
- 皿:672枚/時
グラス:1512個/時
どんぶり:378個/時
サイクル時間 標準58秒
洗い40秒→休止5秒→すすぎ13秒
標準90秒
(本洗い78秒、休止5秒、すすぎ6秒、休止1秒)
- -
給湯設備 この商品は、給湯器が別途必要になります 約75℃以上
[給湯器]10号
※こちらの商品は作業効率上、給湯器との併用をおすすめします。
14号以上の給湯設備が必要 16号程度の給湯器が必要
電源 単相100V[50/60Hz] 単相100V[50/60Hz] 単相100V[50/60Hz] 単相100V[50/60Hz]
最大消費電力
(50/60Hz)
1.4KW 1220/1220W 1200W 4.41/4.42kW
電源プラグ 接地形2極差込
コンセント形状画像
アース線付、L型プラグ
サンデン 電源コンセント形状 冷凍ストッカー
接地形2極差込
コンセント形状画像
接地形2極差込
コンセント形状画像
付属品 フレキニップル(13A)1個、ニップル(15A)1個、 中間コック(15A)1個、ホースニップル(6A)1個、 ホースバンド(直径10)1個、ホース(直径10)1本、 排水ジャバラホース1本、ラック1個 万能ラック(500×500mm)1個、排水用エルボ2個、 メンテシート1個、洗剤用ストレーナ1個、洗剤用パイプ1個 万能ラック(500×500mm)×1、15A Yストレーナー×1、15Aフレキシブル、継手付×1セット ラック1個、配管ストレーナ1個、フレキシブルホース1本
詳細 / 購入 テンポスバスターズ
TBDW-400U1を
購入する >
ホシザキ
JWE-400TUBを
購入する >
マルゼン
MDKLT8Eを
購入する >
パナソニック
DW-UD44Uを
購入する >
皆様のレビューをお待ちしております。

食洗機の選び方

■タイプから選ぶ

アンダーカウンタータイプ

●アンダーカウンタータイプ

業務用食器洗浄では一番小型のタイプで、シンクなど厨房内の機器と高さが揃う800mm前後の高さの食器洗浄機です。
カウンターの下にも設置可能なタイプのためアンダーカウンタータイプと呼ばれます。

天板に水切りが付いた機種が多く、省スペースに優れますので、比較的に小型の厨房におすすめです。
省スペース性を損なわないように、ブースター外付けタイプよりも貯湯タンク内臓タイプが圧倒的に人気があり、おすすめです。

食器洗浄機の高さの高い機種はドア開口部の高さも高く、より大きめの食器を洗うことができます。
食器洗浄機本体の高さだけでなく、開口部の高さも必要十分かどうかチェックをお忘れなく。
また、ラックの出し入れが他の機種に比べて低い位置になる点もご注意ください。
小型ドアタイプ

●小型ドアタイプ

比較的中規模の厨房に人気のタイプです。
ドアの開口方向が正面、右、左、左右両方(パススルー)と選べるため、設置場所と作業動線にあわせることが可能です。

後述するドアタイプよりも小型で省スペース性が好まれることや、ドアタイプほどの洗浄力能力を重視されないことから、貯湯タンク内臓タイプが人気のタイプです。
ドアタイプ

●ドアタイプ

大パワーの洗浄能力で、比較的大型の飲食店・厨房に人気のタイプです。
また、パワーだけでなく扉の開口部も他のタイプよりも大きいため、比較的に大皿を多用するイタリアンや中華などの業態でも人気です。
シャッタータイプ ●シャッタータイプ

食器洗浄機の上部からの出し入れで小規模店舗向けの機種です。
アンダーカウンタータイプよりもラックの位置が高くなり作業性は高まりますが、その反面、扉開口部の高さが低くなりますので洗える食器の大きさが小さくなることに注意が必要です。
フロントローディングタイプ

●フロントローディングタイプ

アンダーカウンタータイプの高さが高くなったようなタイプです。
その分、当然カウンターの下に収めることはできませんが、ラックの出し入れの位置が高くなり、かがむ必要がなく作業性が高まります。

また、アンダーカウンタータイプと同様に天板に水切りが付いた機種が多く、スリムな本体サイズとあいまって省スペース性に優れたタイプです。
この省スペース性を活かすために貯湯タンク内臓型が好まれます。

■給湯設備から選ぶ

貯湯タンク内臓型

貯湯タンク内臓型

お湯を貯める電気ヒーター付きのタンクを内臓するタイプです。
貯湯タンクを内臓していても、給湯器からのお湯を食器洗浄機へ供給する必要があり、電源が100Vの機種よりも200Vの機種の方が貯湯タンクのヒーターが強力なため給湯器の号数が小さくてすみます。
(ご参考:給湯器の号数とは、水温を25℃上げたお湯を1分間に出せるリットル数です。
水温が15℃の時に水温を25℃上げた40℃のお湯を1分間に24リットル出せる給湯器を24号と呼びます。)

200Vであっても外付けガスブースターと比較すると非力なため、外付けガスブースタータイプよりも給湯器が大型になってしまうデメリットがある一方で、外付けガスブースターのように消防法上フードを設ける必要がないというメリットがあります。
ブースター外付型

ブースター外付型

ブースターとは給湯器から供給されたお湯を、食器洗浄がすすぎ時に必要とする湯量と温度まで高めるためのものです。
パワフルな外付ブースターを選択することにより、給湯器の号数が小さくてすむメリットがある一方で、消防法上フードが必要となるデメリットがあります。
水道直結型

水道直結型

ガスブースターの能力が強力に向上させたタイプで、給湯器なしで水道を直結して使用できるタイプです。
給湯器を設置できない店舗でも使用できるメリットがありますが、ブースター外付けタイプなど他のタイプよりも食器洗浄機の価格が高額になるデメリットがあります。

■食器洗浄機の設置時の注意点

給湯器を別々に設置する場合

シンクと食器洗浄機で給湯器を別々に2台設置する場合

食器洗浄機用は給湯温度80℃を必要としますので、食器洗浄機専用の給湯器は80℃一定の温度設定にしますのでリモコンなどは不要です。
シンク用の給湯器には厨房内にリモコンを設置して給湯温度を調節できるようにすると、高価な混合栓を使用せずに済み安価な単水栓で済ませることができておすすめです。
(給湯器のリモコンは数千円程度ですが、混合栓は1つ1万5千円前後しお湯を使いたい箇所の数だけ必要になるためです)

この方法は、給湯器を2台設置可能な店舗である必要があります。
またプロパンガスの店舗の場合、交渉次第でかなりの確率でプロパンガス屋さんから給湯器を無償で提供してもらえます。
給湯器を共有する場合

シンクと食器洗浄機で給湯器を共有する場合

シンク用と食器洗浄機用の給湯器を1系統でまかなう場合、食器洗浄機が約80℃のお湯を必要とするため、そのままではシンクでは火傷してしまう温度のため使用できません。

そのためシンクのカランは混合栓と呼ばれる、水とお湯の混合比率をレバーで調整して温度調節できるカランを使用する必要があります。

単水栓に比べ高価な混合栓を使用しなくてはなりませんが、給湯器を1台しか設置できない物件でも食器洗浄機が使用できるようになるメリットがあります。