こんな人は飲食店開業、やめたほうがいい。飲食店開業のリスク

出店・開業

飲食店開業は多くの人にとって魅力的なビジネスの一つですが、その一方で高いリスクも伴います。成功するためには、熱意と努力だけではどうにもなりません。適切な計画とリスク管理が不可欠です。この記事では、調理専門学校を卒業したり、脱サラをして飲食店開業を考えている人に向けて、開業してしまう前に飲食店開業のリスクについても考えるきっかけにしてください。

飲食店の5年生存率、実は ●●%?!

日本では、飲食店は年間約2万件の飲食店が新たに誕生しています。飲食店は資金と場所、食品衛生許可や営業許可のライセンスなどがあれば、誰でも始めることができます。そのため参入障壁がかなり低いのです。

老舗のお寿司屋さんで何年も修行をして、やっと独立する人もいれば、会社を定年退職して喫茶店やスナックを始める人もいます。飲食店はどんな人でも始めることができるからこそ、競争も激しい業界です。

実は、飲食店の5年生存率は45%と言われています。開業しても5年以内に約半数の人が何かしらの理由でお店を畳んでいるということになります。始めやすくて、継続が難しい業界だと認識して始めるようにしてください。

こんな人は飲食店開業をやめたほうがいい!

競争の激しい業界なので、どんなに「飲食店をやりたい!」と思っていても、向いていない人もいます。今回は始める前に自分は向いているのか、向いていないのかチェックしてみましょう。

飲食店開業に向いていない人の特徴7選

飲食店を開業することは、大変な努力と責任を伴う挑戦的な事業です。成功するためには、適切なスキルや特性が必要になります。飲食店開業に向いていないとされる一般的な特徴をいくつかまとめて見ました。自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

①ストレスへの対処が苦手な人: 飲食業界は忙しい環境であり、予期せぬ問題やストレスが日常的に発生します。そのため、ストレスに対処する能力がないと、運営が困難になる可能性があります。

②柔軟性に欠ける人: メニューやサービスの変更、急な人員不足など、飲食業界では予測不可能な状況に対応する柔軟性が求められます。柔軟性に欠ける人は、変化に対応するのが難しいかもしれません。

③料理や食品に興味がない人: 飲食業界で成功するためには、料理や食品に対する情熱と興味が必要です。食材の選定や調理方法に関する知識がないと、メニューの開発や品質管理が難しくなるでしょう。
テンポスでは仕込み入らずの食材通販「ミクリード」をご紹介しております。
下記リンクからのお問い合わせでサンプルが2品無料になりますので、開業する方はぜひお試しください。

食材通販「ミクリード」|テンポス

④コミュニケーション能力が低い人: 飲食店はお客様とのコミュニケーションが欠かせません。サービスの質や問題解決能力は、顧客との関係を築く上で重要です。

⑤労働時間や労働環境への耐性がない人: 飲食店は通常、朝から深夜まで営業することが多く、休日や祝日も働くことが多いです。また、厨房での長時間の立ち仕事や体力的な労働も求められることがあります。

⑥財務管理能力が低い人: 飲食店経営は収益と費用のバランスを取ることが重要です。財務管理能力が低いと、予算の管理や収益性の向上が難しいかもしれません。

⑦自己管理が難しい人: 飲食店経営は継続的な努力が求められます。自己管理が難しい人は、経営計画や運営の日々のタスクをこなすのが難しいかもしれません。

以上の特徴はあくまで一般的な指針であり、個人の状況や変化によって異なる場合がありますが、飲食店経営は、従業員ともお客さんともコミュニケーションを取らないといけないですし、お店がOPENする前、CLOSEした後にも仕込みや締め作業があり、長時間の労働になります。

コミュニケーション能力も忍耐力も必要なのは言うまでもありません。

飲食店開業で経営者が陥りやすい落とし穴

この記事では何度もお伝えしておりますが、飲食店経営は競争の激しい業界です。生き残るためには、OPENする前から対策を練る必要があります。日本の人口は年々減っているのに、飲食店の数は増えているので、ただお店を開いただけではお客さんは来店してくれません。

5年でお店を閉めてしまう飲食店の経営者が陥りやすい落とし穴を3つ紹介します。これからお店を始める方はまずはこの3つを意識して改善しましょう。


メニューやコンセプトの迷走

飲食店の成功は、独自性のあるメニューやコンセプトを提供することで差別化を図ることが重要です。しかし、適切な戦略やコンセプトを見失うと、顧客の混乱や経費の増加といった問題が生じる可能性があります。以下に、このテーマについて詳しく掘り下げてみましょう。

メニューやコンセプトの差別化の重要性

顧客が飲食店を選ぶ際、ユニークで魅力的なメニューやコンセプトが重要な要素となります。差別化されたメニューやコンセプトは、競合他社との競争に勝ち、顧客の関心を引き付けるための有利な手段です。顧客は新しい体験や料理を求めて飲食店を訪れますので、その期待に応えることが成功の一環となります。

迷走によるリスク

顧客の混乱: 過度に多様な料理やコンセプトを提供すると、顧客が何を選べば良いのか分からなくなる可能性があります。メニューが複雑すぎたり、コンセプトが一貫性を欠いたりすると、顧客の混乱や選択肢の過多感が生じる可能性があります。

効率性の低下: 多様なメニューやコンセプトを運営するためには、調理方法や材料の確保、スタッフのトレーニングなどの面で効率性が低下する可能性があります。これにより、運営のコストや手間が増加することがあります。

品質の低下: メニューやコンセプトが多様すぎると、料理の品質や提供の一貫性が維持しづらくなることがあります。品質の低下は顧客の不満を招き、信頼を失う原因となります。

適切な戦略の確立

ターゲット市場を分析: どのような顧客をターゲットにするかを明確にし、その顧客層に合ったメニューやコンセプトを考えましょう。例えば、ファミリー向け、カジュアル、高級志向など、ターゲットに合わせたコンセプトが重要です。

特徴的なアイデンティティの構築: 飲食店の個性やアイデンティティを明確にし、それをメニューやコンセプトに反映させましょう。自社の強みや特徴を活かした提案を行うことで、差別化を図ることができます。

シンプルで一貫性のあるメニュー: メニューはシンプルで、提供できる品質と一貫性を保つことが大切です。多くの料理を提供するのではなく、少数の料理に集中して品質を高めましょう。

顧客のフィードバックを受け入れる: 顧客の意見やフィードバックを受け入れ、適宜メニューやコンセプトを改善しましょう。顧客の声を反映させることで、より好評価を得ることが可能です。

飲食店の成功は、差別化されたメニューやコンセプトを提供することによって築かれますが、その際にはターゲット市場を理解し、独自性を保ちつつもシンプルで効果的なアプローチを採ることが重要です。

競合への対応不足

競合が増える中で、適切なマーケティングやサービスの向上を怠ることは、飲食店の存続と成功に大きな影響を及ぼす可能性があります。以下に、このテーマについて詳しく解説します。

競争の激化とその影響

飲食業界は競争が激しい業界の一つです。新たな飲食店が増えると、顧客の選択肢が増えるため、顧客を引き留めるためには差別化されたアプローチが必要です。競合が増える中で適切な対応を怠ると、顧客が別のお店へ流れてしまい、言わずもがな収益が低下してしまいます。そのためにも競合を知り、分析し、適切なマーケティングを行うことが重要です。

適切なマーケティングの重要性

ターゲット市場の理解: 自社のターゲット市場を正確に理解しましょう。どんな年代のどんな好みの人にも好かれるお店を目指すという方は多いですが、ターゲットをある程度絞らないと先述したお店のコンセプトの迷走に繋がってしまいます。きちんと顧客のニーズや好みを把握し、どの層をメインターゲットにするのか、またそれに合った戦略を展開できるかが重要です。

差別化: 競合との差別化ポイントを強調し、ユニークな価値を提供することで、顧客の関心を引きつけましょう。独自のメニューやコンセプト、サービスの提供が差別化の一環です。

サービスの向上と顧客体験

品質の維持: 競争が激化したり、原材料費の高騰があっても、料理やサービスの品質を維持するようにしましょう。価格を上げずに品質を低下させるよりも、味に自信があるお店は少し値段を上げてでも品質を保つ方が良い戦略です。最近は値段も上がって、品質が落ちていることが多いですが、そうなると消費者はがっかりして不満に思ってしまいます。

顧客体験の向上: 顧客が店を訪れた際の体験を向上させることで、顧客の満足度とファン度を高めることができます。丁寧な接客や居心地の良い環境づくりに努めましょう。お店でイベントを開くのもいいですね。

フィードバックの受け入れ: 顧客からのフィードバックを真摯に受け入れ、改善に取り組む姿勢を示すことが大切です。顧客の声を反映させることで、サービスの向上ができます。

マーケティングと宣伝の不足

優れた料理とサービスだけでなく、効果的なマーケティングと宣伝も重要です。顧客にお店を知ってもらわなければ、集客はできませんよね?そこで重要なのが飲食店経営におけるマーケティングと宣伝になります。

飲食店経営におけるマーケティングと宣伝の重要性

飲食店を運営する際、素晴らしい料理とサービスだけでは十分ではありません。効果的なマーケティングと宣伝も同様に重要です。顧客に店を知ってもらい、訪れていただくためには、積極的なアプローチが必要です。以下で、マーケティングと宣伝の重要性について詳しく見ていきましょう。

ブランド認知の向上

マーケティングと宣伝は、飲食店のブランド認知を向上させるための重要な手段です。適切な戦略を用いて店名やロゴ、特徴的なメニューなどを広めることで、顧客の脳裏に印象を残すことができます。ブランドが認知されることで、顧客はあなたの店を選びやすくなります。

ターゲット市場へのリーチ

マーケティングは、特定のターゲット市場に対して効果的にアプローチする手段を提供します。例えば、ファミリー向け、若者向け、ビジネス向けなど、異なるターゲットに合わせてメッセージや広告をカスタマイズすることで、関心を引きやすくなります。

競争力の向上

競合が増える中で、優れた料理とサービスだけでなく、独自のマーケティング戦略を持つことで競争力を向上させることができます。他の飲食店と差別化し、特有の価値や魅力をアピールすることで、顧客の選択肢の中で特別感を演出できます。

インフォーメーションの提供

マーケティングと宣伝を通じて、顧客にメニューや特典、営業時間などの情報を提供することができます。これにより、顧客が求める情報を手に入れやすくなり、店舗訪問の意欲が高まります。

オンラインプレゼンスの構築

今や、インターネットは情報を収集する主要な手段の一つです。ウェブサイトやソーシャルメディアを活用して、オンラインプレゼンスを構築することで、新たな顧客との接触を増やすことができます。オンラインプレゼンスは、店舗の雰囲気や特徴をアピールする場としても重要です。

顧客関係の構築

マーケティングと宣伝は、顧客との関係構築にも役立ちます。定期的なニュースレターやキャンペーンの発信を通じて顧客とのコミュニケーションを深め、顧客の忠誠心を高めることが可能です。

優れた料理やサービスは成功の基盤ですが、それを広く知らせるためには効果的なマーケティングと宣伝が欠かせません。ブランド認知の向上、競争力の向上、顧客関係の構築など、マーケティングの重要性は多岐にわたります。飲食店経営者は、料理の提供だけでなく、戦略的なマーケティングの計画を立てて、成功に向けて努力することが大切です。

飲食店を繁盛店にする方法

飲食店の成功に決まった正攻法ありません。お店の立地や客層、営業する時間帯に合わせて色々な手を打って行く必要があります。飲食店の中でもとくに個人飲食店は、味にこだわるお店が多いですが、味がいいからと言って接客を疎かにしてはいけません。結局は人と人です。

味はもちろん、お客様とのコミュニケーションも大事にして「また来たい」と思ってもらえるようなお店にしていきましょう。

まとめ

テンポスでは飲食店を始めるための物件探しから、内装工事、厨房機器の販売、集客販促のサポート、経営サポート、残念ながら閉店する際の閉店サポートなど飲食店のことなら幅広く支援しておりますので、飲食店開業でお困りのことがありましたら、テンポスにお任せください!
また、これから開業される方、開業後半年未満の方限定で味の素の調味料セットを応募者全員にプレゼントしております。ぜひ応募いただき、メニュー開発にお役立てください。

味の素調味料セットの応募はこちら

サービス一覧|テンポスフードプレイス

 

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 焼肉屋開業は儲かる?焼肉屋開業のメリット・デメリットを解説!

  2. カフェ開業は儲かる?カフェ屋開業のメリット・デメリットを解説!

  3. 飲食店経営者必見!廃油回収サービスとBBFRY活用で経済的・環境的メリットを最大化!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP