焼肉屋開業は儲かる?焼肉屋開業のメリット・デメリットを解説!

出店・開業

焼肉業態は、男女や年齢を問わず、ファミリーやグループ、カップル、お一人様など、幅広い客層に人気です。
ハレの日需要が高いので安定した集客が見込むことができ、客単価も高いのが特徴です。
しかし、焼肉業態は、コロナ過で出店が相次ぎ、競争が激しくなっています。また、飲食店の中でも開業資金が非常に高い部類に入ります。
ここでは、焼肉屋開業・経営を成功に導くためのポイント・注意点について、メリット・デメリットを交えながら項目ごとに説明していきます。

焼肉屋開業のコンセプト・形態

ここでは、焼肉屋のコンセプト・また形態について解説していきます。

コンセプト

飲食店を開業する際には、どんなお店にするかというコンセプトが大切になります。
飲食店におけるコンセプトは、7W「When」「Where」「Who」「Whom」「What」「Which」と2H「How」「Howmuch」からなる「7W2H」の観点から考えていきましょう。

形態

焼肉屋は、すべてを一から自分で行う「単独店」と、親企業からブランド名や商品・サービスを使う権利をもらう「フランチャイズ(FC)」、加盟店同士が組織を結成して運営する「ボランタリーチェーン(VC)」などがあります。

単独店

単独店では、メニューはもちろん、店内の内装や家具、サービス内容に至るまで、自分の思い通りに揃えていくことができます。
また、自身の求める素材や味を納得のいくまで追求し、こだわることができる自由度の高さがあります。

一方で、開業手続き、開業資金と物件の確保、店舗の設備や調理道具・食器購入、仕入れ先や人材の手配など、開業するために必要なことはたくさんあり、全てを自分でやらなければいけません。
また、個人店の場合は、店舗のPRのための営業スキルも求められます。

フランチャイズ(FC)

未経験でも開業しやすく、ビジネスリスクが低いこと、資金の融資が受けやすいことなどがメリットとなります。

一方で、利益に関係なく加盟金・ロイヤリティーなどの支払い義務があること、様々な規制があり経営の自由度が低いこと、ブランド毀損による影響を受けやすいことなどが課題となります。

ボランタリーチェーン(VC)

本部からのノルマや規則などが比較的緩いため、各店舗によって独自のメニュー開発やサービス展開を行い独創性を打ち出していくことができます。また、本部がメーカーからまとめて仕入れるため、コストを引き下げることができます。
仕入れコストが下がると、今までと同じ売上でも利益率はUPします。

一方で、フランチャイズのように強固なバックアップがないため、店舗の経営努力がより必要になってきます。また、知名度の高い大手のフランチャイズチェーンと比べて知名度の高い飲食店は少ないため、自分たちで集客のための対策を考え、努力をしていく必要があります。

焼肉屋開業のメリット・デメリット

ここでは焼肉屋開業におけるメリットデメリットについて紹介していきます。

焼肉屋開業のメリット

 老若男女問わず幅広い世代に人気の業態

焼肉は、子どもから大人まで年齢や性別を問わず好まれるメニューです。そのため、市場が安定しています。元より人気のあった焼肉ですが、”肉ブーム”が到来により、”肉フェス”など肉をテーマにしたイベントや「熟成肉、赤身肉、ジビエ」など食のトレンド発信も多く、焼肉業界の更なる成長にもつながっています。

特別な日の外食などで安定的に利用される定番の業態

焼肉屋は、誕生日などの記念日や学校行事の後に外食に選ばれることが多く、外食市場の低迷に影響を受けにくい業態だといえます。一番の魅力は、自分のこだわりを詰め込んだ、思い通りの店を作れるところでしょう。お肉好きの顧客による”一人焼肉”ブームも焼肉業界の新たな需要となっています。

他の業態と比較して、圧倒的に客単価が高い

焼肉は、コースや複数のメニューを注文されることが多く、ドリンクの注文も受けやすいため、他の業態と比較すると圧倒的に客単価が高い業態と言えます。

調理の手間の低減と、調理スタッフが少なく済むため人件費の削減ができる

主にお客様自身が調理(肉を焼く)する、セルフクックスタイルですので、調理の手間や調理スタッフの削減が可能です。

焼肉屋開業のデメリット

大手の焼肉チェーン店が台頭し、個人店は押されぎみ

好調な焼肉業界は、外食産業では注目の業態となっているため、大手チェーンの出店も相次いでいます。

必要とする設備が多く、初期費用が高くなりがち

焼肉屋は、テーブル一台ごとに無煙ロースターや七厘フードといった調理器具が必要なうえ、吸排気設備や、それを設置するためには屋外の排気ダクト工事が必要なため初期費用が高額になりがちです。機械を導入する場合、製麺機や周辺機器を揃えるだけでも多くの費用がかかります。

業界全体での人件費や食材の高騰

飲食業界全体おいて、人件費および国産牛など食材の高騰によるコスト増加の傾向が続いています。そのため、業務の効率化やコストダウンなど対策を講じる必要があります。

消費者の節約志向と中食市場の拡大

背景には消費者の強い節約志向、内食および弁当や総菜などのテイクアウトやデリバリーなど中食市場の拡大により、外食産業の成長は鈍化しています。どのような点で失敗しやすいのか、また成功するためにはどこに気をつけるとよいかをご紹介いたしますので、リスク回避の材料にしていただけたらと思います。

焼肉屋の開業に必要な準備

開業場所選び

人人通りや駐車場の有無、周辺の競合店の有無などを考慮して、開業場所を決定します。

 許認可の取得

営業許可や衛生管理、消防法規など、開業に必要な法的手続きを確認し、遵守します。

資金計画の策定

開業資金の調達方法や必要経費を明確にし、資金計画を立てます。

メニューの開発や価格設定

焼肉の種類やセットメニュー、ドリンクメニューなどを検討し、顧客ニーズに合ったメニューを設計します。

成功のポイント

  業態の現状の把握

競合の多い焼肉業界で生き残っていくためには、焼肉業界の現状の把握や市場調査が重要になります。
どのような焼肉屋にするかが決まったら、出店予定エリアの競合店調査を行いましょう。

競合店調査では、①どのような飲食店が繁盛しているか、②内外装やスタッフの接客、③メニュー内容、④平日と休日、時間帯別や曜日別のお客様の動向などを調べます。

明瞭なコンセプトの設定

メインとなるコンセプトを設定することはとても重要です。ブレのないコンセプトは、顧客の心をつかみます。
焼肉屋といっても、客単価2000円程のリーズナブルな店舗から、客単価数万円の高級店まで様々に展開されています。
成功している既存する店舗では、安さに特化した店舗や、「熟成肉」「希少部位」などを扱った高級店など専門性を持った店舗の2極化が進んでいます。
どのような人たちをターゲットとするか、出店する地域や内外装、メニューなどコンセプトから逸れないことが大事です。

資金計画

焼肉屋の開業は、飲食業界の中で開業資金が高額になりやすい業態です。焼肉屋開業に必要な設備や厨房機器・備品を揃えるためには、前もって計画を立てましょう。

衛生管理

お客様は、お店の「メニューや味」「価格」に次いで「安全性」や「清潔感」を重要視されます。焼肉屋は内装を清潔に保つことが難しいですが、衛生的でないお店はいずれ潰れることになります。衛生面のチェックやメンテンナンスは怠らないようにしましょう。

失敗しやすいポイント

.こだわりすぎて初期投資が大きくなりすぎる

事前の準備・調査が重要です。

競合の多い焼肉業界で生き残っていくためには、焼肉業界の現状の把握や市場調査が重要になります。
どのような焼肉屋にするかが決まったら、出店予定エリアの競合店調査を行いましょう。

十分な運転資金を用意していない

飲食店経営には、ランニングコスト(運転資金)が掛かります。お客様が定着し軌道に乗り始めるまでは、一般的に半年以上かかると言われています。運転資金が尽きてしまうと、高額の投資をして開業した店舗の「廃業」を余儀なくされてしまいます。多く借りて不要となった分は前倒しでも返済できますので、1円でも多く借り入れし、運転資金は最低でも6ヶ月分は用意しておくようにしてください。

しっかりシミュレーション出来ていなかった

開店後想定していた程お客様が来ないという状況になる可能性の方が高いということを覚悟しておきましょう。
最悪なケースの想定もしておくことは必要でしょう。経営していく上では『柔軟な判断』も必要となってきます。

人手不足

飲食業界は人手部不足の状態が長く続いています。スタッフを確保できず営業がままならなくなり、繁盛していたにも関わらず閉店を余儀なくされたというオーナーのお話はよく聞きます。求人をしてもなかなか人が集まらず、飲食業界は「人手不足」に悩まされています。

人手が足りなければ、その負担が他のスタッフにかかってしまうため、労働環境の悪化→離職→新しく人が入っても定着しない→サービス低下によるお客様離れ・・・と負のスパイラルに陥ってしまいます。人口減少、人件費の高騰という課題は今後ますます続いていくでしょう。そのため、より少ない人員で運営できる体制づくりや、省力化を考えた店舗づくりは必須項目です。人口減少、人件費の高騰という課題は今後ますます続いていくでしょう。そのため、より少ない人員で運営できる体制づくりや、省力化を考えた店舗づくりは必須項目です。

焼肉屋開業に必要な厨房機器

ここでは、焼肉屋開業に必要となる主な厨房機器についてご紹介していきます。

・熱機器

ガステーブル・ガスレンジ
ローレンジ・スープレンジ
フライヤー
炊飯器
電子レンジ

・冷機器

冷蔵庫・冷凍庫
製氷機
冷蔵ショーケース
冷凍ストッカー

・その他の厨房機器

シンク
作業台
板金
軟水器・浄水器
食器洗浄機
タオルウォーマー
など

まとめ

いかがでしたか?テンポスでは焼肉屋開業のための厨房機器はもちろん、焼肉屋開業についてのトータルプロデュースをしています。
焼肉屋開業についてのご相談・内装・物件などお困りの際は、是非お問合せください。

焼肉屋開業ドットコムはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

▼開業後の方はこちらをクリック!                           

タグ:

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 背脂系のラーメンをやりたい人必見!「知らないと損する」背脂の歴史的高騰とは?

  2. 若者から注目を集める「ヌン活」とは?カフェ経営の新たなターゲット

  3. 創作ラーメンで成功するには?成功の秘訣4選!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP