ラーメン店を開業するのに経験不足な人でも可能にする方法とは?

開業・出店

新型コロナウイルスも落ち着き、街中は観光客で賑わうようになってきました。
それにともない、海外からの観光客も急増しています。

そんな観光客が日本に来る際に、最も楽しみにしていることのひとつが、飲食店での食事です。
特に、日本におけるラーメン人気は高く、海外の観光客からは、特別な料理のひとつとして扱われてます。

また、海外の観光客に限らず、日本の国民食とも言えるラーメンは、老若男女を問わず、みんなが大好きなメニューといっても過言ではありません。

そのため、ラーメン店での業務経験が不足している人でも、実際に開業したという人が多く存在するのです。

今回はラーメン店を開業するのに経験不足な人でも可能にする方法があるのか紹介していきます。開業を検討している人で不安を抱えている際は、ぜひ参考にしてみてください。

経験不足な人でも開業できるのか?!

ラーメン店を開業するにあたって経験不足であっても、開業はできるのでしょうか。
結論からいうと、ラーメン屋の経験がない人でも開業可能です。

開業はできるものの、現実は甘くありません。なぜなら、お店の流れを知らない人がいざ開業したとしても、どのように売上を伸ばすのかわからないことが多いのではないでしょうか。

たとえば、よい文章を書いたことない人が、よい文章を書けないのと同じです。
そのため、自営業で開業するのは、生半期な覚悟ではできないということがわかります。

自営業で営む際、自分の味をお客様に提供します。
自分が好きな味を追求するのは、もちろん大切ですがお客様も同時に考えなくてはいけません。

経験不足であっても、自分の味を提供して開業することが可能です。

開業が目的であればそれで構いませんが、多くのお客様に自分の味を提供したい気持ちがあるのではないでしょうか。

資金のことも踏まえ、1日でも長くお店を継続する必要があります。経験不足であっても、開業は可能ですが継続してできるのかというのは不安が残るところです。

開業する前に経験を積むべき?

「活気があるお店にするには、味や信頼が必要なのか」や「経験不足の状態でラーメン開業は難しいのではないか」と経験不足な人は不安を抱くのではないでしょうか。

もともとラーメンを作ることに憧れがあり、会社を辞めて「自分のお店を開いてみたい」と考える方も多くいます。

先程、経験不足であっても開業できるとお話ししましたが、開業するにあたって一度経験を積んでから自分のラーメン屋を開業するのが望ましいと思います。

開業後というのは、業務経験の有無が大きな分かれ道になるのです。
そのため、業務経験が、店舗の評価を大きく左右します。

ラーメンが好きで毎日食べていたとしても、お客様としての目線でしかみておらず、経営知識やノウハウ不足は実際に経営してみないとわからないこともあります。

一般的に、自営業のラーメン店は3年以内に70%が閉店すると言われているのです。

ラーメン店は他の飲食店と比べ廃業率が最も高いのが印象的です。
実際に、皆さんの最寄駅周辺でも、閉店しているラーメン店を見かけることが多いのではないでしょうか。

実際に2023年度(4-3月)の「ラーメン店」の倒産(負債1,000万円以上)は63件になっています。前年は23件でしたので、なんと前年の2.7倍もの増加となっています。(出典元:東京商工リサーチ)

ラーメン店を含む自営業店は、新型コロナウイルスの影響によるゼロゼロ融資を受け、時短営業や休業に対する補償など、手厚い支援を受けていました。

コロナ禍が落ち着き、集客が望めるのではないかと期待があった一方で、経済活動がもとに戻ってもコロナ禍前の客足に達することがなかったのです。
それにもかかわらずなぜ、相次ぐ閉店が起きたのでしょうか。

要因としては、食材や水道・光熱費の高騰に加え、人手不足・人件費上昇等で、経営が厳しくなってしまったのです。

ラーメン価格の設定の基準が不透明なことも、要因の一つであるのではないかと推測できます。


そのため、経験不足による生半可な意思や憧れのみで始めてしまうと、事業主として厳しいのが現象です。

失敗するリスクを減らすためにも、まずは現場で下積みを積むことが必要になります。会社をなかなか辞められず、経験を積めないという人がいるのではないでしょうか。

このような場合、どうしたらよいのでしょうか。以下では、対策をみていきます。

ラーメン店に必要な厨房機器・調理道具を見る

開業で失敗しないためには?

経験不足の人が開業で失敗しないためには、どうしたらよいのでしょうか。

ラーメン店を開業するにあたって、店舗で経験を積むことが最もよい方法です。

しかし、必ずラーメン屋での下積み期間がなければ成功できないというわけでもありません。

ここでは経験不足な人でも失敗しない方法を紹介していきます。以下のことがあげられます。

・事業計画を念頭に立てる
・フランチャイズとして開業する
・開業費用を極力抑える

それぞれ詳しくみていきましょう。

事業計画を念頭に立てる

一つ目の方法は、事業計画を念頭に立てることです。

ラーメン店は、競合が多く生き残りが難しいと言われています。

そのため、成功するには開業前の事業計画が必要です。
たとえば、「どのような人にラーメンを食べてほしいか」を考えた際に、まずターゲット顧客を決めるのではないでしょうか。

また、「お店のラーメンを食べてほしい人はいつ、どこでラーメンを食べそうか」と考えれば、出店場所や立地を踏まえて選択しなくてはいけません。

このようにお客様の気持ちを配慮したうえで、事業計画を立てる必要があるのです。

フランチャイズとして開業する

二つ目の方法は、フランチャイズとして開業することです。

フランチャイズとは、フランチャイズシステムにより多店舗展開をしているチェーン店を指します。

ラーメン屋を開業する際、自営業でのイメージがあるかもしれません。
しかし、フランチャイズでラーメン屋を開業することも可能です。

フランチャイズとして開業したい人の特徴は、「味などにこだわりはないが、ラーメン屋を経営したい人」や「経営の知識がないため、サポートを受けられる環境で開業したい人」があげられます。

フランチャイズでラーメン屋を開業した際、有名なブランドやお店の名前を使用して、お店の一部として運営できるのです。

また、本部から経営に関する指示やアドバイスを受けられるため経験不足の方にはとてもよい方法だと思います。

開業費用を極力抑える

三つ目の方法は、開業費用を極力抑えることです。

ラーメン店を開業する際に、必要な設備のみを導入すると失敗するリスクを最小限に抑えられます。

たとえば、「居抜き物件で店舗の初期費用を抑えること」や「メニューを厳選して運営コストを下げることも可能です。


小さく始めることで、財務面での圧迫感を抑えられます。
また、お店には、何が足りないのかを考えることで、成長を感じられます。

開業費用を極力抑えることで、精神的にも安定できるでしょう。

まとめ

今回はラーメン店を開業するのに経験不足な人でも可能にする方法はあるのか紹介してきました。

ラーメン店を開業するにあたって、経験不足であっても開業はできます。
しかし、下積み等をして知識があるのとないのでは、天と地の差ほどあるのです。

そのため、開業する前は経験を積んでから開業することが最もよい方法なのではないでしょうか。

ラーメン店開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録