ラーメン店を開業し儲けたい人必見!成功させる方法とは?

出店・開業

今や日本の国民食と呼ばれる人気のラーメン。近年では、外国人観光客の足並みも増えており、飲食店業界はにぎやかになっています。しかし、ご存じの人もいると思います。

飲食店であるラーメン屋の開業は、非常にリスクが大きく業績が悪く毎年閉店してしまうお店もあるのです。

「儲けたい」の基準は人それぞれ異なりますが、「他の店舗にはない味を提供できる」のであれば、十分に開業するメリットがあります。利点をあらかじめ押さえて開業することで、にぎやかなお店へ近づけるでしょう。

今回はラーメン店開業で儲けたい人必見。開業資金を安く抑えるコツや開業を成功させる方法について紹介していきます。

ラーメン店は儲かるのか?

そもそもラーメン店は儲かるのでしょうか。ラーメン店を開業したいと思っている人で儲かるのか気になるはずです。

以下ではラーメン店が儲かると言われている理由を紹介していきます。

・回転率が高い
・外国人観光客の回復
・味と品質
・費用を抑えられる

それぞれ詳しくみていきましょう。

回転率が高い

一つ目は、回転率が高いことです。ラーメン店は、飲食店全体を見渡しても回転率が高い傾向にあります。

ランチタイムになると、行列になっている店舗がありますが、ラーメン店は回転率が早いため次から次へとお客様が出入りするのです。

回転率が高いうえに、客単価を向上させる工夫など、努力次第では大きな利益を生み出せます。これは、喫茶店とは異なり平均単価が高い傾向にあるため比較するとラーメン店は大きな利益が期待できるのです。

外国人観光客の回復

二つ目は、外国人観光客の回復です。データによると日本旅行中に最も満足した飲食として、外国人観光客の20%以上がラーメンと選択しています。

(出典元:官公庁 「訪日外国人消費動向」(平成29年 年次報告書))

また、日本食の代表である寿司が17%程度です。寿司と比較しても、ラーメンの人気ぶりが分かるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスの影響により途絶えた外国人観光客も、水際対策の緩和により回復傾向にあります。

そのような背景もあり、調査によると、2023年1月の麺類売上高は、前年同月比117.4%と増加傾向にあるのです。いかにラーメンが日本国民に限らず外国人観光客に重要であるのかがわかります。

(出典元:日本フードサービス協会 2023年01月市場状況調査」(令和5年2月27日発表))

味と品質

三つ目は、味と品質です。味は集客を確保するためにも、必要になります。

美味しいお店にはお客様は自然と集まってきます。そのため、味の良さや独自性の有無でリピーターを生む要因となるのです。

接客はもちろんのこと、スープや麺の質も大事になってきます。

費用を抑えられる

四つ目は、費用を抑えられることです。ラーメン店は、飲食店全体を見渡してみても、比較的費用を抑えて開業できます。

ラーメンという料理は、お客様の回転率が高く、その分席数を抑えられます。

たとえば、5坪以下の小規模店として開業することも可能です。居抜き物件を活用すれば初期費用をさらに抑えられます。

開業資金を抑えるコツ

ラーメン店開業にあたって開業資金はなるべく抑えたいのではないでしょうか。

ここでは開業資金を抑えるコツを紹介していきます。

・居抜き物件を探す
・融資や補助金を活用する
・DIYをする

それぞれ詳しくみていきましょう。

居抜き物件を探す

一つ目は、居抜き物件を探すことです。壁紙の張り替えや照明設備の設置等の内装工事の費用を抑えるコツとして、居抜き物件を探す必要があります。

もともとラーメン屋であった居抜き物件であれば、設備も設置されているため、設備における費用を抑えて開業することが可能です。居抜き物件は多数あるため、インターネットで確認してみましょう。

融資や補助金を活用する

二つ目は、融資や補助金を活用することです。ラーメン店の開業は、日本政策金融公庫からの融資や自治体からの補助金制度を利用できます。

自治体によっては、承継支援事業に特化している融資を利用できる場合もあり、開業しようと考えている際は、自治体の制度がどのようになっているのか調べておきましょう。

しかし、誰でも融資を受けられるとは限りません。場合によっては、面談や書類を確認して現状の資金面や事業計画をすり合わせしなくてはいけないため、開業するにあたって明確な根拠を答える必要があります。

事業計画書や資金用途は、情報を提供する必要があるので、事前に準備しておく必要があるのです。

資金は、余裕を持って初期費用の3分の1以上を自己資金として用意しておきましょう。審査員は万が一の想定も踏まえ審査しているため、余裕資金があれば審査に通る可能性が高まるでしょう。

DIYをする

三つ目は、DIYをすることです。DIYとは、Do It Yourselfの略であり、直訳すると自分自身で行うという意味です。

DIYで作業を行えば開業資金を大きく節約できます。また、自分でアレンジしたお店にできるのです。

ラーメン店に必要な厨房機器・調理道具を見る

開業を成功させるためには?

開業を成功させるにはどのような取り組みができるのでしょうか。ラーメンは昔からとても人気のあるジャンルです。需要の変化はあまりないものの、開業する人は毎年必ずいます。

全国のラーメン店舗数は24,257軒も存在します。人口10万人あたりでみると19.22軒あると判断できるのです。

最も店舗数が多いのは山形県で人口10万人あたり57.92軒。2位は新潟県の37.73軒。3位以下は栃木県の37.13軒・秋田県35.62軒・青森県32.21軒と東北地方にかけてラーメンの人気があります。

山形県は全国平均の3倍の店舗数です。また、ラーメン外食費用も1位であり、ラーメン王国といえます。

(出典元: タウンページ 2021)

飲食業界の中でラーメン店は他店舗との競争が激しいため、ラーメン屋が毎年閉店してしまうのです。

存続競争が激しいラーメン業界を生き抜くには、他店舗との差別化が必要不可欠です。適切な取り組みを行い、他店舗には負けないサービスを提供することが成功への近道です。

差別化を図り成功させるためには、他店舗が評価されているのはなにか考えなくてはいけません。
内容として、以下のような対策が考えられます。

・麺やスープ等、独自のブランドを提供する
・予約システムを設けて、待ち時間を削減する
・リピーター率を高めるために割引券の活用を行う

割引券の活用は、気軽に始められるためリピーターを増やすには最適です。割引券を活用する効果は、新規顧客の獲得だけに限らずリピーター化や顧客満足度の向上を測れます。

まとめ

今回はラーメン店開業で儲けたい人必見。開業資金を安く抑えるコツや開業を成功させる方法について紹介してきました。

開業資金を安く抑えるコツとして、国の補助金等をうまく活用して開業資金をなるべく抑える必要があります。

開業を成功させるためにも、独自のブランドを提供して「美味しい!」と言ってもらえるラーメンを提供しましょう。また、割引券の活用をしてリピーターを増やすことも大事です。

ラーメン店開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録