ラーメン店開業後、繁盛店を作りたい人必見!開業成功のヒケツとは?

出店・開業

今や、街を歩けばたくさんのラーメン店が溢れています。日本食といえば「ラーメン」と思い浮かぶのではないでしょうか。

それほど人気のあるラーメン店ですが、毎年新しいラーメン店がたくさん生まれては閉店してしまうお店もあります。

ではいったい、どのようなお店が閉店せずに繁盛して何年もの間継続できるのでしょうか。それは、ラーメンの味が良いことはもちろん、お客様のことを考えて経営できているからです。

お店というのはお客様がいて成り立ちます。目の前のお客様も幸せにすることで「美味しいお店」と口コミが広がり、繁盛していくのではないでしょうか

今回はラーメン店開業後、繁盛店を作りたい人必見。ラーメン店におけるよい店舗作りについて紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

繁盛店を作るには?

ラーメン店開業後、繁盛店を作るにはどうしたらよいのでしょうか。まず、経営者やオーナーが全国の繁盛しているラーメン店を確認して、ラーメンの味や経営のポイントを学習しておくのが大切です。

時代ごとに求められる味やサービスは変わってきます。今流行りのラーメン店がどのような味で、どのようなサービスをしているのか常に学習する姿勢こそが必要になります。

そのために、繁盛しているラーメン店を巡って研究しましょう。最近では「繁盛店作り」のためのセミナーも開催しています。情報が広く伝わる時代なので、セミナー等に参加してみるのも手段の一つです。

どうしても他店舗は、ライバルとみなし負けずと努力するでしょう。しかし、そこはライバルではなく先生と捉えておきます。

今は他店舗に負けていてもよい部分を盗み、試行錯誤して改善していく。これができるかできないかで今後のお店がどうなるのか決まってきます。

常に学ぶ姿勢でいる人はなんでも吸収できるのです。しかし、自分の考えだけが正しいと思っている人はやがて下落していくでしょう。

他店舗のマイナス部分を探すのではなく、いいところを探してプラスに変えることこそが繁盛するお店を作るうえで欠かせないことです。

次に繁盛店を作るうえで欠かせないポイントについて紹介していきます。以下のポイントがあげられます。

・戦略
・お店のレイアウト
・コミュニケーション
・ラーメンの味

それぞれ詳しくみていきましょう。

戦略

一つ目のポイントは、戦略です。ラーメン店経営の難しさというのは、さまざまな場所で話題になります。

繁盛するラーメン店にするには、戦略的に行う必要があり、オープンする前から計画を捻る必要があるでしょう。ラーメン店として開業や独立を決めてから、立地条件や人気エリアがどうか、商圏調査やメニュー作りを行わなければいけません。

オープン後の収益は非常に難しいと言われており、繁盛店としての道のりは険しいものです。そして、開業後も運転資金を確保しながら利益を上げていくために、集客を増やすための宣伝や店舗オペレーションの効率化で回転率を上げなくてはいけません。

また、独自性のあるメニュー作成で客単価を上げる等、緻密な計画を実行しなくてはいけないのです。

お店のレイアウト

二つ目のポイントは、お店のレイアウトです。お店のレイアウトは開業するうえで欠かせません。味がどんなに美味しくてもレイアウトが雑であれば、お客様は満足せずに帰ってしまい、リピーターを増やせないのです。

レイアウトによって、店舗経営に明らかな差がでるのでしょうか。ラーメン店に求められるのは、「スピード」です。いかに効率よくお店を回していくのかが大事になるため、それらを考慮したうえでレイアウトを考えなくてはいけません。

従業員同士の通路で邪魔にならない厨房作りや店内。また、出来上がった料理を素早く提供できるための導線など、回転率を上げていくことも繁盛店を作るうえで欠かせない要因にあります。

コミュニケーション

三つ目のポイントは、従業員同士のコミュニケーションです。店長や社員・アルバイト等、従業員同士の人間関係も、繁盛店にするために欠かせません。

人間関係が悪いと、お互い信頼できません。また、対立が起きてしまい今後の存続が厳しくなってしまいます。

従業員同士のコミュニケーションが取れていないと、仲の悪さがお客様にも伝わります。そのため、日頃から従業員同士のコミュニケーションは大切にしましょう。

また、お店の理念や方針など、目標が一致するように、日頃からあいさつやお礼をして、同じ目標に歩んでいけるような関係を築きましょう。

ラーメンの味

四つ目のポイントは、ラーメンの味です。繁盛するお店にするには、商品であるラーメンの味をお客様に受け入れてもらわなくてはいけません。

現在では、多種多様な味が存在しますがその中でも自分のお店の味にブレることなく、お客様に届いているのであればやがて繁盛するお店になるでしょう。お客様を幸せにすることが繁盛店への第一歩になります。

ラーメン店に必要な厨房機器・調理道具を見る

儲かっているのに営業利益が残らない?!

集客もあり、売り上げは悪くないにもかかわらず儲からないこともあります。儲かっているのに営業利益が残らないお店はいくつも存在するのです。

ここでは営業利益が残らないお店の特徴や失敗を紹介していきます。以下のことがあげられます。

・初期費用に多額の資金をかけた
・スタッフを雇いすぎる

それぞれ詳しくみていきましょう。

初期費用に多額の資金をかけた

一つ目は、初期費用に多額の資金をかけたことです。開業するにあたって、便利さを理由に不要な設備を導入したりしてしまいます。

一般的に初期投資は開店した後に、売り上げで回収していくものです。そのため、初期投資が多額になってしまうと、いつまで経っても利益が出ず赤字から抜け出せなくなってしまいます。

ですから、初期投資と回収スケジュールは事前に把握したうえで設備の導入等をしなくてはいけません。

スタッフを雇いすぎる

二つ目は、スタッフを雇いすぎることです。スタッフが足りずお店が回らないと困りますが、逆にスタッフが多いとその分の人件費を支払わなくてはいけないため、経営が厳しくなってしまいます。

人数が足りている状況で、かけなくてよい人件費はなるべく削減する必要があります。人数はお店の売り上げに合わせてバランスを配慮するのがもっともよい方法です。

必要な際に、必要な数のスタッフを確保する。これこそが、お店の利益に繋がるよい方法なのではないでしょうか。

まとめ

今回はラーメン店開業後、繁盛店を作りたい人必見。ラーメン店におけるよい店舗作りについて紹介してきました。

繁盛店を作るには、まず目の前のお客様を喜ばせる必要があります。お店はお客様がいて成り立つものです。

目の前のお客様を喜ばせることで口コミが広がり、日本全国から人が集まってきます。ぜひ、そのようなお店を目指してみましょう。

ラーメン店開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録