三重県で飲食店を開業時に融資を受ける際のポイントは?開業の流れも含めて解説!

出店・開業

三重県で飲食店を開業する際には、初期費用や運転資金など、多額の資金が必要となります。そのため、融資を受けることを検討する人も多いのではないでしょうか。
本記事では、三重県で飲食店を開業時に融資を受ける際のポイントを、開業の流れも含めて解説します。

飲食店の開業は、起業の中でも特に成功率が低いと言われています。そのため、融資を受ける際には、しっかりと準備をして、審査に通過できるようにしましょう。
本記事を読むことで、三重県で飲食店を開業する際の融資のポイントを理解し、成功に近づくことができます。

目次

三重の開業率は全国9位

2015年度の厚生労働省の調査によると、飲食店を含む三重県の開業率は5.3%と全国で9位です。また廃業率は3.6%となっています。これは、県内に多くの観光客が訪れるため、飲食店の需要が高いことが一因と考えられます。また、県には多くの中小企業が存在し、それらの企業が新規事業を立ち上げるために飲食店を開業するケースも少なくありません。

まずは融資、補助金、助成金、それぞれの特徴を知りましょう!

融資、補助金、助成金は、いずれも事業資金を調達する手段として活用できますが、それぞれに特徴があります。

融資

融資は、金融機関から借り入れを行うことです。利子をつけて返済する必要があるため、返済計画をしっかりと立てることが大切です。融資のメリットとしては、資金調達が早いこと、事業の自由度が高いことなどが挙げられます。一方、デメリットとしては、利子がかかること、返済義務があることなどが挙げられます。

補助金

補助金は、国や地方公共団体などの公的機関から、事業の実施に必要な経費の一部を支給されるものです。返済の必要がないため、利子や返済の負担がありません。補助金のメリットとしては、資金調達が早いこと、利子や返済の負担がないことなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては、申請に手間がかかること、採択率が低いことなどが挙げられます。

助成金

助成金は、補助金と似ていますが、補助金よりも受給要件が緩やかであるのが特徴です。補助金と同様、返済の必要がないため、利子や返済の負担がありません。助成金のメリットとしては、資金調達が早いこと、利子や返済の負担がないことなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては、申請に手間がかかること、採択率が低いことなどが挙げられます。
それぞれの特徴をまとめると、以下のようになります。

資金調達の主体

融資:金融機関
補助金:国や地方公共団体など
助成金:国や地方公共団体など

返済の必要性

融資:必要
補助金:不要
助成金:不要

利子

融資:必要
補助金:不要
助成金:不要

申請の難易度

融資:やや高い
補助金:やや高い
助成金:比較的低い

資金の使い道

融資:自由
補助金:指定された用途に限る
助成金:指定された用途に限る

事業資金を調達する際には、それぞれの特徴を理解した上で、自社に最適な方法を選択することが大切です。

三重県で利用可能な融資・補助金・助成金とは?

三重県では、中小企業・小規模事業者の経営支援のために、さまざまな融資・補助金・助成金の制度が用意されています。

融資制度

三重県で利用可能な融資制度は、以下のとおりです。

三重県創業支援貸付

・再チャレンジ者向け
・女性・若者向け
・シニア向け
・中小会計適用者向け
・事業承継者向け

三重県創業・事業承継支援保証制度

三重県内の創業や事業承継を支援するための保証制度です。三重県信用保証協会が、金融機関の融資に対する保証を行い、創業者や事業承継者の融資の円滑化を図ります。

具体的な支援内容は、以下のとおりです。

・創業・事業承継計画の作成支援
・融資の相談・紹介
・経営相談
・セミナー・研修の開催

対象となる事業は、三重県内に所在する中小企業・小規模企業で、創業または事業承継後に、事業資金や設備資金、運転資金等を必要とするものです。

これらの融資制度は、いずれも、新たに事業を始める方や、事業開始後税務申告を2期終えていない方が利用できます。また、女性や若者、シニア、廃業歴等があり創業に再チャレンジする方、中小会計を適用する方、事業承継者など、対象者を限定した制度もあります。

融資の条件は、各制度によって異なりますが、一般的には、以下の条件を満たす必要があります。
・三重県内に所在する中小企業・小規模事業者であること
・事業計画が適切であること
・返済能力があること

補助金・助成金制度

三重県で利用可能な補助金・助成金制度は、以下のとおりです。

三重県創業補助金
・女性・若者向け
・シニア向け
・事業承継者向け

三重県事業承継・引継ぎ補助金
三重県経営革新支援補助金
三重県環境経営支援補助金
三重県働き方改革推進支援補助金
三重県ものづくり基盤整備支援補助金
三重県観光振興支援補助金

これらの補助金・助成金制度は、いずれも、中小企業・小規模事業者の経営改善や事業拡大を支援するために設けられています。
補助金・助成金の条件は、各制度によって異なりますが、一般的には、以下の条件を満たす必要があります。

・三重県内に所在する中小企業・小規模事業者であること
・補助金・助成金の対象となる事業を行うこと
・補助金・助成金の対象となる経費を支出すること

融資・補助金・助成金の活用方法

三重県で利用可能な融資・補助金・助成金は、事業の立ち上げや経営改善に役立つものです。
融資は、初期費用や運転資金などの資金調達に活用することができます。また、補助金・助成金は、事業の費用を一部負担してもらうことで、経営の安定や収益性の向上につなげることができます。

融資・補助金・助成金を活用する際には、以下の点に注意しましょう。
・各制度の条件をよく確認し、自社が対象となるかどうかを判断する
・融資を受ける際には、返済計画をしっかりと立てておく
・補助金・助成金を申請する際には、必要書類を漏れなく提出する

三重県で事業を展開する中小企業・小規模事業者は、融資・補助金・助成金を積極的に活用して、事業の成功を目指しましょう。

※こちらは2023年11月20日現在の情報です。最新の情報はこちらからご確認ください。

融資を受ける際に気を付けるべきポイントとは

三重県で融資を受ける際に気を付けるべきポイントは、以下のとおりです。

融資制度の条件をよく確認する

融資を受けるためには、各融資制度の条件を満たす必要があります。そのため、融資を受ける前に、各融資制度の条件をよく確認しておきましょう。

事業計画をしっかりと立てる

融資を受ける際には、事業計画を提出する必要があります。事業計画は、事業の目的や計画、資金計画などを記載したものです。事業計画がしっかりと立っていないと、融資が受けられなくなる可能性があります。

返済能力があることを示す

融資を受けるためには、返済能力があることを示す必要があります。そのため、収入や経費などの財務状況をしっかりと整理しておきましょう。

融資担当者としっかりと相談する

融資を受ける際には、融資担当者としっかりと相談しましょう。融資担当者は、融資の審査を行うだけでなく、融資の活用方法や返済計画などについてアドバイスをしてくれることがあります。

具体的には、以下のような点に注意しましょう。

融資の目的を明確にする

融資を受ける目的を明確にしておきましょう。融資の目的が不明確だと、融資担当者は審査に難色を示す可能性があります。

市場調査を実施する

事業を成功させるためには、市場調査を実施して、自社の商品やサービスの需要を把握しておきましょう。市場調査の結果を事業計画に反映することで、融資担当者に説得力のある事業計画を提示することができます。

資金繰り表を作成する

資金繰り表を作成し、融資を受けた後の資金繰りをシミュレーションしておきましょう。資金繰りが悪化すると、返済が困難になる可能性があります。

返済計画を立てておく

融資を受ける際には、返済計画を提出する必要があります。返済計画を立てるときには、無理のない返済額を設定するようにしましょう。

三重県で融資を受ける際には、これらのポイントを押さえておくことで、審査通過の可能性が高まります。

三重県で開業する際の費用の相場とは?

三重県で飲食店を開業する際の費用の相場は、以下のとおりです。

初期費用

初期費用は、店舗の物件取得費や内装工事費、厨房機器や家具の購入費など、開業に必要な費用の総称です。三重県で飲食店を開業する際の初期費用の相場は、約2,000万円から3,000万円程度です。

初期費用の内訳は、以下のとおりです。

店舗の物件取得費

約500万円から1,000万円程度

内装工事費

約500万円から1,000万円程度

厨房機器や家具の購入費

約500万円から1,000万円程度

その他(保証金や手数料など)

約500万円程度

運転資金

運転資金は、開業後の3ヶ月程度の営業資金です。三重県で飲食店を開業する際の運転資金の相場は、約1,000万円から2,000万円程度です。

運転資金の内訳は、以下のとおりです。

人件費

約500万円から1,000万円程度

食材費

約300万円から500万円程度

光熱費や水道費など

約200万円から300万円程度

合計すると、三重県で飲食店を開業する際の費用の総額は、約3,000万円から5,000万円程度となります。

ただし、店舗の規模や立地、業態などによって、費用は大きく異なります。そのため、開業前にしっかりとした計画を立てて、必要な資金を準備しておくことが大切です。

また、三重県では、中小企業・小規模事業者の創業を支援するさまざまな融資・補助金・助成金制度が用意されています。これらの制度を活用することで、初期費用や運転資金の負担を軽減することができます。

三重県で開業する際の資金調達の方法

三重県で飲食店を開業する際の資金調達の方法は、以下のとおりです。

自己資金

自己資金とは、自身の貯蓄や借金など、自分で用意した資金のことです。自己資金を多く用意しておくことで、融資を受ける際に有利になるだけでなく、開店後の運転資金としても活用することができます。

融資

融資とは、金融機関から借り入れをすることです。三重県では、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫など、さまざまな金融機関が融資を行っています。

補助金・助成金

補助金・助成金とは、国や地方自治体から支給されるお金のことです。三重県では、中小企業・小規模事業者の創業を支援するさまざまな補助金・助成金制度が用意されています。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数の人から資金を募る仕組みです。三重県では、飲食店の開業を支援するクラウドファンディングも実施されています。

日本政策金融公庫を利用する

日本政策金融公庫は、政府系金融機関です。中小企業・小規模事業者を対象に、さまざまな融資制度を用意しています。
三重県で飲食店を開業する際に利用できる、日本政策金融公庫の融資制度は、以下のとおりです。

新創業融資制度

新創業融資制度は、創業後税務申告を2期終えていない方向けの融資制度です。無担保・無保証人で最大3,000万円まで融資を受けることができます。

女性・若者向け創業融資制度

女性・若者向け創業融資制度は、女性や若者向けの融資制度です。無担保・無保証人で最大2,000万円まで融資を受けることができます。

創業・事業承継支援保証制度

創業・事業承継支援保証制度は、創業や事業承継を支援するための保証制度です。この保証制度を利用することで、民間金融機関からの融資を受けやすくなります。

日本政策金融公庫の融資制度は、審査が厳しいといわれています。そのため、融資を受ける際には、しっかりとした事業計画を作成し、返済能力があることを示す必要があります。

※こちらは2023年11月20日現在の内容です。最新の情報など詳しくは日本政策金融公庫の公式HPなどで確認してください。

三重県で開業する際の実際の開業までの流れを解説

開業準備

まずは、開業に向けた準備を行います。具体的には、以下の作業を行います。

事業計画書を作成する

前章でも紹介しましたが、事業計画書とは、飲食店の経営計画を示す書類です。事業計画書は、金融機関から融資を受ける際にも必要となるとても重要なものです。

事業計画書には、以下の内容を盛り込みましょう。

店舗の概要
店舗の立地や規模、コンセプト、内装、設備などをまとめたものです。大まかにどのような店舗を想定しているのかまとめましょう。

メニューやコンセプト
競合店を分析したり独自の強みを打ち出したりすることで競争に勝てるよう考えましょう。

ターゲット顧客
ターゲット顧客を明確にすることで店舗の方向性や立地の条件なども明確になってきます。

売上計画、収支計画
収支計画を実現可能なものにすることで明確なビジョンを打ち出しましょう。売り上げの計画もしっかりとすることで事業の実現性を明確にします。

資金調達の検討

開業には、初期費用や運転資金などの資金が必要です。自己資金で賄えない場合は、融資や補助金・助成金などの資金調達方法を検討します。

物件の選定

店舗の立地や規模などを考慮して、物件を選定します。物件の取得や賃貸契約には、時間と手間がかかるため、早めに準備を進めましょう。

許認可の取得

飲食店を開業するには、さまざまな許認可が必要です。許認可の取得には、時間がかかる場合があるため、早めに手続きを開始しましょう。

開業準備の実施

開業準備が整ったら、店舗の改装や内装工事、厨房機器や家具の購入などを行います。

開業

開業準備が完了したら、いよいよ開業です。開業に先立って、オープンの告知や宣伝・広報を行いましょう。

運営

開業後は、店舗の運営を開始します。営業時間やメニューの設定、従業員の教育など、さまざまな業務を行います。

経営改善

開業後も、経営状況を常に把握し、改善していくことが大切です。売上や利益の分析、顧客の声の収集などを行い、経営の効率化や顧客満足度の向上に努めましょう。
三重県で飲食店を開業する際には、これらの流れを参考に、計画的に準備を進めましょう。

また、三重県では、飲食店の開業を支援するさまざまな制度が用意されています。これらの制度を活用することで、開業にかかる費用や負担を軽減することができます。

三重県で開業するメリットデメリット

メリット

高い集客力

伊勢神宮や熊野古道などの観光地が多く、常に人通りが多く、飲食店の需要が高いと言えます。また、県には多くの中小企業が存在し、その点でも、集客できる人口が多く集客力が高くなります。

豊富な食材

伊勢志摩や熊野など、海、山、川に囲まれた豊かな自然に恵まれた土地です。その特徴として新鮮な食材をふんだんに使った料理が豊富で、海の幸や山の幸など地元の食材を活かした郷土料理を味わうことができ、地産地消を実現できます。

地元の食材にこだわることで、他の飲食店との差別化を図り、集客力を高めることができます

低い開業コスト・開業しやすい環境が整っている

東京や大阪に比べて、物価が安く、開業コストも抑えることができます。
賃料や人件費、食材費などが安く、飲食店の開業を支援する団体や機関が数多くあります。
これらの団体や機関を利用することで、開業に関する情報やノウハウを得ることができます。

高い知名度

三重県は、伊勢神宮や熊野古道などの観光地が有名で、日本で最も重要な神社や世界遺産を見るために海外からも観光客がやってくるため、世界中から注目されています。観光地などで飲食店を開業すれば、世界中の人に知られるチャンスがあります。

高い収益性

三重県は、伊勢神宮や熊野古道などの観光地が有名で、多くの観光客が訪れます。そのため、三重県で飲食店を開業すれば、高い収益を得ることができます。低コストで地元食材を利用する事もでき、この点でも高い収益性が実現できます。

デメリット

人口減少

人口が減少傾向にあります。これは、全国的に人口減少が進んでいることに加え、三重県の若年層の転出率が高いことが原因と考えられます。

高齢化

三重県の人口構成は、高齢化が進んでいます。高齢化が進むと、外食の頻度が低下する傾向にあるため、飲食店の売上は減少する可能性があります。

競合店が多い

三重県には、競合店が多いため、集客が難しくなる可能性があります。しかし、競合との切磋琢磨で質を向上させることが出来るのでいい点でもあります。

食材費が高い

海に囲まれた土地であり、魚介類の産地です。しかし魚介類は、近年上昇傾向にあります。そのため、食材費が高くなる可能性があります。

人件費が高い

他の県に比べて、人件費が高い傾向にあります。これは、教育水準が高いことや、製造業などの産業が盛んなことなどが原因と考えられます。そのため、人件費が高くなる可能性があります。

三重県で開業する際の開業資金を抑えるコツとは

三重県で飲食店を開業する際の開業資金を抑えるコツは、以下のとおりです。

業態や規模を検討する

業態や規模を検討することで、初期費用や運転資金を抑えることができます。例えば、ラーメン店や居酒屋などの業態は、初期費用や運転資金が比較的抑えやすいといわれています。また、店舗の規模を小さくすることで、初期費用を抑えることができます。

物件を検討する

物件を検討する際には、立地や規模だけでなく、賃料や初期費用なども考慮しましょう。例えば、駅前や繁華街などの立地は、賃料が高くなる傾向があります。また、物件を取得するのではなく、賃貸することで、初期費用を抑えることができます。

中古やDIYを活用する

中古やDIYを活用することで、費用を抑えることができます。例えば、厨房機器や家具を中古で購入することで、新品と比べて大幅に費用を抑えることができます。また、内装工事をDIYで行うことでも、費用を抑えることができます。

中古やDIYについての説明

中古やDIYを活用する際には、以下の点に注意しましょう。

中古品は、状態や価格をしっかりと確認する
中古品は、新品と比べて状態が悪い場合や、故障している場合もあります。そのため、状態や価格をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

テンポスでは多くの中古商品を取り揃えております。

テンポスドットコムはこちら

DIYは、事前に計画を立ててから行う
DIYは、失敗すると費用がかさむ可能性があります。そのため、事前に計画を立ててから行うようにしましょう。

三重県で飲食店を開業する際には、これらのコツを参考に、開業資金を抑えましょう。

まとめ

三重県で飲食店を開業する際には、初期費用や運転資金などの資金が必要となります。融資を受ける際には、事業計画をしっかりと作成し、返済能力があることを示すことが重要です。また、融資制度の条件をよく確認し、自社が対象となるかどうかを判断しましょう。

三重県では、飲食店の開業を支援するさまざまな融資制度が用意されています。これらの制度を活用することで、開業にかかる費用や負担を軽減することができます。
開業準備の段階から、しっかりと計画を立てて、融資の活用も視野に入れながら、開業準備を進めましょう。

開業に際してご相談、ご質問お気軽にお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 担担麺:奥深い味わいと豊富なバリエーションで、お客様を魅了する人気メニュー

  2. 飲食店内装屋選びで失敗した人必見!失敗しないための対処方法について紹介!

  3. 「カフェ」と「喫茶店」の違いは何?成功するお店の特徴やおすすめのメニューは?

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP