東京23区外(多摩地域)で低コストにてカフェをオープンするならおすすめの駅5選!開業に必要な準備や資格も徹底解説!

出店・開業

飲食店のなかでも開業人気が高いといわれるカフェ。
業態も自由度が高く、独自性の高い経営ができること、
需要が高いこと、初期投資が他業態に比べて少なく済むことなどが、カフェ経営の魅力です。

本記事では、東京市部でコストを抑えてカフェをオープンするのにおすすめの駅や、開業に必要な準備や資格をご紹介します。東京でカフェ開店を考えている方必見です!

東京23区外でコストを抑えてカフェを開業するのにおすすめの駅

立川駅

立川駅はJR中央線、南武線、多摩モノレールが交差するターミナル駅で、都心部からのアクセスも便利です。
また、多摩地域に位置するため、比較的落ち着いた住環境を求める人々が多く、カフェなどでのんびりとした時間を過ごす文化が根付いています。

調布駅

調布は住宅密集地であり、子育て世帯や若いカップル、シニア層などが多く住んでいます。近隣の住民のコミュニティの場としてカフェの利用が期待できます。
また、調布駅周辺には商業施設が集積しており、映画館やショッピングモール、飲食店が多くあります。これらの施設を訪れる人々がカフェに立ち寄る可能性が高いです。

町田駅

町田駅はJR線や小田急線など複数の路線が乗り入れ、都心へのアクセスも比較的便利です。駅直結のカフェは、通勤通学の利用者だけでなく、観光客やショッピング客など幅広い客層が訪れる可能性があります。
また、町田駅周辺には商業施設やショッピングモールが多く、買い物や食事を目的に多くの人が訪れます。そのため、ショッピングの合間や休憩の場としてカフェの利用が期待できます。

多摩センター駅

多摩センターは学生が多く住むエリアであり、学生向けのカフェの需要があります。大学生や専門学校生が利用しやすい環境です。
また、多摩センター周辺には多摩丘陵が広がっており、自然を感じながらくつろげるカフェが人気です。周囲には公園や自然散策路もあり、リフレッシュしながら訪れる人も多いでしょう。

国立駅

国立駅周辺には一橋大学を始め、学校が多く存在します。そのため、学生向けのカフェや勉強カフェの需要があります。特に試験期間や講義の合間の利用が期待できます。
また、国立駅周辺は住宅地が広がっており、地域住民にとっての憩いの場としてカフェが利用されることが期待できます。特にファミリー層やシニア層が利用する時間帯には需要が高まります。

ビジネスプランの作成

カフェを開業する前に、ビジネスプランを作成することが重要です。

ビジネスプランは、カフェの目標や戦略、具体的な計画、そして市場や今後の分析などを含みます。ビジネスプランを作成することにより、事業展開の方向性を明確にすることができます。

①カフェの目標を明確にしましょう。
どのようなカフェを開業したいのか、ターゲット市場や顧客ニーズは何かを考えます。
また、独自のブランドイメージやカフェの特徴を定義し、その他の要件との差別化ポイントを見つけていきましょう。

②具体的な計画を立てます。
開業に必要な予算や資金調達の方法を検討し、収支予測を行います。また、カフェの場所や店舗の検討、内装やレイアウトの設計、提供するメニューや価格設定なども計画に入ってきます。

③市場やそれに伴う分析を行いましょう。
カフェ業界のトレンドや消費者の好みを理解し、人気競合の強みや弱みを理解することでより綿密なビジネスプランの作成に繋がります。
ビジネスプランの作成は、カフェを開業する際に成功への道筋を描く重要なステップです。将来の成長や持続可能性を考慮しながら計画し、具体的な目標を明確にしましょう。市場調査の活用もおすすめです。

必要最低限の設備は?

 カフェの運営に必要な設備や機器をリストアップしましょう。

 エスプレッソマシン、コーヒーミル、冷蔵庫、オーブンなどの厨房機器から、テーブルや椅子、照明などの店内装飾。Posレジなどが準備できれば珈琲店をオープンすることができます。

エスプレッソマシンやコーヒーミル

カフェのメインとなるコーヒーの提供に必要なエスプレッソマシンが必要です。また高品質なコーヒーを提供するために、コーヒーミルで豆を挽くことで、フレッシュなコーヒーの味わいを提供することができます。

コーヒーカップや紙コップ

 コーヒーやドリンクを提供する際に使用するマグカップや紙カップ。デザインやサイズにこだわり、カフェのブランドイメージを表現しましょう。

冷蔵庫、製氷機、オーブン、シンク洗浄設備

食材や生鮮食品の保管に必要な冷蔵庫、カフェで提供する焼き菓子やスイーツなどを調理するためのオーブン。氷を作るために必要な製氷機。食器や調理器具の洗浄に必要なシンクや洗浄設備が必要です。以上の機器や設備があればカフェを運営することはできるでしょう。

テーブルと椅子

お客様の座席となるテーブルと椅子をお店の坪数や立地、営業形態に合わせて準備が必要です。快適な空間を提供するために、デザインや素材にもこだわりましょう。

POSレジ

オーダー受け付けや会計をスムーズに行うためのPOSシステムは、売上管理や在庫管理など、効率的な運営に貢献します。
どのようなPOSシステムが自店に合っているのかを検討し、比べたうえで導入を検討していきましょう。

以上がカフェの運営に必要な最低限必要な設備や機器の一部です。カフェのコンセプトやメニューに合わせて、具体的な機器の検討を行いましょう。
カフェの開業に必要な機材は下記のURLからすべて揃いますのでぜひ、参考にしてください!

カフェ・喫茶店を開業するならこちらから

レジ周りを考えるならこちら

開業に必要な資格、申請はなにがあるの?

オーダー受け付けや会計をスムーズに行うためのPOSシステムは、売上管理や在庫管理など、効率的な運営に貢献します。
どのようなPOSシステムが自店に合っているのかを検討し、比べたうえで導入を検討していきましょう。

以上がカフェの運営に必要な最低限必要な設備や機器の一部です。カフェのコンセプトやメニューに合わせて、具体的な機器の検討を行いましょう。
カフェの開業に必要な機材は下記のURLからすべて揃いますのでぜひ、参考にしてください!

食品衛生責任者

カフェで食品を提供する場合、地方自治体の規定によっては「食品衛生責任者(食品衛生管理者)」の任命が必要です。食品の衛生管理や取り扱いに関する知識を持ち、衛生基準を遵守する役割を担います。

食品衛生責任者の資格を取得するためには

食品衛生に関する研修や講習を受けることが必要です。地方自治体や食品衛生関連の団体が提供する研修や講習に参加し、要件を満たす試験に合格することで資格を取得できます。

防火管理者

 30人を超える規模のカフェ店舗には防火対策が求められます。地方自治体の消防法に基づき、防火管理者(消防管理者)の任命が必要な場合があります。店舗の消防設備の点検や消防訓練の実施、避難計画の作成などをします。

防火管理者の資格を取得するためには

地方自治体の消防署や関連機関が提供する研修を受講する必要があります。研修内容は消防法や消防設備に関する知識や技術を学ぶものです。修了研修後に試験を受け、合格することで防火管理者の資格を取得できます。

営業許可証

カフェを営業するためには、地方自治体からの営業許可証を取得する必要があります。営業許可証は、カフェの営業が法律や規制に準拠していることを証明するものです。

営業許可書を取得するためには

営業許可証は地方自治体に申請する必要があります。所在地の少数役割場や商工会議所にお問い合わせ、営業許可の申請手続きについての具体的

まとめ

いかがでしたか?

東京23区外でコストを抑えてカフェをオープンするのにおすすめの駅や、開業に必要な準備や資格をご紹介しました。地域によって環境や需要は異なるため、可能性は様々です。

ぜひ、理想の味や店舗像を思い浮かべて、開業の戦略を立ててみてください。

テンポスドットコムでは、飲食店の開業に関する情報を発信しています。
ぜひご覧ください!

カフェ開業ドットコムはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録