川崎市で飲食店を開業する方法やメリット・デメリットを解説!

出店・開業

川崎市は、東京都心へのアクセスが非常に便利です。JR線や私鉄、横浜市や川崎市内を結ぶバスなどが充実しており、多くの人が行き来するエリアです。

工業地帯としても知られるほか、ショッピングモール等も多く、商業も盛んです。

この記事では、「川崎市で飲食店を始めてみたい」「川崎市で開業するメリット・デメリットを知りたい」「川崎市で開業するにあたって情報収集したい」、という方のための情報をまとめました。

川崎市の地域性に沿って、飲食店経営を成功させるためのヒントが詰まっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

川崎市の飲食店市場分析

神奈川県の開業率は全国5位

2015年度の厚生労働省の調査によると、飲食店を含む神奈川県の開業率は6.3%と全国で4位です。また廃業率は4.1%となっています。
神奈川県の開業率が比較的高い理由は、人口密度が高く多くの人が生活しているため需要が豊富であること、観光名所やショッピングエリアが集中しており新しい飲食店が集客しやすい環境が整っていることなどが挙げられます。

川崎市の飲食店の特徴

川崎市には商業エリアや住宅地が混在しており、多様なジャンルの飲食店が存在します。和食、洋食、中華、韓国料理、イタリアン、カフェなど、さまざまなスタイルが楽しめます。

また、川崎市独自のソウルフードとして、「川崎風お好み焼き」や「川崎もんじゃ」があります。これらのローカルフードが楽しめるお店が点在しています。

川崎市で飲食店を開業するメリット

商業施設が多い

川崎市内にはショッピングモールや商業施設が複数存在し、これらの施設内には多彩な飲食店が参入しています。ショッピングと食事を同時に楽しめる環境が整っています。

工場地帯がある

川崎市は工業地帯としても知られており、そこで働く人たちが利用しやすいランチのお店や居酒屋が栄えています。

アクセスがいい

川崎市は、東京都心へのアクセスが非常に便利です。JR線や私鉄、バスなどが充実しており、多くの人が行き来するエリアです。

客層が豊か

川崎市は多様な人口構成を持つ都市であり、様々な年齢層や職業の人々が住んでいます。これにより、さまざまなニーズに応える多様な飲食店が受け入れられる可能性があります。

川崎市で飲食店を開業するデメリット

競争が激しい

商業エリアや繁華街が多く、多様なジャンルの飲食店が競り合っています。競争が激しいため、独自性や差別化が求められます。

賃料が高い

人気のあるエリアや商業施設内に出店する場合、賃料が高額になります。経営コストの面で検討が必要です。

季節性の影響を受ける

季節や天候が来客数に影響を与えることがあります。例えば、雨や寒冷期には外出が減少することが考えられるため、対策が必要です。

衛生管理基準への対応が必要

飲食店は衛生管理が厳格であり、これに対応するための取り組みや設備投資が求められます。

川崎市でのおすすめの開業スタイルやジャンル

新しいフードトレンドの導入

市場のトレンドに敏感に対応し、新しいフードトレンドを取り入れたり、特定の食材や飲み物に特化したスタイルを提供したりすることで差別化が図れます。

アートやクリエイティブを取り入れる

川崎市はアートやクリエイティブな活動に力を入れており、それと飲食を結びつけることができるスペースやコンセプトが注目される可能性があります。

活気のある居酒屋やバー

川崎市の繁華街や商業エリアでは、夜間に活気のある居酒屋やバーが求められています。個性的なメニューや雰囲気で差別化を図ることが重要です。

フードトラック

フードトラックは、移動式の小型飲食店で、料理や飲み物を提供するための車両です。
運営コストが低く柔軟性があり、観光地やイベントで新しい顧客を引き寄せることが可能です。

外席を活かした屋外カフェやビアガーデン

川崎市には川沿いや公園など屋外で楽しむスポットも多いです。季節に合わせて屋外での飲食を楽しめるスタイルが人気となることがあります。

川崎市での飲食店開業における集客方法

地元イベントへの参加

川崎市にある多摩川河川敷では様々なアウトドアイベントが開催されることがあります。イベント参加は集客と認知度向上のチャンスです。

SNSマーケティング

InstagramやTwitterなどのSNSを活用して、美味しい料理や雰囲気を発信し、フォロワーを増やしましょう。

クーポンや特典の提供

新規客を引き込むために、割引クーポンや特典を提供します。
利便性を高めつつ新しい顧客を獲得することができます。

オンライン予約サービスの活用

ネット予約などの制度を充実させ、利便性をアピールします。
予約が増えることで集客の効率が向上します。

キャンペーンの開催

定期的にイベントやキャンペーンを計画し、特別なメニュー、プレゼントなどを提供して注目を集めましょう。顧客を惹きつけ、何度も来店してもらえるきっかけにもなります。

川崎市で飲食店を開業するために必要な許認可と手続き

飲食業許可を取得する

川崎市で飲食店を営むにあたり、地元の自治体からの営業許可が必要です。営業所や店舗の所在地により異なる要件があるため確認することをおすすめします。

食品衛生管理者を指定する

飲食店では、食品衛生に関する法令に基づき、食品衛生管理者を指定する必要があります。適切な講習を受け、指定を受けることが求められます。

建築基準法を確認する

飲食店の建物や設備に関して、建築基準法の規定に従った設計や工事が必要です。建築確認や使用許可の手続きを行いましょう。

税務手続きを行う

国税庁や地方税事務所で事業者登録を行います。消費税や法人税などの適切な納税手続きを行い、税務署へ報告が必要です。

労働関連の届出を行う

従業員を雇用する際は、雇用保険や労働基準法に基づいて届出を行う必要があります。雇用関連の手続きを適切に行いましょう。

川崎市で飲食店を開業する成功の秘訣

地域のコミュニティに協力する

地元のイベントやコミュニティに積極的に参加し、地元の人々とのコネクションを築きましょう。地域に根付いた店舗づくりが大切です。

顧客とのコミュニケーションを大切にする

顧客とのコミュニケーションを大切にし、顧客の満足度を上げたり、需要を把握したりすることが重要です。リピーターの獲得にも繋がります。

競合分析を行う

人気のエリアでは、競合店を調査し、他との差別化ポイントを見つけましょう。独自性を打ち出すことが成功の鍵となります。

地元のトレンドに敏感になる

地元のトレンドや流行をチェックし、メニューやサービスに反映しましょう。変化に適応することで成功に繋がります。

オンラインプレゼンスの構築

インターネット上での情報発信やオンライン予約サービスの導入は、現代の飲食店経営において不可欠な要素です。ウェブサイトやSNSを活用して、集客を強化しましょう。

まとめ

川崎市で飲食店を開業するメリットとして、交通の利便性や商業・工業施設の多さから活気があること、多様な人口構成を持つため客層が豊かであることなどが挙げられます。しかし、賃料が高いこと、競争が激しいことなどが課題となります。
成功のためには地域性に沿った戦略や効果的な集客方法の導入が必要です。

これらのメリットデメリットを把握し、飲食店開業を目指してみてください!

テンポスドットコムでは、飲食店の開業に関する情報を発信しています。
ぜひご覧ください!

※開業に関して少しでも興味がある方におすすめ!「メインコンセプト・だれに・どこで・いくらで・いつ・何を・なぜ・だれが・どのように」の9つの項目を簡単に整理できる「開業コンセプトシート」と「記入例」を「無料」でダウンロードできます。

この続きをみるには

タグ:

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 横浜市営ブルーラインでカフェをオープンするならおすすめの駅5選!開業に必要な準備や資格も徹底解説!

  2. トレンドは”昭和レトロ”!中古装飾品で差をつけよう

  3. 相鉄線でカフェをオープンするならおすすめの駅5選!開業に必要な準備や資格も徹底解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP