新宿区で飲食店を開業する方法やメリット・デメリットを解説!

出店・開業

新宿区は日本で最も人が集まるエリアの一つで、国内外からの観光客、ビジネスマン、地元の住民など、さまざまな人々が訪れます。また、世界でも有数の乗降客数を誇り、多くの鉄道路線が交差する交通のハブです。

この記事では、「新宿区で飲食店を始めてみたい」「新宿区で開業するメリット・デメリットを知りたい」「新宿区で開業するにあたって情報収集したい」、という方のための情報をまとめました。

新宿区ならではの食文化や地域性を理解し、独自のアプローチで飲食店経営を成功させるためのヒントが詰まっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

新宿区の飲食店市場分析

新宿区の開業率は東京23区中2位

2016年度の総務省・経済産業省の調査によると、飲食店を含む新宿区の開業率は9.8%と東京23区内で2位です。また廃業率は13%となっています。

新宿区の飲食店の特徴

新宿区の飲食店は、多様性と国際性が特徴です。また、仕事帰りに同僚や友人と立ち寄れる居酒屋が豊富にあるほか、高級ダイニングから気軽に立ち寄れるカフェやファーストフード店まで、あらゆるタイプの飲食店が揃っています。

新宿区で飲食店を開業するメリット

交通アクセスの良さ

新宿駅は世界でも有数の乗降客数を誇り、多くの鉄道路線が交差する交通のハブです。この優れた交通アクセスは、客層を広げる上で大きなメリットとなります。

商業施設やオフィスビルが豊富

新宿区には多くの商業施設やオフィスビルが集中しています。これにより、昼夜を問わず安定した顧客基盤を確保しやすく、特にランチタイムやアフター5の需要を見込むことができます。

ブランドイメージ

新宿区で成功した飲食店は、地域のブランドイメージを活用することができます。新宿区での成功は、他の地域での事業拡大やフランチャイズ展開の際にも有利に働く可能性があります。

メディアへの露出機会

新宿区は多くのメディアにとっても注目のスポットです。新しいトレンドが生まれやすいエリアであるため、メディアに取り上げられる機会が多く、自然なプロモーション効果を期待できます。

新宿区で飲食店を開業するデメリット

高額な賃料

新宿区は東京都内でも人気の高い商業エリアの一つであるため、店舗の賃料が高額になりがちです。特に新宿駅周辺や人通りの多い商店街では、初期投資コストが大きくなる可能性が高いです。

激しい競争

新宿区は飲食店の激戦区であり、新規参入者は既存の多くの飲食店との競争に直面します。独自性や競争優位性を持たない限り、顧客を獲得し維持することが困難になることがあります。

ターゲット顧客の確保の難しさ

新宿区は多様な顧客層が訪れるため、特定のターゲット市場に合わせたマーケティングが難しい場合があります。特に観光客向けに特化した場合、季節や経済情勢による影響を受けやすくなります。

運営コストの高さ

高額な賃料の他にも、人件費や食材費などの運営コストも東京都内では高めです。利益率を維持するためには、効率的な運営管理とコストコントロールが不可欠となります。

新宿区でのおすすめの開業スタイルやジャンル

国際料理

新宿区は国内外から多くの観光客が訪れるため、イタリアン、フレンチ、中華、タイ料理などの国際料理は幅広い顧客層に受け入れられやすいです。特に、本格的な味わいや珍しい料理を提供することで、差別化を図ることができます。

カフェ&スイーツ

若者や観光客を中心に、カフェやスイーツ専門店への需要は高く、インスタ映えするようなデザートやドリンクを提供することで、SNSを通じた口コミ効果が期待できます。

バル・居酒屋スタイル

新宿区はビジネス街でもあるため、仕事帰りの人々が気軽に立ち寄れるバルや居酒屋スタイルの店舗は安定した需要があります。オリジナルの飲み物や地元産食材を使用した料理など、特色を出すことが重要です。

テーマレストラン&エンターテイメント性の高い飲食店

新宿区のような観光地では、食事だけでなくエンターテイメント性を提供するテーマレストランや体験型の飲食店が人気です。顧客に特別な体験を提供することで、記憶に残りやすく、リピーターや口コミを通じた集客が期待できます。

テイクアウト&デリバリーサービス

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、テイクアウトやデリバリーサービスへの需要は高まっています。特に、忙しいビジネスマンや家庭を持つ人々に向けた、健康的で手軽に楽しめるメニューの提供がおすすめです。

新宿区での飲食店開業における集客方法

SNSマーケティング

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSを活用し、店舗の雰囲気、おすすめメニュー、期間限定の特別なイベント情報などを積極的に発信します。特に、視覚的に魅力的な写真や動画を投稿することで、共有されやすく、広範囲にわたる露出を期待できます。

グルメサイトとの連携

食べログやぐるなびなどのグルメサイトに店舗情報を掲載し、利用者のレビューや評価を通じて信頼性を高めます。これらのサイトは飲食店選びに影響力が大きいため、積極的な活用が推奨されます。

地元メディアとのタイアップ

地元の新聞、ラジオ、テレビ局などとのタイアップや広告掲載を検討します。特に、新宿区内で開催されるイベントやフェスティバルへの参加も、地元住民や観光客への露出機会を増やす良い方法です。

クーポンや割引サービスの提供

初回訪問を促すための割引クーポンや、リピーター向けのポイントカード制度を導入します。また、誕生日特典や記念日割引など、個人の特別な日に利用してもらえるサービスを提供することも有効です。

口コミの促進

良質なサービスと食事を提供し、顧客に店舗の体験をSNSで共有してもらうよう促します。口コミは非常に強力な集客ツールであり、特に新宿区のような人が多く集まるエリアでは、その効果は大きいです。

新宿区で飲食店を開業するために必要な許認可と手続き

飲食店営業許可

飲食店を営業するには、自治体からの営業許可が必要です。新宿区の食品衛生課などに申請書類を提出し、審査を受ける必要があります。

建築確認申請

飲食店を開業する場合、店舗の建物が必要に応じて建築基準法や消防法などの法令に適合していることを確認するための建築確認申請が必要です。

営業税の申告

飲食店を開業すると、営業税の申告が必要です。新宿区の税務署にて事業の種類や売上などに応じた税金の申告を行います。

税務手続きを行う

開業した事業所は、国や地方自治体に税金を納めるための税務手続きが必要です。法人税や消費税など、適切な税務申告と納税が求められます。

店舗の衛生管理

飲食店では、衛生管理が重要です。衛生管理に関する規制やガイドラインに従い、定期的な衛生検査や衛生管理の徹底が求められます。

新宿区で飲食店を開業する成功の秘訣

ターゲット市場の明確化

新宿区にはビジネスパーソン、ショッピングを楽しむ人々、観光客など多様な客層がいます。自店のコンセプトやメニューをこれらのターゲット市場のニーズに合わせて設計することが重要です。

独自性と差別化

競合が多い地域特性上、他店との差別化が成功のカギです。独自のメニュー開発、店舗デザイン、サービス提供などで、顧客に新鮮な体験を提供してください。

高品質なサービスと商品

食の質やサービスの質を高めることで、リピーターを確保し、口コミでの好評を得ることができます。特に新宿区では、顧客の期待値が高いため、一貫した高品質を維持することが重要です。

効果的なマーケティング戦略

SNSの活用、口コミサイトでのプレゼンス強化、地元イベントへの参加など、複数のマーケティングチャネルを駆使して店舗の知名度を上げましょう。

柔軟な経営姿勢

市場の変化や顧客ニーズの変動に柔軟に対応できる経営姿勢が求められます。新しいトレンドを取り入れたり、メニューの更新を行ったりするなど、時代と共に進化することが重要です。

まとめ

新宿区で飲食店を開業するメリットとして、日本で最も人が集まるエリアの一つで、国内外からの観光客、ビジネスマン、地元の住民など、さまざまな人々が訪れること、世界でも有数の乗降客数を誇り、多くの鉄道路線が交差する交通のハブであることなどが挙げられます。しかし、競争が激しいこと、賃料が高いことなどが課題となります。
成功のためには地域特性にマッチした戦略や効果的な集客方法の導入が必要です。

これらのメリットデメリットを把握し、飲食店開業を目指してみてください!

テンポスドットコムでは、飲食店の開業に関する情報を発信しています。
ぜひご覧ください!

※開業に関して少しでも興味がある方におすすめ!「メインコンセプト・だれに・どこで・いくらで・いつ・何を・なぜ・だれが・どのように」の9つの項目を簡単に整理できる「開業コンセプトシート」と「記入例」を「無料」でダウンロードできます。

この続きをみるには

タグ:

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 東京23区でケーキ屋開業におすすめのエリア5選!コンセプトやターゲット別にご紹介!

  2. 渋谷区で飲食店を開業時に融資を受ける際のポイントは?開業の流れも含めて解説!

  3. 【飲食店必見】Googleマップ掲載の集客効果ってどのくらい?【事例あり】

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP