カフェのメニューに特徴を持たせるためにはどうしたらよいのか?効果的な宣伝方法についても紹介!

開業・出店

「いつかカフェを開いて、悠々自適に生活することが将来の夢」というように、コーヒーの専門店やカフェを開業することを「理想」とする人がいるのではないでしょうか。

夢を追いかけていても現実的に考え「開業は厳しいのでは?」「失敗したらどうしよう」と人は新しい挑戦に対して不安を抱えてしまうものです。

実際にカフェは、「2年以内に50%は閉業する」と言われる厳しい世界です。カフェで生き抜くためには、売上や利益を増やす必要があるのでしょう。

今回はカフェのメニューに特徴を持たせるためにはどうしたらよいのか。宣伝方法についても紹介していきます。これから開業しようとしている人でメニューに特徴を持たせたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

カフェのメニュー

そもそもカフェのメニューはどのようなものがあるのでしょうか。お店ごとに取り扱っている商品は異なりますがカフェは、コーヒーや紅茶を基準としたドリンク類を提供しています。

その上で、軽食と呼ばれるデザートがカフェメニューとなります。しかし、必ずしもデザートがカフェメニューになるとは限りません。

近年では、ご飯系のカフェメニューを提供しているお店や食事が売りのカフェが増加しています。老舗である喫茶店で提供されているモーニングやランチには、ピザトーストやナポリタンスパゲティー等が定番メニューになっています。

ここからはカフェメニューを決めるうえで大事にしているポイントを紹介していきます。

・お店の看板メニューを決める
・商品を限定する
・ターゲットを決める

それぞれ詳しくみていきましょう。

お店の看板メニューを決める

一つ目は、お店の看板メニューを決めることです。お店の看板メニューを決めるということは、「お店の強み」を最大限に引き出すことです。

たとえば、若い女性をターゲットとして看板メニューを決めた場合、アジアンテイストかイタリアン。または、ナチュラル志向のメニューにするのかを決めます。

初めに強みを決めておくことで、強みに沿ったメニューを考えやすくなります。

メニューを限定する

二つ目は、メニューを限定することです。メニューの種類が多すぎても、お客様はどれを選べばよいか悩んでしまいます。

たとえば、トーストのアレンジメニューを増やすのではなく、メニューを限定することで少ないメニューから選択できます。メニューを限定することで、お客様は迷わずに選択しやすくなるのでしょう。

ターゲットを決める

三つ目は、ターゲットを決めることです。カフェメニューを新しく開発するにあたり、しなければいけないことはどのようなお客様をターゲットにして提供するのか決めることです。

女性か男性か。さらには、女性同士かカップルに向けてか。どのお客様をターゲットにするのか見定めなくてはいけません。

ターゲットの選定は、立地条件によって大きく異なるのです。たとえば、近所に大学があれば学生をターゲットにできます。また、繁華街であれば友人やカップルをターゲットにできます。

さらに、利用用途も考えなくてはいけません。時間がない人でも気軽に入店しやすいお店なのか、食事を楽しんでもらう雰囲気なのかを利用する人の用途に合わせてメニュー構成を行う必要があります。

カフェに必要な厨房機器・調理道具を見る

メニューに特徴を持たせるには?

メニューに特徴を持たせるにはどうしたらよいのでしょうか。ここではメニューに特徴を持たせる方法について紹介していきます。以下のことがあげられます。

・地域の特産品を使用する
・季節限定メニュー
・テーマを決める
・ユニークな飲み物
・ビジュアルにこだわる
・エンターテイメントを活用する
・ストーリーを持たせる
・健康や栄養を考えたメニュー

それぞれ詳しくみていきましょう。

地域の特産品を使用する

一つ目は、地域の特産品を使用することです。地元で採れた食材をメニューに提供することで、その地域を知るきっかけやなにかしら影響を生み出せるかもしれません。

特産品を扱うのであれば、地元の農家や市場と提携する必要があります。

季節限定メニュー

二つ目は、季節限定メニューとして提供することです。季節ごとの食材を使用したメニューを提供することで、新鮮で旬のある味を楽しめます。

また、季節ごとにメニューが変わることで、お客様の楽しみも増えリピーターを獲得できるチャンスもあります。

テーマを決める

三つ目は、テーマを決めることです。特定のテーマに基づいたメニューを提供することで、他のお店との差別化を図れます。

たとえば、健康志向のメニューやビーガン。さらに、ベジタリアンメニュー、グルテンフリーのメニュー等独自性を生み出せます。

ユニークな飲み物

四つ目は、ユニークな飲み物です。オリジナルのドリンクやスペシャルティコーヒーを提供することにより、特別感を演出できます。

また、オリジナルのシロップやスパイスを使用した飲み物もおすすめです。

ビジュアルにこだわる

五つ目は、ビジュアルにこだわることです。近年では、ビジュアルで人気なお店がたくさんあります。

インスタ映えするようなきれいな盛り付けやユニークな食器を使うことで、SNSでの拡散を狙えます。

エンターテイメントを活用する

六つ目は、エンターテイメントを活用することです。お客様が自分で料理をカスタマイズできるようなメニューや見た目が変わる演出を加えるといった料理のみではなく、娯楽も楽しめます。

たとえば、テーブルサイドで仕上げる料理、自分で具材を選べるサラダバー等があります。

ストーリーを持たせる

七つ目は、ストーリーを持たせることです。各メニューにストーリーや背景を持たせることで、お客様がメニューに対する興味を持ちます。

たとえば、各料理の由来やシェフのこだわりをメニューに記載しておくことで、過程も知ることができます。

健康や栄養を考えたメニュー

八つ目は、健康や栄養を考えたメニューです。栄養バランスに配慮したヘルシーメニューを提供することで、健康志向のお客様にメニューをアピールできます。

これらの方法を活用することで、カフェメニューに独自性を持たせ、他のお店との差別化を図れるでしょう。

集客できる宣伝方法

メニューを作成した後に、宣伝はどうしたらよいのか考えなくてはいけません。宣伝方法として、グルメサイトでの連載方法があります。

たとえば、ぐるなびやホットペッパー等のグルメサイトに店舗情報を入力することで、インターネットから集客ができます。

グルメサイトは、飲食に行く予定のあるお客様が閲覧するため、高い集客効果が期待できるでしょう。

また、プランで契約することで、サイト内における上位表示ができます。しかし、上位表示することに多額の費用を使いすぎては費用対効果が低くなってしまいます。そのため、予算と売上が釣り合うような最適なプランを選択しましょう。

まとめ

今回はカフェのメニューに特徴を持たせるためにはどうしたらよいのか。宣伝方法についても紹介してきました。

メニューに特徴を持たせるためにも、地域の特産品を使用したり季節限定メニューを作成したりして、他のお店にはない独自性を生み出す必要があります。

カフェ開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録