カフェを開業する際にコーヒーにこだわりたい人必見。「味わいのある豆」を選びたい場合どうすればよいのか?

開業・出店

カフェの経営に憧れて、一度はカフェを開業してみたいと考えたことがある人もいるはずです。

しかし、「未経験者で開業は厳しい」「カフェを開業したいけれど、なにをすればよいのかわからない」等の不安や悩みはつきものです。

カフェ開業を目指す人で、あまりコーヒーに詳しくない人もいるのではないでしょうか。食事や空間で勝負するという人もいるはずです。しかし、カフェの店主として開業するにあたって、最低限の知識は知っておかなくてはいけません。

コーヒーは豊富な種類があり、淹れ方によって味わいが大きく異なる飲み物です。コーヒー豆の品質や焙煎度合い。さらには、淹れ方にこだわることで、お客様に満足してもらえるコーヒーを提供できます。

今回はカフェを開業する際にコーヒーにこだわりたい人必見。「味わいのある豆」を選びたい場合どうしたらよいのか紹介していきます。

コーヒーにこだわりを持たせたい人はぜひ参考にしてみてください。

コーヒーの起源

コーヒーの起源はどのようになっているのでしょうか。ここではコーヒーの起源を遡ってみていきます。

世界最古のコーヒーは9世紀頃にエチオピアのアビシニア高原で発見されたと言われています。

その後、アラビア半島に運ばれ、栽培されたコーヒーのことをアラビアから取って「アラビカ種」と呼ばれています。

現在、私たちが楽しんでいるコーヒーのほとんどがこの「アラビカ種」です。

17世紀の大航海時代に世界の覇権を握っていたオランダでは、多くの植民地を保有していました。

コーヒーの栽培に興味を持ったオランダ人が植民地のスリランカで栽培を始めたことがきっかけでコーヒーが広まったとされています。

オランダを中心に、コーヒーがヨーロッパ各地で広まるきっかけを作りました。

また、同時期にインドに染みわたったことでコーヒーが、インドネシアのジャワ島で栽培されるようになったのです。

18世紀に入り、ジャワ島で栽培されたコーヒーの苗木がオランダのアムステルダム植物園に運ばれたことにより、初めてヨーロッパにコーヒーの苗木がヨーロッパへ渡ってきました。

この苗木こそが「アラビカ種」の中の「ティピカ種」の祖先と言い伝えられています。

フランスのルイ14世によって、オランダ市長がコーヒーの苗木を寄贈したことで、フランスも植民地でのコーヒー栽培を始めます。

フランス植民地であるレユニオン島と呼ばれる島で栽培された「ティピカ種」が、土地や風土に合わせて突然変異を起こし、美味しいコーヒーとして生まれ変わりました。

美味しいコーヒーの淹れ方

美味しいコーヒーの淹れ方はどのようになっているのでしょうか。美味しいコーヒーの淹れ方とコツやポイントも踏まえて紹介していきます。

チャットGTPに聞いてみたところ、以下の必要な道具や基本的な手順があげられました。

それぞれ詳しくみていきましょう。

必要な道具

・ コーヒー豆
・ コーヒーミル(グラインダー)
・ドリッパー(ペーパーフィルター付き)
・ケトル
・温度計
・コーヒーサーバーまたはカップ
・タイマー

美味しいコーヒーを入れる際は、以下の道具を活用しましょう。

手順

コーヒー豆の選択と計量

まず、新鮮なコーヒー豆を選ぶ必要があります。特に、焙煎日から2週間以内のものが理想的です。

美味しいコーヒーを淹れるには、一杯分(約180ml)のコーヒーに約10〜12gのコーヒー豆が必要です。

コーヒー豆の挽き方

飲み方や抽出方法によって挽き方が異なります。たとえば、ドリップコーヒーの場合、中細挽きがもっとも適しています。

また、挽きたての豆を使用することにより、香りと風味が最大限に引き出されるでしょう。

お湯の準備

お湯は90〜96℃に加熱します。この時、沸騰したお湯を冷ましておくか、温度計を使って適温に調整しておきましょう

フィルターの準備

ペーパーフィルターをドリッパーにセットしておき、お湯を注いでフィルターの匂いを取り除きます。

匂いを取り除いた後、お湯を捨てます。

コーヒーの抽出

挽いたコーヒーをドリッパーに入れ、表面を平らにします。その後、タイマーをセットして全体にお湯を少量注ぎ、30秒ほど蒸らしましょう。30秒蒸らすことで、ガスが抜けてコーヒーの風味が一層引き立ちます。

蒸らしを終えたら、中心から外側に向かってゆっくりと円を描くようにお湯を注ぎます。注ぐお湯の量を一定に保ちながら、全体に約3〜4分かけて抽出します。

サーバーまたはカップに注ぐ

抽出が終わったら、コーヒーサーバーまたはカップに注ぎます。

味の調整

最後に、お好みでミルクや砂糖を加え、味の調整をします。

カフェに必要な厨房機器・調理道具を見る

コツとポイント

美味しいコーヒーを淹れる際は、どのようなことに注意して淹れたらよいのでしょうか。ここでは美味しいコーヒーを淹れるコツを紹介していきます。以下のコツがあげられます。

・豆の新鮮さ
・挽き具合
・お湯の温度
・均等な注ぎ方

それぞれ詳しくみていきましょう。

豆の新鮮さ

一つ目は、豆の新鮮さです。美味しいコーヒーを淹れるためには、なによりも新鮮な豆を使うことが重要です。理想は、焙煎後すぐに消費するようにしましょう。

挽き具合

二つ目は、挽き具合です。抽出方法に応じて挽き具合を調整しなくてはいけません。細かすぎると苦く、粗すぎると薄くなるためお客様に提供する際は、挽き具合に注意して取り掛かりましょう。

お湯の温度

三つ目は、お湯の温度です。お湯の温度が高すぎると苦味が強くなり、低すぎると味が出にくくなってしまいます。

お湯の温度調整は美味しいコーヒーを淹れるうえで重要なポジションとなります。

均等な注ぎ方

四つ目は、均等な注ぎ方です。お湯を全体に注ぐことで、均等な抽出ができます。

先程説明した通り、中心から外側に向かってゆっくりと円を描くようにお湯を注ぐことで美味しいコーヒーを淹れられます。

これらのコツを押さえておくことで、お客様に美味しいコーヒーを楽しんでもらえるようになります。

コーヒーの味わいにこだわって豆を選ぶ

コーヒーの味わいにこだわって豆を選ぶ際は、どのようなことに注意しておく必要があるのでしょうか。

ここではコーヒーの味わいにこだわった豆選びについて紹介していきます。以下のことがあげられます。

・酸味を抑えて苦味を引き出したい場合
・コクのある味わいにしたい場合

それぞれ詳しくみていきましょう。

酸味を抑えて苦味を引き出したい場合

一つ目は、酸味を抑えて苦味を引き出したい場合です。酸味を抑えて、苦みのある味わいをお客様に提供する際は、焙煎深度の深いものを選びましょう。

豆の産地でおすすめなのがブラジルやブルーマウンテン。さらに、インドネシア産やペルー産のコーヒーは独特で苦みを感じやすくなります。

コクのある味わいにしたい場合

二つ目は、コクのある味わいにしたい場合です。コクのある深い味わいを提供する際は、コロンビア産やキリマンジャロ。さらに、ブルーマウンテンがおすすめです。

コクのある味わいを生み出すには、焙煎深度は深めがよいでしょう。

まとめ

今回はカフェを開業する際にコーヒーにこだわりたい人必見。「味わいのある豆」を選びたい場合どうしたらよいのか紹介していきます。

コーヒーの淹れ方や豆の種類について紹介してきましたが、一番大切なのはお客様に喜んでもらえるコーヒーを提供することです。

そのため、コーヒーにこだわったカフェを開業するためにも、コーヒーの淹れる技術はもちろんのこと豆の知識も学んでおきましょう。

カフェ開業マップはこちら

開業支援の詳細はこちら

新規開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 厨房のお助けアイテム!業務用スープジャーを徹底解説!

  2. 夏場に流行間違いなし!韓国スイーツ「パッピンス」の魅力をご紹介!

  3. 【2024年】「ブックカフェ」が人気の理由、メリット・デメリットを解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP
新規登録