飲食店と相性抜群!今すぐ始めるべきLINE公式アカウントとは?

サービス一覧

LINEは、国内月間利用者数8900万人以上を誇るSNSで、スマートフォンを持っている人のほとんどが利用しているアプリです。

日常的なコミュニケーションとして、幅広い年齢層に利用されています。

そんなLINEの公式アカウントがあるのはご存じでしょうか。

これは、飲食店の顧客獲得との相性が良く、集客や売り上げ拡大に効果敵であると言われています。

ここでは、飲食店様が公式LINEアカウントを上手く利用する方法をご紹介いたします。

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントとは、企業が開設できるビジネス用のアカウントのことです。

※かつては中小企業や店舗向けサービスとして「LINE@(ラインアット)」が提供されていましたが、2019年4月にサービスが統合されています。

アカウントの認証

アカウントには認証システムがあります。

認証済みアカウントになると、アカウントの信頼度が高くなるため、店舗や企業のビジネスツールとして運用する際、認証済みアカウントの取得がおすすめです。

認証のメリットは主に以下の5つです。

・認証済みバッジがもらえる

・LINEアプリ内の検索結果に表示される

・LINE広告の出稿が可能

・友達登録を促すための販促ポスターがダウンロードできる

・月額料金の請求書を発行してもらえるため、支払いが楽

飲食店がLINE公式アカウントを使用するべき理由

では、なぜ飲食店の顧客獲得との相性が良いか、LINE公式アカウントを使用するべき理由を4つご紹介いたします。

①リピーター獲得に適している

TwitterやFacebookなどのSNSはお店の投稿を拡散することで、まだ知らない人にもお店の情報を届けることができるため、新規顧客の集客に向いています。

それに対してLINE公式アカウントは「友達追加」したユーザーに対して情報を発信するため、「新規顧客」ではなく「以前来店したことがある人」への集客が向いています。

リピーター獲得が欠かせない飲食店にとって、有力なツールです。

②メッセージの開封率が高い

LINEが普及してからメールを開かなくなった人も多いのではないでしょうか?

今まで販促方法の一つにメルマガがありましたが、株式会社ソーシャルサービスの調べによると、飲食店のメルマガの開封率は約13%です。

しかし、LINEでのメッセージ配信の開封率は約60%になっています。

メールでのメルマガだと迷惑メールに振り分けられたり、他のメールに埋もれて読まれないことが多いですが、LINEはアカウント毎にメッセージが届くため見落とされにくく、メッセージにすぐ気づいてもらえることができます。

開かなければならない内容が分からない仕組みであるため、読んでもらえる機会が増え、お店のお知らせやお得な情報をお客様へしっかり届けることができます。

③簡単に友達登録ができる

新しいアプリに登録する際、個人情報の入力を求められる場合が多いです。

しかし、LINE公式アカウントなら「お友達追加」をタップするだけで友達登録が完了します。

気軽にお友達登録ができるのでお店からお客様へお友達登録が勧めやすいです。

④様々な機能が使える

画像や動画、スタンプなどを使って配信することができるため、メルマガ以上に多彩な表現ができます。

クーポンやアンケート、ショップカードなどの機能も使えるため、訴求力が高いです。

LINE公式アカウントの機能

では、実際LINE公式アカウントで使用できる機能についてご紹介いたします。

メッセージ配信

自社のLINE公式アカウントを友達登録しているユーザーに向けて、テキストや画像、動画、スタンプなどのメッセージを配信できます。

ユーザーの年齢層や性別、地域などで配信先を絞ったり、違う内容をテスト的に(A/Bテスト)行うことが可能なため、集客などのマーケティングとして効果的です。

新メニューやイベントのお知らせ、クーポンなどの有益な情報を一斉配信することで、メルマガより気楽に開封してもらえます。

セグメント配信

ユーザーの属性によって配信を変えられる機能です。

例えば一斉配信でワイン情報を配信したとします。

すると、ワイン好きのユーザーは興味を持ちますが、ワインが苦手なユーザーにとっては有益な情報ではなくなってしまいます。

自分に有益でない情報が続くと削除やブロックにつながります。

このような事態を防げるのが、セグメント配信です。

住所・年齢層・購入履歴など様々な条件でユーザーの属性を絞り込み、情報に合ったユーザーにのみ配信することができます。

クーポン配信

クーポンを配信することができます。

店舗で利用できるクーポン(例:「モーニングメニュー20%off」「先着50名様に生牡蠣プレゼント」)や通販サイトで利用可能なデジタルクーポンの配信もできます。

使用可能回数や有効期限、公開範囲などをそれぞれ設定できるため、お店に合ったクーポンを配信できます。

また、配信後にはクーポンの開封率・使用率・ユーザーデータ等を分析することもできるため、次回以降のクーポン配信に向けて分析・改善をすることができます。

ショップカード

ショップカードとは、スマートフォンで利用できるポイントカードのことです。

割引クーポンやドリンクサービスなど特典を自由に設定し、来店したお客様にポイントを付与することができるため、リピート率の向上が見込まれます。

QRコードを読み取るとポイントが付与される、LINE上のショップカードを作ることも可能です。

紙のポイントカードを持ち歩く必要がなく、キャッシュレスを好むお客様にもご利用いただきやすいです。

チャット

友達登録しているユーザーと1対1で会話ができる機能です。

通常のLINEのようにやり取りができるため、信頼関係を築きやすく、ファン化にもつながります。

LINEなら気負わずコミュニケーションができると感じる方も多いため、予約・問い合わせのハードルも下がります。

チャットで来店予約を受け付ければ、忙しくて電話応対ができない時でも空いた時間に対応できるため、お店側も助かりますし、後から何度でも見返せるためミスを防ぐことができます。

やり取りの回数に関わらず無料で利用できるため、積極的に利用していくことができます。

自動応答機能

ユーザーからメッセージを受け取ったときに自動で返信する「チャットボット」のような機能です。

あらかじめ設定しておいたメッセージを自動で返信してくれるため、作業の効率化が図れます。

また、すぐに返信が来るため、ユーザーにもストレスがありません。

例えば、営業時間内はチャットで対応、時間外は自動応答機能に切り替えて対応するといった事も可能です。

タイムライン投稿

タイムラインに情報を投稿することができます。

「いいね」や「シェア」によって、友だち以外のユーザーのタイムラインに情報を拡散でき、一度も来店したことのないユーザーにもお店を認知してもらえます。

メニューの紹介・企画やイベント情報・店舗の雰囲気が伝わる投稿などで「いいね」や「シェア」を狙っていきましょう。

プロフィールページ

プロフィール画面に、店舗の情報や画像などを設定できる機能です。

設定したプロフィール情報は、友達追加しているユーザーはもちろん、友達になっていないユーザーでも見ることができます。

プロフィールページで設定できる情報は以下の通りです。

・アカウント情報:アカウント名やプロフィール画像

・基本情報:営業時間や予約、電話や地図、支払い方法など

・ボタンの設置:通話、WEBサイト、クーポン、予約など

・追加情報:フォロワー数、アカウントIDの追加

・プラグイン:デリバリー、テイクアウト、コレクション(メニューなど)、感染症対策など

基本情報の登録はもちろん、予約ボタンやWEBサイトへ誘導するためのボタンをつけると、ユーザーがアクションを起こすための同線が引けるのでより効果的です。

LINE公式アカウントの始め方

LINEの公式アカウントを始めたいと思った場合、「自分で登録する」「登録を代行する」の2つから選ぶことができます。

自分で登録する

LINE公式アカウントは、自分で登録することが可能です。

①「LINE公式アカウントアプリ」をダウンロードする。

②メールアドレスまたは個人のLINEアカウントでログインする。

③「認証済みアカウントを開設する」または「未認証アカウントを開設する」のどちらかをクリック

④「LINE Business ID」の画面が表示されるので「アカウント作成」をクリック

既にお店のLINEがある場合は、次の画面で「LINEアカウントで登録」、そうでない場合は「メールアドレスで登録」を選びましょう。

※既存のアカウントで登録する場合、友達は引き継がれます。

⑤必要項目を入力

⑥確認ボタンをクリックし内容を確認

⑦内容に間違いなければ「完了する」をクリック

⑧運用開始

認証済みアカウントの場合はここから審査があります。

申し込み~審査完了までの日数の目安は通常約10営業日です。

登録を代行する

登録の仕方がいまいち理解できない、どのような情報を発信すればよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

また、日々の業務に追われ、配信内容を考えたり、継続的に配信する時間が取れないと考える飲食店様も多いかと思います。

そんな方には、登録や配信の代行をしてくれるサービスの利用がおすすめです。

中小飲食店をサポートしているテンポスのLINE運用サービスでは、効果的なリピーター集客を行っています。

簡単に効果的なLINEアカウントの運用を考えている飲食店様は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちらから。

LINE公式アカウントを友達登録をしてもらうために

来店していただいたお客様に友達登録をしていただき、再来店やファン化に繋げていきましょう。

①友達登録の特典を用意する

「友達登録でお会計から5%OFF」「友達登録でドリンクをサービス」「友達登録で50ポイント進呈」のような、ユーザーにとってうれしい「特典」を用意してみましょう。

②各種媒体で告知する

ホームページやSNS、グルメサイトなどの各媒体でLINE公式アカウントを始めた旨を告知しましょう。

デジタルでの告知だけでなく、店舗ポスターや店頭看板での宣伝、注文時や会計時にお客様へ声をかけるといったアナログな宣伝も併せて行いましょう。

③友達登録用のQRコードを作成する

QRコードを作成することで、友達登録をするハードルを下げることができます。

テイクアウトの商品に「友達登録でクーポンGET」というQRコードを載せたチラシを同梱することで友達を増やした成功事例もあります。

また、各テーブルにQRコードを設置することで、料理を待つ間やお帰りの前に友達登録をしてもらいやすくなります。

まとめ

LINE公式アカウントは、店舗の宣伝をするだけでなく、ユーザーとの信頼関係も築ける集客ツールです。

来店後のフォローでリピーターを増やす事も可能なため、飲食店の集客には是非取り入れていただきたいツールです。

この機会にLINE公式アカウントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

飲食店公式LINE登録・運用

タグ:

関連記事

最近の記事

  1. ここが違う!プロが教える飲食店のガス機器の火が点かないの対処法

  2. テンポスドットコム公式Twitterで毎日更新中!紹介した新品・中古商品のまとめ記事必見です!

  3. 飲食店はホームぺージとブログのどっちをやればいい?違いを知って集客に役立てよう!

ランキング

  1. 1

    ヴィーガン(ビーガン)って実際何?今さら聞けないベジタリアンとの違い

  2. 2

    加工肉ってどんな種類があるの?特徴についても解説!

  3. 3

    飲食店でたばこは吸えないのか?飲食店のたばこの許可申請方法

TOP