飲食店開業マップ

お電話でのお問い合わせ 050-3159-8463 受付時間:10:00~18:00

飲食店開業マップ

機器・什器備品

開業の流れ

  • 開業計画
  • 事業計画
    資金調達
  • 開業地・物件
    建築・内装
  • 厨房機器
    什器・備品
  • 資格・許認可
  • スタッフ
    募集・研修
  • 集客・販促
  • その他

開業の手引きPOSレジ・セルフオーダー・券売機

POSレジ・セルフオーダー・券売機

POSレジやセルフオーダー、券売機などの会計システムの導入は、焼肉屋の経営を成功させるうえで非常に重要なポイントです。しかし、POSレジなどの会計システムの種類は豊富で、どのような会計システムを導入するかをいきなり選ぶのはむずかしいでしょう。

自分の店舗に合っていない会計システムを導入してしまうと、思ったようなメリットを感じられない場合や、必要以上の機能が付いており、高額な導入費がかかってしまう可能性もあります。

適切な会計システムを導入するために、POSレジの選び方や機能を把握しておくべきです。本ページでは、焼肉屋店向けのPOSレジ・セルフオーダーの選び方や運営において便利な機能、おすすめの店舗などをご紹介します。

開業スケジュール

前準備物件申し込みから引き渡し
約1〜2か月
内装・外装工事期間
約2、3週間〜2か月
工事引き渡し後
約1週間
オープン後
機器・什器・備品購入機器見積家具・什器の選定・見積機器・家具注文機器搬入調理道具・食器注文家具搬入調理道具・食器搬入

テンポスでは、開業前の前準備の段階からサポートが可能です。ぜひお問い合わせください。

POSレジ・セルフオーダーの選び方

キャッシュレス決済

POS レジの価格は、提供される機能性やカスタマイズによって大きく異なります。より多くの機能や高度なカスタマイズが可能なシステムは、通常高価になる場合が多いです。

予算が決まっている場合は、予算の範囲内で最大限機能性が高いPOSレジを選びましょう。

クレジットカード決済機能

キャッシュレス決済機能を搭載したPOSレジならば、クレジットカードや電子マネー、QR決済など、顧客がさまざまな支払い手段を選択可能になります。豊富な支払い手段があることは顧客の満足度につながります。

キャッシュレス化は今後もさらに加速していくことが予想されるので、できる限りキャッシュレス決済に対応したPOSレジの導入がおすすめです。

セキュリティ

POSレジでは多くの個人情報や機密情報を取り扱うので、セキュリティがしっかりしている製品を選ぶことでウイルス攻撃や情報漏洩などのリスクが減らせます。

セキュリティのレベルが低いPOSレジを選んでしまった場合は、セキュリティ対策をするために後から思わぬ費用がかかるケースもあるので、セキュリティ面のチェックもしておきましょう。

後から機能追加ができるか

POSレジでは導入時に備わっている機能に加えて、後から追加できる製品があります。便利なツールやソフトは続々と生み出されているので、拡張機能が付いているPOSレジを選ぶメリットは大きいです。

また、実際に店舗を経営してみて、欲しいツールや不足している機能を追加できる点も利点といえます。

補助金対応か

日本政府でもキャッシュレス化を推進しており、POSレジを導入することによって国や自治体から補助金をもらえる場合があります。

POSレジの販売会社によって補助金の対象外の製品もあるので注意が必要です。補助金対応のPOSレジを選ぶことで導入費用の負担を減らしましょう。

業態に合わせる

個人経営の小規模なお店の場合と、複数の店舗を展開する予定がある場合では、適切なPOSレジの機能が異なります。

例えば、チェーン展開する場合は、売上の管理や勤怠管理を一括で行えるPOSレジを採用するなど、経営するお店の業態に合わせたPOSレジの選び方はおすすめです。

便利なPOSレジ、セルフオーダーの機能

売上を管理する機能

POSレジの機能を利用すれば、売上をデータ化し、一括で管理することが可能です。
日次、週次、月次の売上高をすぐに把握できるので、長期的な戦略を考えるうえでも非常に役立つ機能といえます。

ハンディオーダー

片手で持てるハンディサイズの端末を利用したシステムです。注文データをキッチンへ即座に送信できるので、注文処理の時間が短縮され、顧客の待ち時間を減らしサービスの質が向上します。

伝票を紙で書く場合と比べ人為的なミスも減り、大幅な業務効率化が見込めるでしょう。

テーブルオーダー

顧客自身がテーブルに設置されたタブレットや専用デバイスを使用して、直接注文するシステムです。店員が注文を取る必要がないので、労働コストの削減につながります。

顧客にとっては好きなタイミングで注文ができる、提供までの時間が短縮されるといったメリットが上げられます。

言語を選択できる機能もあり、海外からの旅行客なども取り入れていきたい焼肉屋にとっては必須のシステムといえるでしょう。

モバイルオーダー

顧客持参のスマートフォンやタブレットなど、モバイルデバイスを使用して直接注文を行うシステムです。非接触型のセルフオーダーシステムは、テーブルオーダーと同様に需要が高まっています。

テーブルオーダーと比較して、導入コストの安さや端末の管理が不要な点は魅力です。メニューを置く必要がないので、飲食スペースの確保にもつながります。

おすすめのPOSレジ/セルフオーダー/券売機4選

テーブルオーダー

情報館

メリット

  • 店舗ごとにカスタマイズしやすい
  • 注文促進の機能が充実
  • IT導入補助金可能

デメリット

  • 初期費用、ランニングコストが必ずかかる
  • デジタル機器の操作が不慣れな高齢者などには不向き
  • システムトラブルのリスク

テンポス情報館が提供するテーブルオーダーシステムは、レイアウトが自由にでき、メニュー表をそのままオーダー画面に適用も可能。おすすめランキングシステムなど、顧客が思わず注文したくなるような機能が多い点も特徴です。

注意点としては初期費用やランニングコストなど、導入するには必ず費用がかかる点が挙げられます。IT導入補助金などを上手く活用して、コストを抑えるといった対策をしていくとよいでしょう。

モバイルオーダー

ファンフォ

メリット

  • 導入費用が無料
  • 手軽に導入が可能
  • IT導入補助金利用可能

デメリット

  • 顧客自身のスマホ利用が必要
  • スマホの操作が不慣れな高齢者などには不向き
  • システムトラブルのリスク

iPadさえ持っていれば、すぐに始められる決済サービスです。導入費用が無料で、IT導入補助金も利用できるので、決済サービスの導入コストでお悩みの方にはおすすめのモバイルオーダーサービスです。

顧客のスマホ利用が必要なので、客層などを考慮して導入を検討してください。

ハンディタイプ

USEN

メリット

  • 注文・会計を無人化でき、大幅な人員コストの削減が可能
  • 機能やサイズの選択肢が豊富
  • メニュー表の更新が容易

デメリット

  • 高価格なため予算がかかる
  • デジタル機器の操作が不慣れな高齢者などには不向き
  • システムトラブルのリスク

注文・会計を無人化できるので、人員コストの大幅な削減が可能なオーダーシステムです。3種類のサイズ展開、運用に合わせた機能の選択など、自分の店舗に合わせたシステムを導入できます。

そのほかのオーダーシステムと比較しても高価格なため、予算がないと導入は厳しいでしょう。

POSレジ(ハンディタイプ)

情報館

  • 従業員へのレクチャーが必要
  • 対面での接客に抵抗がある人もいる

対面での接客になるので、顧客の質問に答えたり、追加の注文を促したりできます。顧客満足度の高めつつ、業務の効率化を実現可能です。

一方で対面での接客に抵抗のある顧客もいることは把握しておきましょう。作業は効率化するものの、従業員がオーダーを取るので、テーブルオーダーと比較すると作業コストの削減率は低いです。

POSレジで利用できる補助金

POSレジ導入により補助金を取得できる場合がありますが、補助金にはいくつか種類があり、取得するための条件が異なります。申請した場合は必ず審査があり、条件を満たしていなかった場合には補助金はもらえないので注意が必要です。

補助金制度を把握し、自分が開業するそば・うどん店でPOSレジを利用する際の運用方法や購入予定のPOSレジが補助金の対象なのか確認しておきましょう。

使える補助金一覧(2023年11月時点)