Googleマイビジネスが勝手に登録されてしまう原因とその対策

飲食店経営のヒント

Google検索やGoogleマップで、ご自身の飲食店を検索したら、身に覚えのない情報が出てきてビックリしたというオーナー様はいらっしゃいませんか?

「登録した覚えがないけど、なんで?」と困惑する方も多いかと思います。

それが間違った情報だったら、なおさら困りますよね。

今回は、Google検索上で店舗情報が掲載されるサービス「Googleマイビジネス」の特徴を理解して、正しい登録方法、間違った情報への対応の仕方などをまとめました。

Googleマイビジネスとは?

まずは、「Googleマイビジネス」というサービスを正しく理解していきましょう。

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップ上にお店の情報を掲載できるサービスです。Googleが無料で提供しています。

PCでもスマホでも「ググる」という言葉があるくらい、Googleで検索する機会は多いですよね。

そのため、検索結果で正しい店舗情報が表示されることは、飲食店オーナーにとって非常に重要と言えます。

検索結果の右側に表示されるGoogleマイビジネスの情報

▼詳細はこちらの記事もご参照ください。

Googleマイビジネスが勝手に登録・変更されてしまう理由とは

Googleマイビジネスは、登録・運用ともに無料で行えるため、ユーザーにとっても、オーナーにとっても嬉しいサービスである半面、オーナー以外でも情報提供できるという、少し困った面もあります。

登録した覚えがないのに、勝手に登録されている

店舗をオープンする時、または、まだ登録していなかったのでこれから登録しよう!と思った時、検索してみると、すでに登録されていたということがあります。

これはGoogleマイビジネスが、オーナーではない第三者でも情報を登録できる、という特徴を持っているからです。

編集した覚えがないのに、勝手に内容が編集されている

同じように、オーナーが編集してないにも関わらず、勝手に内容が編集されることも起こります。

これは、おもにGoogleによって行われる改変です。

Googleは、最新で正確な情報を提供するべく、第三者から寄せられた情報や、他サイトの情報をもとにして編集を行っています。

ビジネス プロフィールの正確性を可能な限り保つため、Googleではユーザーからの報告やライセンス付きコンテンツなど、さまざまな情報源を活用しています。(Googleのヘルプより引用

ユーザーである第三者は、検索上に表示される「情報の修正を提案」をクリックして、下記事項の変更を提案できます。

  • 名前
  • カテゴリ
  • 場所
  • 営業時間
  • 連絡先
  • ウェブサイト

提案が承認されれば、検索結果に反映されます。

このように、変更の提案は誰でもできてしまうので、万が一間違った情報が提案された場合は注意が必要です。

オーナーができる対策

Googleによって情報が更新されることは、一見すると良いことのように思えますが、悪意あるユーザーによって間違った情報が流布される危険性もあります。

Googleマイビジネスを最大限に活用するためにも、Google検索やGoogleマップに出てきたお店の情報をしっかり確認していくところから始めましょう。

オーナー登録をして自分で編集する

オーナー登録を行うと、第三者による「変更の提案」を管理できるほか、リアルタイムでの情報発信や、口コミの返信、広告を使ったビジネスの拡大など、使い方次第でメリットがたくさんあります。

必ずオーナー登録を済ませるようにしましょう。

お店の情報が登録済の場合

すでにお店の情報が登録済の場合、まずはオーナーの登録状況を確認しましょう。

お店のプロフィールの下の方に「このビジネスオーナーですか?」というリンクがあります。

「管理を開始」をクリックします。

オーナー確認の方法を選択する画面に移動します。

電話やハガキで、オーナーの確認が行われますので、必要な情報を入力してください。

お店の情報が登録されていない場合

Google検索やGoogleマップで情報が出てこない場合や、これから出店をする場合は、新規で登録をしましょう。

Googleマイビジネスのオーナー登録には、Gmailアカウントが必要になりますので、アカウントをお持ちでない方は、まずGmailアカウントの取得からスタートとなります。

オーナー権限が乗っ取られていたら、早急に対処を

ごくまれに、関係者、または第三者によって”オーナー権限が乗っ取られている”という状況が起こります。

オーナー権限を取得する時には、ハガキや電話による本人確認が行われますが、悪意のある関係者や、悪徳業者などによって不正に確認コードなどが聞き出されたケースが考えられます。

その際は、できるだけ早急にオーナー権限を回復しなければ、お店にとって不利益な情報が流される可能性もあります。

必ずしも復旧できると言い切れませんが、Googleのヘルプセンターから問い合わせを行い、粘り強く交渉を行いましょう。

Googleのヘルプセンター

https://support.google.com/business/gethelp

まとめ

Googleマイビジネスは、お店の販促に非常に効果的な半面、きちんと管理できていないと不利益につながる可能性があります。

情報をしっかり整理・把握して、正しい情報発信を行っていきましょう。

登録や管理は難しい作業ではありませんが、忙しくてなかなか取り組む時間がとれないオーナー様に向けて、テンポスでは登録から運用までをサポートするサービスをご用意しております。

興味を持たれたオーナー様は、お気軽にご相談ください。

Googleマイビジネス登録・運用代行についてもっと見る

タグ:

関連記事

最近の記事

  1. 飲食店を開業する上で大事なポイント3つを紹介!

  2. テンポスドットコム公式Twitterで毎日更新中!紹介した新品・中古商品のまとめ記事必見です!

  3. 食中毒が起きた?!飲食店をピンチから救ってくれる保険はこれ!

ランキング

  1. 1

    加工肉ってどんな種類があるの?特徴についても解説!

  2. 2

    飲食店でたばこは吸えないのか?飲食店のたばこの許可申請方法

  3. 3

    なぜ、みんなは焼肉店を開業したがるのか?本当に儲かるのか?

TOP