飲食店の雰囲気を変える!観葉植物・ガーデン雑貨の魅力と選び方

出店・開業

飲食店の雰囲気は、お客様にとっても重要な要素の一つです。

おしゃれで居心地の良い空間は、お客様を引きつけ、リピーターを生み出すことができ、その中でも、観葉植物やガーデン雑貨は、自然のエレメントを取り入れることで、店内のアンビエンスを大きく変えることができるアイテムです。

この記事では、飲食店オーナーの皆様に向けて、観葉植物やガーデン雑貨の種類と選び方、さらには飲食店での使用事例を詳しく解説し、お店の雰囲気作りに役立つ情報をご提供いたします。

観葉植物・ガーデン雑貨の種類

観葉植物やガーデン雑貨には、さまざまな種類があります。
それぞれの特徴や効果についてご紹介します。

観葉植物

テーブル上に配置する小さなオブジェは、飲食店のテーブルの魅力を引き立てます。
花瓶やキャンドルホルダーなどの小物から、ミニチュアの彫刻まで、さまざまなデザインがあります。
お客様が食事を楽しむ間に、目を楽しませる要素として活用できます。

モンステラ:大きな葉っぱが特徴で、トロピカルな雰囲気を醸し出します。
明るい場所で育てるのが適しています。

インドアパーム:垂直に伸びる緑色の葉が美しい植物で、上品な雰囲気を演出します。
日陰でも育ちやすく、室内での栽培に適しています。

ベンジャミンフィグ:小さな葉っぱが密集し、シックな印象を与えます。
明るい場所で育てると美しいグリーンの葉が生えます。

パキラ:風水的にも縁起の良いとされる観葉植物で、風が吹くと葉っぱが揺れる様子が涼しげです。
水やりが比較的簡単で、初心者にもおすすめです。

ドラセナ:細長い葉が特徴で、空間に垂れ下がるように配置すると独特のアクセントになります。
明るい場所での栽培が適しています。

シェフレラ:葉が羽状に広がるシェフレラは、観葉植物として人気があります。
明るい場所で育てると元気な緑色の葉を楽しむことができます。

サンフラワー:大きな黄色い花が特徴的なサンフラワーは、陽気な雰囲気を演出します。
屋外スペースに配置すると目を引く存在になります。

シュガーヴィンヤ:つる性の観葉植物で、壁面に這わせたり、アーチや柱に絡ませたりすることができます。
緑の葉と白い花が美しいです。

オリーブツリー:地中海風の雰囲気を作りたい場合は、オリーブツリーがおすすめです。
小さな鉢植えでも存在感があります。

ガーデン雑貨

ガーデン雑貨は、観葉植物と一緒に使用することで、より自然な雰囲気を演出することができます。
例えば、木製の椅子やテーブル、アンティーク調の花瓶やランプなどがあります。
また、季節に合わせた飾り付けやアレンジメントも、お店の雰囲気を一層引き立てることができます。

アウトドアチェア:天候に強い素材で作られたチェアは、屋外のスペースにおいて快適な座り心地を提供します。

ウッドデッキ:自然素材のデッキは、アウトドアダイニングスペースやカフェテラスにぴったりです。
温かみと統一感を与えます。

ハンギングプランター:吊るして使用するプランターで、空中に浮かぶ植物は視覚的なアクセントとなり、空間を活気づけます。

ガーデンライト:夜にお店の外観や庭を照らすガーデンライトは、ロマンチックな雰囲気を演出し、夜間の利用にも役立ちます。

ウォールアート:壁面に取り付けるアートピースや装飾品は、空間を彩り、お店の個性をアピールする効果があります。

ガーデンフェンス:アイアン製やウッド製のフェンスは、お店の外観やエリアを区切る際に活用できます。
風格やプライバシーの確保に役立ちます。

ガーデンウェルカムサイン:お店の入り口にウェルカムサインを設置することで、お客様を温かく迎える雰囲気を演出します。カスタマイズも可能です。

ガーデンスクリーン:目隠しやプライバシーの確保に役立つガーデンスクリーンは、屋外席やテラスの一部を区切る際に使われます。自然な風合いが魅力です。

ガーデンステップライト:夜間の照明として使われるガーデンステップライトは、足元を照らし安全性を高めるだけでなく、雰囲気を演出します。

ガーデンウォーターフォール:ウォーターフォールの音と水の流れがリラックス効果をもたらし、お店の雰囲気を癒しの空間に変えてくれます。

選び方

観葉植物やガーデン雑貨を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

店内のテーマやコンセプトに合わせて選ぶ

お店のテーマやコンセプトに合わせた観葉植物やガーデン雑貨を選ぶことで、一貫性のある雰囲気を作ることができます。
例えば、ナチュラルテイストのお店であれば、自然な素材や緑の植物がぴったりです。

お店のスペースに合わせて選ぶ

お店のスペースに合わせて、観葉植物やガーデン雑貨の大きさや配置を考えましょう。
狭いスペースでも壁掛けやカウンター上など、工夫次第で効果的に活用することができます。

メンテナンスの手間を考慮する

観葉植物やガーデン雑貨は定期的なメンテナンスが必要です。
お店の繁忙期やスタッフの手間を考慮し、管理しやすいアイテムを選ぶようにしましょう。

スタイルの統一

観葉植物やガーデン雑貨を選ぶ際には、お店のスタイルやコンセプトに合わせた統一感を考えましょう。
一貫性のあるデザインや色合いを選ぶことで、より美しい空間を演出することができます。

季節の変化に対応

季節によって観葉植物やガーデン雑貨の雰囲気も変えることができます。
春や夏には明るく爽やかなアイテムを、秋や冬には温かみのあるアイテムを取り入れることで、季節感を演出しましょう。

飲食店での使用事例

実際の飲食店での使用事例をいくつかご紹介します。

カフェ・コーヒーショップ

カフェやコーヒーショップでは、落ち着いた雰囲気を演出するために、グリーンウォールや小さな観葉植物をテーブル上に配置することが多いです。
アイアン製の椅子やウッドテーブルとの相性も良く、ナチュラルなカフェスタイルを演出できます。

レストラン・ダイニング

レストランやダイニングでは、リーフィーグリーンなどの観葉植物を使ったウェルカムボードやエントランスの装飾が一般的です。
さらに、ガーデンテーブルやガーデンチェアを使ったテラス席や屋外席も、おしゃれな雰囲気を作るのに効果的です。

バー・ラウンジ

バー・ラウンジでは、ダークカラーの観葉植物やガーデン雑貨を取り入れることで、クラシックで落ち着いた雰囲気を演出します。
ソファやカウンター周りにグリーンを配置し、上品な空間を作りましょう。

イタリアンレストラン

イタリアンレストランでは、トスカーナ風のガーデン雑貨やウッドデッキを活用して、地中海の風を感じるような雰囲気を作り出します。
ハーブの鉢植えやオリーブの木などを配置して、アットホームなイタリアンスタイルを演出しましょう。

カフェテリア

カフェテリアでは、ハンギングプランターやウォールアートを活用して、カジュアルで明るい雰囲気を作り出します。
観葉植物を飾ったカウンターやテーブルを配置し、リラックスした空間を提供しましょう。

まとめ

観葉植物やガーデン雑貨は、飲食店の雰囲気作りに大きく貢献するアイテムです。

お店のテーマやコンセプトに合わせて選び、スペースやメンテナンスの面も考慮しながら配置してみましょう。

カフェやレストランの使用事例を参考にしながら、お店の個性を引き立てる魅力的なインテリアを実現してください。素敵な空間づくりをお楽しみください!

またテンポスドットコムでは飲食店で使用できる「観葉植物・ガーデン雑貨」以外にも店内の雰囲気を帰ることができる中古インテリア雑貨を多数取扱いをしております。

店内の雰囲気を変更している方は是非ご検討下さい。

中古観葉植物・ガーデン雑貨

その他中古インテリアはこちら

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 焼肉屋開業は儲かる?焼肉屋開業のメリット・デメリットを解説!

  2. カフェ開業は儲かる?カフェ屋開業のメリット・デメリットを解説!

  3. 飲食店経営者必見!廃油回収サービスとBBFRY活用で経済的・環境的メリットを最大化!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP