飲食店物件の賃料相場を調べる際の注意点は?3つのポイントを解説

物件探し

飲食店を開業する際には、物件探しが大きなポイントとなります。その中でも、賃料相場は重要な情報です。賃料相場を知ることで、予算を立てたり、交渉の際に有利になったりすることができます。しかし、賃料相場を調べる際には、いくつかの注意点があります。このブログでは、飲食店物件の賃料相場を調べる際の注意点について、3つのポイントを解説します。

テンポス物件サーチ

※上記ボタンをクリックし、ぜひ活用してください!

未掲載物件も多数!物件探しのご相談から内装・厨房の手配までワンストップ対応『居抜き物件』『スケルトン物件』『事業譲渡』『M&A』を扱っており、お客様の業種に合った物件をご紹介します。

注意点1:エリアや業種によって異なる

賃料相場は、エリアや業種によって大きく異なります。例えば、繁華街の物件は、郊外の物件よりも賃料が高くなります。また、飲食店の業種によっても、賃料相場は異なります。例えば、居酒屋の賃料は、カフェの賃料よりも高くなる傾向があります。

具体的な例
東京23区内の繁華街で、10坪の飲食店物件を借りた場合の賃料相場は、以下の通りです。

居酒屋:100万円~200万円
カフェ:50万円~100万円
ラーメン店:70万円~150万円

このように、エリアや業種によって、賃料相場は大きく異なります。そのため、物件探しをする際には、まずエリアや業種を決めてから、賃料相場を調べるようにしましょう。

エリアや業種によって賃料相場が異なる理由は、以下のとおりです。

エリア

エリアによって、周辺の商業施設や人口密度、交通アクセスなどが異なるため、賃料相場が異なります。

例えば、繁華街の物件は、周辺に商業施設や飲食店が集積しており、人口密度も高いため、賃料相場が高くなります。一方、郊外の物件は、周辺に商業施設や飲食店が少なく、人口密度も低いため、賃料相場が低くなります。

業種

業種によって、客単価や客数、立地条件に対するニーズなどが異なるため、賃料相場が異なります。
例えば、居酒屋は、客単価が高く、客数も多く、立地条件も重要なため、賃料相場が高くなります。一方、カフェは、客単価が低く、客数は少なめで、立地条件はそれほど重要ではないため、賃料相場が低くなります。

注意点2:時期によって異なる

賃料相場は、時期によっても異なります。例えば、繁忙期には、賃料相場が上がる傾向があります。また、物件の入居状況によっても、賃料相場が異なります。例えば、空室が多いエリアでは、賃料相場が下がる傾向があります。

具体的な例
東京23区内の繁華街で、10坪の飲食店物件を借りた場合の、繁忙期(3月~4月、7月~8月、12月~1月)と閑散期(5月~6月、9月~11月)の賃料相場は、以下の通りです。

繁忙期:100万円~250万円
閑散期:70万円~150万円

このように、繁忙期には、賃料相場が2倍以上になることもあります。そのため、物件探しをする際には、時期も考慮して、賃料相場を調べるようにしましょう。

時期によって賃料相場が異なる理由は、以下のとおりです。

繁忙期

繁忙期は、飲食店の売上も高くなるため、オーナーは賃料を上げることで、より多くの収益を上げようとします。また、繁忙期には、飲食店の開業や移転も増えるため、物件の需要が高まり、賃料相場が上がる傾向があります。

閑散期

閑散期は、飲食店の売上も低くなるため、オーナーは賃料を下げることで、空室を減らそうとします。また、閑散期には、飲食店の開業や移転も減るため、物件の需要が低まり、賃料相場が下がる傾向があります。

注意点3:比較するサイトや資料を吟味する

賃料相場を調べる際には、複数のサイトや資料を比較して、正確な情報を収集することが大切です。また、サイトや資料によっては、データの収集方法や集計方法が異なるため、注意が必要です。

賃料相場を比較できるサイトや資料には、以下のようなものがあります。

不動産会社が提供する物件情報サイト

不動産会社が提供する物件情報サイトは、エリアや業種ごとの賃料相場を比較しやすいというメリットがあります。しかし、前述の通り、データの収集方法や集計方法が異なるため、注意が必要です。

例えば、ある不動産会社では、物件の広さや設備などの条件で賃料相場を比較することができます。一方、別の不動産会社では、物件の所在地や周辺環境などの条件で賃料相場を比較することができます。

飲食店向けの物件情報サイト

飲食店向けの物件情報サイトは、飲食店経営者向けに特化した賃料相場情報を提供しているというメリットがあります。しかし、エリアや業種の幅が狭い場合があるため、注意が必要です。

例えば、ある飲食店向けの物件情報サイトでは、居酒屋やレストランなどの業種の賃料相場を比較することができます。一方、別の飲食店向けの物件情報サイトでは、ラーメン店や焼肉店などの業種の賃料相場を比較することができます。

行政機関が提供する統計資料

行政機関が提供する統計資料は、信頼性の高い賃料相場情報を提供しているというメリットがあります。しかし、データの更新頻度が低い場合があるため、注意が必要です。

例えば、国土交通省が提供する「賃貸住宅市場動向調査」では、全国の賃料相場を調査しています。しかし、この調査は、毎年1回しか実施されないため、最新の賃料相場を把握することが難しい場合があります。

さらに、賃料相場を比較する際には、以下の点に注意しましょう。

データの収集方法や集計方法

データの収集方法や集計方法が異なると、賃料相場も異なる場合があります。そのため、どういうやり方で取得したデータなのか、収集方法や集計方法も把握しておきましょう。

比較するサイトや資料の数

複数のサイトや資料を比較することで、より正確な賃料相場を把握することができます。そのため、少なくとも3つのサイトや資料を比較するようにしましょう。手間ではありますが、多くのサイトや資料を確認すればするほど、信憑性は挙がります。

データの更新頻度

データの更新頻度が低いと、最新の賃料相場を把握することが難しい場合があります。そのため、いつ時点のデータなのかを確認しておきましょう。

まとめ

飲食店物件の賃料相場を調べる際には、上記の3つの注意点を押さえることが大切です。正確な情報を収集することで、物件探しの効率を高めることができます。

テンポス物件サーチ

※上記ボタンをクリックし、ぜひ活用してください!

未掲載物件も多数!物件探しのご相談から内装・厨房の手配までワンストップ対応『居抜き物件』『スケルトン物件』『事業譲渡』『M&A』を扱っており、お客様の業種に合った物件をご紹介します。

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 焼肉屋開業は儲かる?焼肉屋開業のメリット・デメリットを解説!

  2. カフェ開業は儲かる?カフェ屋開業のメリット・デメリットを解説!

  3. 飲食店経営者必見!廃油回収サービスとBBFRY活用で経済的・環境的メリットを最大化!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP