コロナに負けない!アイデア満載!無人販売についてご紹介!

飲食店経営のヒント

今や飲食業界に置かれる皆様は大変疲弊されている事かと思いますが、最近話題沸騰の冷凍食品の無人販売機に興味はありませんか?

コロナ禍で売り方に変化が!今無人販売がアツい!

街中には無数の無人販売所を見かけるようになりました。
多く見る餃子や他にも珍しいメニューが販売されている所もあります。

珍しいものだと・・・

・エビフライ
・冷凍寿司
・うなぎ
・ケーキ
・マカロン
・クリーム大福
・わたあめ

など、スーパーやコンビニでは販売されていない飲食店のオリジナルメニューが販売されています。
まだまだ新しいメニューが出てきそうですね!

無人販売ってそもそも安全なの?

「無人販売なんて商品やお金が盗難にあったらどうするの?」
「心配でおちおち気も休まらなそう・・・。」

無人販売と言われると思い浮かぶのは道端に野菜や果物が展示されていて、その横に賽銭箱のような佇まいで置かれている料金箱ではないでしょうか。

筆者もお金を入れずに持っていく人はいないのだろうか?と考えた事があります。
まさに街中の無人販売所にも同じように料金箱だけ置いてあるケースがあります。

料金はおつりの出ないように1,000円で設定されており、商品をショーケースから取ったらお金を入れる。とてもシンプルです。

以前餃子の無人販売を始めたいというお客様からのご要望で、料金箱を特注で作成し販売した実績があります。

テンポス西宮店の2Fには家具工房と言うものがあり、イス・テーブルのリペア・売り場管理を担当している職人さんがおります。

そんな職人さんが腕によりをかけて作成した料金箱がこちら

見事な仕上がりですね!
お客様のご要望には全力でお応えします!何でもご相談下さい!

人に代わってお店を監視!頼もしい見張りと言えば

無人販売店は24時間365日稼働していますから人が監視続けるには限界があります。
そこで大活躍するのが防犯カメラです。

防犯カメラを設置することでお店に行かなくても店内の状況を把握できるだけでなく、当然「防犯」になります。

防犯カメラがあるだけで「見られている」意識が働き、高い防犯性を生み出します。
実際に盗難が発生してしまった場合でも、行動記録が残りますから安心ですよね!

また、防犯だけではなく、どう言うお客様が来てくれているか集客データの収集にも使えます。
テンポスグループでは防犯カメラ設置についてのご相談もお受けしております。

詳しくは下記リンクをご参照下さい。
▼防犯カメラ設置サービス
https://tenposfoodplace.jp/service/security-camera.html

無人販売は進化する!頼もしい自動販売機の登場!

サンデン・リテールシステム株式会社より今までにない画期的な自動販売機が販売されました!

その名も「ど冷えもん」!

こちらのど冷えもんの優れている所は、冷凍と冷蔵を切り替えて使用する事が出来、従来の自動販売機では難しかった冷蔵商品の屋外での販売も可能になりました!

最大の特徴はマルチストック方式と呼ばれる商品管理方法で、4種類の収納棚を自由に組み合わせる事によりさまざまな容器の形状に対応することが出来る事です!
これによりメニューによって容器のサイズを変更することにより複数のメニューを自動販売機で販売することが可能になりました。

さらには賞味期限を管理する機能も搭載されており、期限を過ぎた商品は自動的に販売を停止してくれ、安全面でも優れております。

オプションでキャッシュレス決済も利用する事も出来、購入者のニーズに合った支払い方法の選択が可能!
もちろんテンポスでも取り扱いしております!

さらに詳しく知りたいお客様は下記リンク先までお問合せ下さいませ。
https://www.tenpos.com/c/special-contents1/special-dohiemon

始めよう!冷凍食品販売!

まず気を付けなければいけない事は、飲食店営業許可では冷凍食品の製造は出来ないと言う事です。

自店で冷凍食品を製造・販売を行うとしましたら、保健所の許可が必要になります。
基本的に冷凍食品専用の設備が揃っていないといけません。

主な設備は下記の通りです。

・冷凍食品用の原材料保管場所
・冷凍食品用の製造場所
・冷凍食品を包装する包装場所
・商品を保管する専用の冷凍庫(-15℃以下を保てる)
・製品を冷却する放冷設備、殺菌設備、加熱設備

これを満たしていないと許可の取得は出来ません。

あらかじめ調理済みの冷凍食品を仕入れて販売する場合、許可は必要ありませんが申請をする必要はあります。

主な冷凍食品製造機器を2つご紹介

ブラストチラー

ブラストチラーは調理が完了した高温の商品を低温に冷却するための機械で、90℃近くの食品を一気に3℃まで冷却させられます。
冷凍庫は既に冷えている食材を保管するための機器なので、高温の食材を入れてしまうと機器に負担を掛ける事になります。

また、細菌が繁殖・増殖しやすい温度帯は10~65℃と言われていて、一気に冷却する事で最近の活動しやすい温度帯を素早く通過させ、食品の安全性を守る働きもあります。

急速凍結庫

一般的な方法で凍結した場合、食品の細胞が劣化し品質の低下を招いてしまいます。
水分が水から氷に代わる最大氷結晶生成温度帯(-1℃から-5℃)を素早く突破させる事により品質を落とさず冷凍保存することが出来ます。

ご紹介した2つの機械はもちろんテンポスでもご用意出来ます!

こんなお手伝いもやっています

居抜きで契約した店舗に置いてあった場合や、知人から譲ってもらった、ネットオークションで購入した厨房機器が正常に使用できるか不安に思ったことはありませんか?

オープン直前に使用できない!なんてことになると大変です!

そんな時はテンポスにご相談頂ければ無料で初期診断を行わせて頂きます。
対応出来かねる機器もございますのでまずはお問合せ下さい。

テンポス居抜き初期診断を見る

テンポス買取ドットコムでは、厨房機器以外にも調理道具や食器、家具なども買取しております。

その他厨房機器に関する記事はこちら!

関連記事

最近の記事

  1. 賠償責任が起きた飲食店が頼るべき保険とは?!

  2. 飲食店居抜き物件を造作譲渡する際のよくあるトラブルと注意点を解説!

  3. テンポスドットコム公式Twitterで毎日更新中!紹介した新品・中古商品のまとめ記事必見です!

ランキング

  1. 1

    加工肉ってどんな種類があるの?特徴についても解説!

  2. 2

    飲食店でたばこは吸えないのか?飲食店のたばこの許可申請方法

  3. 3

    なぜ、みんなは焼肉店を開業したがるのか?本当に儲かるのか?

TOP