【まとめ】ラーメン店開業ブームの理由と成功のヒケツ!8つのポイントと成功事例を徹底解説

出店・開業

ラーメンは消費者人気が高く、メディアでも頻繁に取り扱われる人気業態です。
ラーメン店の開業ブームが続く理由として、需要の高さに加え、初期投資が他業態に比べて少なく済むため、新規開店が盛んな業態で、どこの町にも必ずと言っていいほどラーメンを扱う店舗はあります。しかし、ラーメン屋を開業するメリットは大いにあります。
今回は、ラーメン店開業を検討中の方々に「新規開業前に要チェック」すべき「成功のヒケツ」に関して8つの記事をピックアップして紹介します。

ラーメン店開業ブームの理由と成功の秘訣とは?

ラーメン店開業ブームの理由や成功の秘訣はさまざまですが、以下の要因が一般的に挙げられます。

人気食文化の影響:ラーメンは世界的に人気のある食べ物であり、その人気はラーメン店開業ブームを後押ししています。

投資の魅力:比較的低い投資額で開業できることや、食品業界の成長率の高さが、多くの人々をラーメン店経営に引き寄せています。

地域密着型ビジネス:ラーメン店は地域社会に密着しやすいビジネスモデルであり、地域のニーズに合わせた店舗運営が可能です。

フードビジネスの魅力:食べ物は人々に直接的な喜びや満足感を提供することから、ラーメン店経営は多くの人に魅力的に映ります。

成功の秘訣としては、

独自性の追求:他店との差別化を図るために、独自の味やサービスを提供することが重要です。

品質の維持:高品質な食材や調理法を使用し、常に一貫した味を提供することが顧客の信頼を築く秘訣です。

顧客満足度の追求:顧客の声に耳を傾け、サービスやメニューの改善を行うことで、顧客満足度を高めることが成功の鍵です。

経営戦略の構築:適切な価格設定や販促活動、効果的な広告など、綿密な経営戦略の策定が成功への道を切り拓きます。

これらを踏まえ、ラーメン屋の厨房機器はどういうものが良いのか、事前に準備することはあるのかなどポイントを踏まえて説明いたします。

そもそもラーメン屋の厨房にはどういった機器が必要なの?

ラーメン店で必要なものは、まずはどういったコンセプトのお店にしていくのかということですが、それによって必要な機器が異なってきますので、まずはそこを決めてから次に物件・資金繰り・内装工事・厨房機器と選んでいただければと思います。

まずは、ラーメン屋の厨房機器はどういうものが良いのか、事前に準備することはあるのかなどポイントを踏まえて説明いたします。

ラーメン屋の厨房にはどういった機器があるの?おすすめ厨房機器を紹介!

次に、ラーメン屋さんの麺揚げにかかせない調理道具「てぼ」について、湯切りや「意外と知らない」選び方を説明いたします。あなたもぜひ、「最高の湯切り」を追求してみませんか?

プロが語る、ラーメンの『てぼ』選びはここがポイント! 太さは正義!

ラーメン店は他の飲食店と比べても油の量や、店内外の匂いなど周囲への影響が出やすい業態でもあります。ラーメン屋を営業するにあたって、まずは事前に確認しておく必要があるのが借りられる物件が、重飲食可能かどうかも重要ですのでこちらも忘れず確認してください。

コンセプトと価格設定は念入りに!原価率をしっかり抑えて利益を生もう!!

いざ開業となると、原価率をしっかり抑えて利益を生むことがラーメン店を長く続けられるポイントになります。

メニュー制作、構成、価格の設定など、メニュー作成は、売り上げに直結する「売上の要」ですので、時間をかけて決めておきましょう。
ここではラーメン屋開業のメニュー作成時に大事なポイントを紹介します。

ラーメン屋開業メニュー作成時に大事な、コンセプトと価格設定方法とは?

メニューの価格は、「目玉商品」と「利益が出やすい商品」の2つから考えます。
目玉となるラーメンの原価率は、平均で30%~35%程度と少し高めです。他の料理と比べると材料費がかかるため、ラーメンと合わせて、利益が出る原価率の低いメニューを組合せ、適切な原価率を出しましょう。

意外と知らない!?外食市場の状況とは?~インバウンドやキャッスレス決済~

コロナ禍明けから再び急増をし始めたインバウンド(訪日外国人)について、アンケートを実施。外食先で外国人が増えたと思う人は6割以上で、増加を感じた業態の上位は「寿司」「居酒屋」に次いでなんと「ラーメン」が3位でした。

“インバウンド”に関する調査~3人に2人が「外食先での訪日外国人が増えた」と回答。寿司・居酒屋・ラーメンが人気~

※ぐるなびの飲食店向けサイト「ぐるなび通信」へジャンプします。

また、訪日外国人にとって「外食」は日本に来る大きな目的のひとつです。彼らはどのように入店する店を決めるのでしょうか?

訪日外国人トップ5の国について、それぞれどんな食習慣を持っているのか、また日本滞在中の飲食店の探し方などを専門家の村山慶輔氏に取材。その特徴や傾向から、飲食店ができる対策や今後の展望を含めて聞きました。

【2024年版インバウンド集客】外国人はこうして利用飲食店を決めている!

※ぐるなびの飲食店向けサイト「ぐるなび通信」へジャンプします。

さらに、外食で利用したい店の条件は、ポイント付与などのお得感やキャッシュレス決済への対応が上位になっているのをご存じでしたか?

2024年の外食意向は現状維持or微増。キャッシュレス決済やポイント付与が来店動機に

※ぐるなびの飲食店向けサイト「ぐるなび通信」へジャンプします。

2024年に利用が増えそうなお店は、「キャッシュレス決済ができる」(36.4%)がトップに。前年(2023年)によく利用したお店と比較すると、「会計・決済時にポイントがたまる」「待たずに入れる・予約なしで入れる」「ポイントがもらえる飲食店情報サイトでネット予約できる」など、お得または利便性が高いお店が5ポイント以上差をつけて高く、2024年はさらに利用が増える可能性が考えられます。

せっかく開業するなら繁盛店にしたい!ファン作りのヒミツとは?

いざ開業したなら、ラーメン店にとって「何度も足を運んでもらうこと」がファン作りの近道です。ユーザーにとって「通いたい店」とはどんな店なのでしょうか。開業時の全財産がなんと「460円」から行列が絶えない人気店に。「飲食=エンターテインメント」と語る店主が東京・亀有の名店「つけ麺 道」から独立後の成功秘話について紹介します。

【ラーメン店・つけ麺 和】開業時の全財産がなんと「460円」から行列が絶えない人気店に。「飲食=エンターテインメント」と語る店主が東京・亀有の名店「つけ麺 道」から独立後の成功秘話とは?

「自分が作ったもので、たくさんの人の人生が変われるくらいのものを作りたい。」というお言葉は、これから開業を検討されている方には深く刺さるものではないでしょうか?

補助金&助成金を活用して少しでも開業費用を抑えよう!

国や自治体でさまざまな補助金や助成金が用意されているが、今、飲食店が使えるものにはどんなものがあるのか。条件や補助額、対象経費、活用法などについて紹介します。

【最新版】いま、飲食店が使える補助金&助成金まとめ

※ぐるなびの飲食店向けサイト「ぐるなび通信」へジャンプします。

補助金は事業を行った後から支払われるものなので、融資を含めて資金は事前に用意しておくことは必須です。まれに、補助金が採択されても当座の資金が用意できず頓挫してしまうケースもあるといいます。申請の準備には、事業内容や見積もりがほぼ確定した状態でも1カ月以上は必要です。構想の段階で早めに金融機関に相談し、しっかり融資を取り付けてから申請を進めましょう。

また、事業内容の検討や補助金の申請にあたっては、商工会議所や商工会など、無料で頼れる身近な人や機関を頼りましょう。その上で、補助金を利用しながら強みを磨き、売上につなげていくのがベストです。まずは自社の状況や発展性を鑑みて実現可能な事業計画を考案し、内容に合った補助金を検討しましょう。

とめ

いかがでしたでしょうか。
ラーメン店を開業するには様々な対応が必要になりますので、抜け漏れが無いよう、事前にチェックをして準備をしていきましょう。
また、法改正により、必要な届け出や書類、提出先が変更する可能性もありますので、随時チェックをするようにしましょう。

テンポスドットコムでは、様々な視点からラーメン店の開業成功を全力で応援します。
自分のお店の業態に合わせて必要なものは何があるのか、詳細を確認することができますので是非ご覧ください!

ラーメン店開業支援の詳細を知る

ラーメン店開業のお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!

関連記事

「会員登録」で受けられる
3つの特典はこちら

下記「おトク」な情報をメールでお届けします
新商品・限定商品
中古商品の入荷情報
「タメになる」セミナー情報など
無料で開業相談が受けられます
物件情報のお問合せが可能です

最近の記事

  1. 横浜市営ブルーラインでカフェをオープンするならおすすめの駅5選!開業に必要な準備や資格も徹底解説!

  2. トレンドは”昭和レトロ”!中古装飾品で差をつけよう

  3. 相鉄線でカフェをオープンするならおすすめの駅5選!開業に必要な準備や資格も徹底解説!

Xで最新記事を配信中

twitter
TOP