【重要】地震にともなう配送の遅延について

1月1日(月)に発生した能登半島の地震につきまして、被害に遭われた地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
この影響により、配送の遅延及び一部配達出来ない可能性がございます。
お客様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

▼地震による支援措置情報はこちら
https://www.tenpos.com/foodmedia/management/13870/

【重要】gmailアドレスについて

Gmail宛に弊社のメールが届きづらい障害が頻発しております。 Gmail以外のメールアドレスをお持ちの方は「通信欄」にメールアドレスのご入力をお願い致します。

いらっしゃいませ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

急速凍結庫

急速凍結庫とは

急速凍結庫とは、常温の食品や冷凍食品を急速で凍結するための機械です。最大氷結晶生成帯をすばやく通過させ、緩慢凍結に比べて高品質の凍結を行うことができます。

急速冷凍庫のメリット


①素材の味を守る

    食材の細胞が破壊されにくいため、素材・作りたての味を守ることができます。
    それにより、解凍後、再加熱した際にもカリッと・サクサクとした食感を再現できます。

①添加物不要

    細胞を破壊せずに凍結できるため、食品本来の色・形の劣化を防ぐことができます。そのため、防腐剤・着色料、安定剤などの添加物を使わずに、品質が維持できるため、安全性が増します。

ブラストチラーと急速凍結庫の違い

ブラストチラーは、できたての高温の食品を急速に「冷やす」ための機器です。
一方、急速凍結庫は、粗熱のとれた食品を急速に「凍らせる」ための機器です。
現在は、ブラストチラーと急速凍結庫の機能が一緒になった機器も多数販売されています。

ブラストチラーとは

    ブラストチラーは、できたての熱い食品の粗熱をとり、芯温3℃程度まで急速に『冷却』するための機器です。 一気に冷却することで、湯気と一緒に水分・香り・色などが逃げて、時間と共に食品が劣化してしまうのを防ぎます。そのため、食品の風味・色味・おいしさ・栄養価を保つことができます。 また、一般的に細菌が増えやすい約10℃から65℃の温度帯を一気に通過することで、食中毒のリスクも軽減します。 調理済みの料理の鮮度をキープできるため、省力化・効率化ができ、廃棄ロスの削減が可能になります。

急速凍結庫とは

    急速凍結庫は、『ショックフリーザー』とも呼ばれます。急速凍結庫は、3℃前後の食材を-18℃程度まで急速に『冷凍』するための機器です。 食品内の水分が凍る-1℃~-5℃の温度帯を短時間で通過して凍結させることによって、食品の細胞の破壊を防ぎ、凍結前の味や食感を残しておいしさを保つことができます。 安い時期に仕入れた食材や旬の食材を急速凍結しておけば、経費の削減や廃棄ロスの軽減になり、旬の食材を長く提供することもできます。

  • 定価円のところ
  • 販売価格:円(税込)