テイクアウト・デリバリー容器の見積り・購入・買い取りの事ならテンポスにお任せ下さい。

  • paypayキャンペーン
  • 実店舗一覧
  • 厨房機器を一括お見積り
いらっしゃいませ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

テイクアウト・デリバリー容器

営業手続きについて

「飲食店営業」を許可を取得済みで、店内の厨房で調理した料理をテイクアウトやデリバリーで販売する場合は、基本的には新たな手続きは必要ありません。
ただし、自家製のハム、ケーキ、パン、アイスクリームなどをテイクアウトで提供する場合は、別の営業許可が必要になります。

事前に保健所に相談しておくと安心です。

衛生管理について

テイクアウトやデリバリーをする際の衛生管理については、下記のような対策を講じてください。

  1. 消費期限や保管方法を明確にする

    店内で調理した料理をテイクアウトやデリバリーをする際には、お渡し時に「2時間以内にお召し上がりください。」とお声がけするようにしましょう。消費期限や内容量、原材料名などを表示する必要は特にありません。

  2. ウエットティッシュを付ける
  3. 保冷剤を付ける
  4. 季節に応じてメニューを変える
  5. 適切な温度管理を行う

    ※必要に応じて、クーラーボックス、保冷剤等を使用する

オペレーションについて

  • 部分別調理

    メニューのいくつかをあらかじめ作っておき、メインメニューのみオーダーを受けてから調理するなどの方法で、おいしさと効率を両立できます。

  • 事前オーダー制、売り切り制

    テイクアウトは予約のみ対応としたり、製造した分のみを販売したりするような形を取ることで、オペレーションの手間を軽減できます。

  • 店舗スタッフ用のマニュアル

    テイクアウトの注文をどこで受けて、いつ会計をするのか。また調理の順番はどのように決めるかなど、事前に決めておくことがトラブル回避につながります。

デリバリー・テイクアウトメニューの注意点

  • 食中毒に注意!

    刺身などの生もの(半熟卵なども)、未殺菌の生野菜、低温調理のメニューは、食中毒のリスクの高いメニューは避けましょう。
    「賠償責任保険(飲食物)」へ加入しておくと安心です。

  • 調理の際に気を付けること
    1. マスクとビニール手袋をする。
    2. まな板や作業台、包丁などの調理器具、厨房内での除菌の徹底。
    3. 異物混入防止対策をとる(画びょうやクリップ、ラップの切れ端、食品の入っていた袋などに注意)。
  • 軽減税率
    1. 店外で食事をするため持ち帰り用に包装し、販売するテイクアウト
    2. 店外で食事をするための料理を宅配する出前・デリバリー

    上記の場合は消費税率8%が適用されます。

  • 在庫:あり
  • 定価円のところ
  • 販売価格:円(税込)
    628件中 1-80件表示
    1 2 8
    628件中 1-80件表示
    1 2 8