• ヘルプ
  • 実店舗一覧
  • 厨房機器を一括お見積り
いらっしゃいませ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ブラストチラー

ブラストチラーの選び方

ブラストチラーとは、調理したてで、高温状態の食品を、粗熱とり・急速冷却するための機器です。
加熱したての熱々の食品を入れることができるので、水分・香り・色などを封印し、食材の風味を逃さずジューシーに仕上げます。

ブラストチラーのメリット

ブラストチラーの画像 ブラストチラーの画像

  • 品質のアップ
    通常、加熱調理後のお料理は、湯気としておいしさ・香り・色素・水分が抜けてしまい、食材がパッサパサになってしまします。 ブラストチラーで、急速冷却することにより、食材の旨味・香り・水分などをギュッと閉じ込め、解凍・再加熱してもおいしく頂ける状態に 仕上がります。
  • 安全性アップ
    調理後の粗熱とりの際、菌の繫殖が活発になる温度帯(35℃~40℃)をゆっくりと通過するため、食中毒の危険性が高くなります。 また、食材にもよりますが、食材が冷めるまでに数時間かかります。 ブラストチラーは、菌の繫殖温度帯を短時間で通過させ、菌の増殖を防ぎます。
  • 効率アップ
    加熱した高温状態の食品をそのまま入れることができるため、仕込みの時間を大幅に短縮します。 ブラストチラーは、病院や給食施設など大量調理場で活躍する一方、テイクアウト・宅配弁当の販売、冷凍・冷蔵の通信販売を始める方へ、小型の単相100V使用の 商品も取り揃えております。

ブラストチラーとショックフリーザーの違い

ブラストチラーの画像

  • ブラストチラーはショックフリーザーと混合されることがあります。
    ブラストチラーは、調理したてで、高温状態の食材を急速に冷却し、菌の繫殖しやすい温度帯を高速で通過するのに対し、
    ショックフリーザーは3℃前後の食材を-18℃まで急速冷凍することにより、食材内部に発生する氷の結晶が小さいため、細胞の破壊を防ぎます。

    ブラストチラーは、調理後の高温状態の食品を高速で冷却、ショックフリーザーは常温の食品を急速で冷凍保存の機能になります。
    上記のブラストチラーとショックフリーザー両方の機能を併せ持った機種もあるため、用途に応じ使用することができます。

  • 在庫:あり
  • 定価円のところ
  • 販売価格:円(税込)
    25件中 1-25件表示
    25件中 1-25件表示