【重要】gmailアドレスについて

Gmail宛に弊社のメールが届きづらい障害が頻発しております。 Gmail以外のメールアドレスをお持ちの方は「通信欄」にメールアドレスのご入力をお願い致します。

いらっしゃいませ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ウォーターピッチャー・ウォーターポット

カフェ・喫茶店開業支援特集のバナー

ウォーターピッチャーの選び方

機能別で選ぶ

一重構造

一重構造

  • メリット
    ・シンプルな構造なため軽くて使いやすい
    ・値段が安い
    ・中身がよく見える
  • デメリット
    ・机がビチャビチャになる
    ・冷たいもの入れてもすぐにぬるくなるため、頻繁に氷の補充が必要
二重構造

二重構造(デュアル)

  • メリット
    結露しない
     (二重構造によりピッチャー内部と外の空気の温度差が小さくなり、結露が発生しにくい構造)
    ・机がビチャビチャにならない
    ・受け皿がいらない
  • デメリット
    ・一重構造に比べて値段が高い
    ・蓋が少しきつく、開閉に力を要する
保冷

保冷機能付き

  • メリット
    ・氷を入れても結露しない
    ・断熱材仕様の二重構造で冷たさを長持ちできる
    ・カラバリ豊富
  • デメリット
    ・中が見えないので、補充のタイミングが分かりにくい

素材別で選ぶ

ガラス製

  • メリット
    耐熱性が高いため、熱湯消毒ができて衛生的
    ・デザイン性が高く、オシャレなものが多い
  • デメリット
    ・衝撃を与えると割れる危険があるので、取り扱いに注意が必要

ステンレス製

  • メリット
    保冷力が高い
    衝撃に強く、氷を入れても割れない
    長く使える
    ・高級感がある
  • デメリット
    ・値段が高い
    ・少し重め

プラスチック製

  • メリット
    ・重量が軽く耐久性もある
    ・種類も多く、比較的安い価格で手に入るので選びやすい

  • デメリット
    ・二重構造の場合値段が高い
    ・経年劣化は否めない(洗う際擦ったことでできた傷によってくもりが生じる)

  • 定価円のところ
  • 販売価格:円(税込)
    221件中 1-80件表示
    1 2 3
    221件中 1-80件表示
    1 2 3