• ヘルプ
  • 実店舗一覧
  • 厨房機器を一括お見積り
【重要】お電話でのお問合せについて

新型コロナウイルスの感染拡大を受け在宅勤務を奨励しております。
お電話が繋がりにくい状況となっておりますため、メール・LINE・チャットでのお問合せにご協力を何卒お願い致します。

【重要】フクシマガリレイ製品出荷遅延のお知らせ

工場への出荷依頼が集中している影響により、配送に遅延が発生しております。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解・ご了承賜りますようお願い申し上げます。

【重要】gmailアドレスについて

Gmail宛に弊社のメールが届きづらい障害が頻発しております。
Gmail以外のメールアドレスをお持ちの方は「通信欄」にメールアドレスのご入力をお願い致します。

いらっしゃいませ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

中古フライヤー


フライヤーの選び方

フライヤーの形状から選ぶ

ガスフライヤーの形状は大きく分けて、床に据え置く「据置型(スタンダードタイプ)」と卓上に設置する「卓上型」の2種類があります。

フライヤーで使用した油は劣化しますので、使用済みの油を排出して交換する必要がありますが、油交換の手間は据置型(スタンダードタイプ)と卓上型とで大きな差があります。

据置型(スタンダードタイプ)ガスフライヤーのメリット

  • 油交換の際、コックをひねるだけでフライヤー下部の油缶(フライヤーの付属品)に油を排出できます。
  • 油交換の手間を考慮すると、設置スペースを確保できる場合は「据置型(スタンダードタイプ)」がおすすめです。

卓上型ガスフライヤーのメリット

  • 設置スペースが確保できない場合(例えば開業当時に予定していなかった揚げ物がメニューに加わった場合など)は、「卓上型」がおすすめといえます。

デメリット

  • 油交換の際、排出した油を受ける缶を別途用意する必要があります。
  • 小型のフライヤーの場合コックは無いため、ヒーター部分を外し、フライヤー本体を傾けて油を排出します。
  • 大型フライヤーの場合、コックをひねるだけで油を排出することはできますが、油缶で油を受ける方法を工夫する必要があります。

  • 定価円のところ
  • 販売価格:円(税込)
    518件中 1-80件表示
    1 2 7
    518件中 1-80件表示
    1 2 7