ホットアルコールの魅力の見積り・購入・買い取りの事ならテンポスにお任せ下さい。

  • キャッシュレス 最大5%還元対象店舗
  • 実店舗一覧
  • 厨房機器を一括お見積り
緊急事態宣言を受け在宅勤務を奨励しております。
何卒メール・LINE・チャットでのお問合せにご協力をお願い致します。
ご注文は通常通り受付けしておりますのでご安心くださいませ。
いらっしゃいませ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ホットアルコールの魅力

ホットアルコールの魅力

ホットでおいしいアルコールはホットウイスキー、ホットワイン、ホットカクテル、ホットビール……と色んな種類があります。
馴染みのない方にとっては「本当に温めてもおいしいの?」と思うアルコールですが、試せばびっくり!のおいしさです。
ホットアルコールは、飲み物自体の温かさとアルコールの作用で、冷えた体を内側から暖めてくれます。まだまだ朝晩冷えるこの時期、あったかアルコールメニューでお客様にほっこりぽっかぽかになっていただきませんか? 協力:サントリーホールディングス株式会社様

ホットウイスキー

ホットウイスキー

あたたかいグラスから柔らかに香るウイスキーのおいしさは格別です。
シナモンや砂糖、はちみつ、柑橘類など相性のいいトッピングも多く、愉しみが豊富な飲み方です。

ホットウイスキー

ホットウイスキーの作り方

作り方
  1. 耐熱グラスにお湯を入れ、あらかじめあたためておきます。
  2. ウイスキーをグラスの1/3から1/4ほど注ぎます。
  3. ウイスキーの倍量または3倍くらいのお湯を加えます。
  4. マドラーなどで軽くまぜます。
  5. 完成。
さらにおいしく飲むコツ

レモンなどの柑橘類など相性のいいトッピングが豊富です。シナモンスティックやクローブ、バジルなどのハーブ類、 ジャムやドライアップルなど、オリジナルのトッピングでひと工夫してみてはいかがでしょう。お湯は80度くらいが最適です。グラスはあらかじめ、お湯であたためてからウイスキーを注ぐようにしましょう。

おすすめのグラス

ホットワイン

ホットワイン

酸味や渋味といった赤ワインらしい要素がほどよく感じられる、ちょっと大人なホットワイン。赤い果実や花のような香りと、シナモンやクローブなどの甘いスパイスの香りが愉しめます。 シナモンは、殺菌作用が期待できるビタミンB群が豊富な身体に嬉しいスパイスです。
酸味が気になる場合は、はちみつを多めに加えて調整するとほどよくなります。軽めの赤ワインや渋味が控えめな甘めの赤ワインが向いているようです。

ホットワインの作り方

材料
  • ワイン:150ml
  • レモン:1/8個分
  • シナモンスティック:1本
  • クローブ:2個
  • はちみつ:15g
作り方

電子レンジを使った方法

  1. 耐熱グラスにワインとシナモンスティック、クローブを入れて600Wの電子レンジで40秒~1分程度加熱する。
    ※一気に加熱すると噴き出してしまう恐れがあるので、沸騰させないようご注意ください。
  2. レモンを串切りにして絞り、レモン果汁と絞った後のレモン、はちみつをグラスに加えてかき混ぜる。

鍋で温める方法

  1. 鍋にワインとお好みのスパイスを入れて弱火にかける。
  2. 沸騰させないように少しずつ温めて、こし器でワインをこしながらグラスに注ぐ。

おすすめのグラス

ホット果実酒

ホット果実酒

ほんわかやさしい、冬におすすめあったかカクテルです。
かぐわしい紅茶にフルーティーな梅酒がとてもマッチした、ホッとひと息つける一杯です。

ホット果実酒の作り方

材料
  • 梅酒:45ml
  • 紅茶:適量
作り方
  1. グラスに梅酒を入れ軽くレンジで温める。
  2. 紅茶を淹れ、梅酒を添える。

おすすめのグラス

ホットカクテル

アイリッシュコーヒー

アイリッシュコーヒー

1940年代後半、アイルランドにて考案されたカクテルです。
冷えきった身体を温めるカクテルとしてコーヒーに特産のアイリッシュウイスキーを入れ、酪農の盛んな国柄を印象づける生クリームを浮かべ、滑らかな口当りに。
これが評判となり、口コミで世界中にレシピが広まっていきました。

アイリッシュコーヒーの作り方

材料
  • タラモアデュー(アイリッシュウイスキー):30ml
  • 砂糖:小さじ1
  • ホットコーヒー:適量
  • 生クリーム:適量
作り方
  1. 温めたワイングラスに砂糖を入れる。
  2. 熱いコーヒーを注ぎ、ウイスキーを入れ、生クリームをフロートする。

おすすめのグラス

カルーア・ミルク

カルーア・ミルク

人気のカルーア・ミルク。冬はホットでもおいしくいただけます。心温まる大人のカフェオレといった雰囲気のカルーア・ミルクは、1970年代頃にアメリカで流行して以来、30年以上もヒットし続けているロングランカクテルです。

カルーア・ミルクの作り方

材料
  • カルーア コーヒーリキュール:グラスの1/4の量
  • 温めた牛乳:グラスの3/4の量
作り方
  1. あらかじめ温めておいたホットグラスに全ての材料を注ぎ、軽くかき混ぜる。

おすすめのグラス

バタード・ラム

バタード・ラム

溶けたバターのコクのある香りとラムの香りが湯気にのって立ち上る、体が芯から温まるカクテル。
お好みでシナモン・スティックを添えても、さらに香りが良くなります。

バタード・ラムの作り方

材料
  • ブルガル アネホ:45ml
  • 角砂糖:1個
  • バター:1片
  • 熱湯:適量
作り方
  1. あらかじめ温めておいたホットグラスに角砂糖を入れ、少量の湯で溶かす。
  2. ラムを注ぎ、熱湯で満たし、軽くかき混ぜる。
  3. バターを浮かべ、ロング・スプーンを添える。

おすすめのグラス

ノルマンディ・コーヒー

ノルマンディ・コーヒー

りんごの風味豊かなカルバドスとホットコーヒーの苦味が奏でる、大人のためのホットカクテル。寒い夜におすすめしたい一杯です。

ノルマンディ・コーヒー

材料
  • カルバドス ブラー グランソラージュ:30ml
  • ホットコーヒー:90ml
  • バター:1片
  • 生クリーム:適量
作り方
  1. ホットグラスに全ての材料を入れ、軽くかき混ぜる。
  2. 軽くホイップした生クリームをフロートする。

おすすめのグラス

ホット・モーツァルト・ミルク

ホット・モーツァルト・ミルク

寒い季節には、温かい飲み物が恋しい……ホットチョコレートカクテルはみんなに愛される温かなカクテルです。チョコレートリキュールのほどよいアルコールで、体の芯まで温まります。

ホット・モーツァルト・ミルクの作り方

材料
  • モーツァルト チョコレートクリーム:30ml
  • 温めた牛乳:適量
作り方
  1. あらかじめ温めておいたホットグラスに全ての材料を注ぎ、軽くかき混ぜる。

おすすめのグラス

ケンタッキー・コーヒー

ケンタッキー・コーヒー

コーヒーにバーボンを垂らしたカクテルです。温かい中にウイスキーの香りが立ちこめます。

ケンタッキー・コーヒーの作り方

材料
  • メーカーズマーク(プレミアムバーボン):30ml
  • クリームリキュール:30ml
  • ヘーゼルナッツシロップ:少量
  • ホットコーヒー:適量
  • 生クリーム:適量
作り方
  1. アイリッシュコーヒーグラスにメーカーズマーク・バーボンとクリームリキュールを注ぐ。
  2. ヘーゼルナッツ・リキュールを加え、ホットコーヒーを一杯に注ぐ。
  3. トップにホイップクリームをほんの少し加える。

おすすめのグラス

トム・アンド・ジェリー

トム・アンド・ジェリー

クリスマスドリンクとして、アメリカ、イギリスで親しまれているカクテルです。
風邪をひいたときに薬がわりに飲む人も多い、ホットカクテルです。熱湯をミルクに変え、卵を全卵で泡立てると「ブランデー・エッグノッグ」になります。

トム・アンド・ジェリーの作り方

材料
  • ブルガル エクストラドライ:30ml
  • クルボアジェVSOPルージュ:15ml
  • 砂糖:少さじ2
  • 卵:1個
  • 熱湯:適量
作り方
  1. 卵は黄身と白身を別々に泡立てる。黄身に砂糖を加えてさらに泡立て、白身と和える。
  2. ラムとクルボアジェを加えかき混ぜ、ホットグラスに注ぐ。
  3. 熱湯で満たし、軽くステアする。

おすすめのグラス

ホットビール

ホットビール

ビールを温める「ホットビール」は、ビールの本場・ドイツなどでは古くから親しまれてきた飲み方です。
温めて飲むのに適しているのは、黒ビールや白ビール、フルーツビール、エールと呼ばれる濃くて強めの風味があるものです。ピルスナーや発泡酒などのラガー系はあまり適していません。

ホットビールの作り方

材料
  • エール系ビール:30ml
  • クルボアジェVSOPルージュ:適量
  • シナモンやはちみつ、柑橘類など:適量
作り方
  1. 耐熱グラスに入れて500Wの電子レンジで1分ほど加熱する。
  2. お好みでシナモンやはちみつ、オレンジなどを入れる。
    ※加熱時間はお使いの機器に合わせて調整して下さい。

おすすめのグラス

現在登録されている商品はありません。